Revival Japan 日本復活を叫ぶ

反日 売国 偏見放送にゴリ押しステマ 可能な限り掲載していきます。

    管理人からのお願い。
    このような弱小ブログをご覧いただきありがとうございます。
    日々自分自身のため、家族のために日本から売国、反日、寄生住たちがいなくなるよう、情報の拡散に努めますのでよろしくご支援くだされば幸いです!

    アンケートをご用意しています。よろしければご覧ください。

    タグ:TPP

    【産経】民主党が参院選の争点にTPPを掲げるそうだが、どこの政党が旗振り役だったのか、もうお忘れですか?
    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1449774705/

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2015/12/11(金)04:11:45 ID:???
    【政界徒然草】民主党が参院選の争点にTPPを掲げるそうだが、どこの政党が旗振り役だったのか、もうお忘れですか?

     民主党は環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)を夏の参院選の主要な争点のひとつに掲げている。打撃を受ける第1次産業の従事者を中心とする政府・与党への批判の受け皿となりたい考えのようだが、そもそもTPP交渉参加を推進したのは民主党政権で、お馴染みの“ブーメラン”。国会では不勉強を疑われても仕方がない質問をする議員もいた。これが続けば「争点はTPP」の掛け声は、お笑いの種になるだけだ。

     「本質的な対策は全部、先送りされている。次の国会でちゃんと議論しなければならない。合意内容や対策についても国民の前で議論をして、参院選で審判を受けるのは当然だ」

     民主党の岡田克也代表は11月26日、政府が決定したTPP関連の政策大綱について、こう語った。来年1月4日召集の通常国会で、TPP交渉の過程や合意内容、対策について政府を追及し、参院選での得点にしたい思いがにじんでいる。

     民主党内には地方選出議員を中心に「弱い農家への配慮が足りない」などの批判が強く、岡田氏が地方で農業関係者らにヒアリングするなど、アピールに余念がない。

     12月3日に衆院内閣委員会と農林水産委員会の連合審査会では佐々木隆博氏らが、交渉参加12カ国で大筋合意したTPPについて、コメや麦、牛・豚肉など重要農産品5分野を関税撤廃の例外とするよう求めた国会決議に「整合しない」と強く批判した。

     ただ、自民党サイドには「TPP交渉入りを進めたのは民主党だ」との意識がある。平成22年に菅直人首相が突然、TPP交渉参加の意向を表明した。政調会長時代の前原誠司元代表は、国内に広がるTPPに対する恐怖感を「TPPオバケ」と呼び、交渉推進の立場を取っていた。

    続き 産経ニュース 全4ページ
    http://www.sankei.com/premium/news/151211/prm1512110002-n1.html

    【【正論】産経新聞「民主党が参院選の争点にTPPを掲げるそうだが、どこの政党が旗振り役だったのか、もうお忘れですか?」】の続きを読む

    【中国】「我々は米国より寛大だ」 自信たっぷりのAIIB総裁 新興国のニーズ強調するが…
    スレッドURL: http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1446629834/

    ハイハイお断りお断り

    1: ん◆2R.j9FMXMSiE 2015/11/04(水)18:37:14 ID:SHc
    >【アメリカを読む】「我々は米国より寛大だ」 自信たっぷりのAIIB総裁 新興国のニーズ強調するが…

     年末の設立に向けた準備が進むアジアインフラ投資銀行(AIIB)の初代総裁に内定している金立群氏(66)が21日、ワシントン市内での講演で、中国主導の経済圏確立に自信をみせた。金氏はAIIB参加を見送った米国について「ドアは開いている」と述べるなどして、大国としての寛容さを強調。AIIBへの支持拡大を食い止められずに外交下手をそしられたオバマ政権は、金氏に古傷に触れられたかたちだ。中国は国際社会のリーダーを目指す裏側では南シナ海での軍事的行動などで国内外に脅威を与えており、オバマ政権は環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)推進で牽制するが、中国の勢いを食い止めるには至って
    いないようだ。

    自信満々のAIIB総裁

     「『どうして米国が中国のTPP参加を拒んでいるのに、中国は米国のAIIB参加を歓迎しようというのですか?』と聞かれたことがあるのですが、答えは簡単です。われわれは米国よりも寛容だからです」

    (後略)

    【アメリカを読む】
    「我々は米国より寛大だ」 自信たっぷりのAIIB総裁 新興国のニーズ強調するが…
    2015.11.4 08:00 産経新聞(小雲規生 ワシントン支局)
    http://www.sankei.com/premium/news/151104/prm1511040004-n1.html
    http://www.sankei.com/premium/news/151104/prm1511040004-n2.html
    http://www.sankei.com/premium/news/151104/prm1511040004-n3.html

    【【AIIB】中国「我々は米国より寛大だ」自信たっぷりのAIIB総裁 新興国のニーズ強調するが…】の続きを読む

    【TPP】「こうなったのは誰のせいなんだ!」 TPP 激しく火花散らした甘利、フロマン両氏
    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1445772488/


    甘利明

    1: ん◆2R.j9FMXMSiE 2015/10/25(日)20:28:08 ID:84O
     記事紹介です。秋の夜長にじっくりお二人の戦いの記録をご覧ください。

    >「こうなったのは誰のせいなんだ!」 TPP 激しく火花散らした甘利、フロマン両氏

    (前略)

    ◆これまでのTPP交渉を主導してきたのが、参加国全体の経済規模の約8割を占める日本と米国だった。甘利、フロマン両氏は互いの国益をぶつけ合い、激しく火花を散らしてきた。2人の交渉の舞台裏を振り返る。

    >甘利の怒声と「ダーーン!」というテーブルをたたく音が響きわたった
    >深夜、甘利の携帯電話が鳴った。安倍からだった
    >甘利は、オバマから引き出した安倍の案を伝えると…
    >日本側に大きく流れを引き込んだ協議に


    2015.10.24 08:32
    「こうなったのは誰のせいなんだ!」 TPP 激しく火花散らした甘利、フロマン両氏
    http://www.sankeibiz.jp/macro/news/151024/mca1510240832010-n1.htm
    産経ビズ 全5ページ

    【【TPP】甘利内閣府特命担当大臣「こうなったのは誰のせいなんだ!」激しく火花散らした甘利、フロマン両氏】の続きを読む

    【TPP】TPPルール、日本企業が海外で渡り合う「武器」に
    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1445600556/


    甘利明

    1: ん◆2R.j9FMXMSiE 2015/10/23(金)20:42:36 ID:MhU
    >TPPルール、日本企業が海外で渡り合う「武器」に

    (前略)

     TPPでは、世界で急成長し、今後も拡大が見込まれる電子商取引市場向けのルールを定めた。

     参加国間で行われる電子送信に対し、関税をかけることを禁止した。進出してきた外国企業に対して国内にホストコンピューターを設置するよう義務づけることも禁じた。進出企業にソフトウエアの設計図にあたる「ソースコード」の開示を求めることを禁止するルールも盛り込んだ。

     世界では、中国がコンピューターソフトや現金自動預払機(ATM)のソースコードの開示を事実上求めるなどの動きがあるとされ、TPP交渉で日本政府が強く求めて実現した。

    (後略)

    TPPルール、日本企業が海外で渡り合う「武器」に
    2015.10.23 07:54更新
    http://www.sankei.com/economy/news/151022/ecn1510220040-n1.html
    産経新聞

    【【中国排除】TPPルール、日本企業が海外で渡り合う武器に!!中国締め出し作戦成功!!】の続きを読む

    【TPP】オレンジ関税撤廃にミカン産地困惑 「売り場取られる」…和歌山
    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1444390006/

    なにいってんの


    1: トト◆53THiZ2UOpr5 2015/10/09(金)20:26:46 ID:qdC
    オレンジの関税撤廃にミカン産地困惑
    2015年10月9日更新

     農林水産省は8日、大筋合意した環太平洋連携協定(TPP)で、日本がオレンジを含む幅広い農林水産物の関税を撤廃すると発表した。これまで主にコメや麦など重要5項目を中心に合意内容を明らかにしていたが、ミカン産地である和歌山県紀南地方の農家には戸惑いの声が出ている。

     生のオレンジは現在、12~5月の期間の関税が32%、6~11月が16%となっている。競合する国内産温州ミカンの収穫期に関税を高く設定している。TPP発効後は4~11月の関税を5年間かけて段階的に引き下げ6年目に撤廃する。12~3月の関税は7年間かけて段階的に引き下げ、8年目になくす。

    (略)

     JA紀南販売部の山本二郎部長(52)は「決まったことは事実として状況を見定めないと仕方がない。大きくは、日本の食と農業をどうするのかという観点が肝心だが、産地としてはいかに付加価値を高めるか、産地形成をどうするのか考えなければいけない」と危機感を募らせる。

    (以下略)

    ※全文は紀伊民報でご覧下さい。
    http://www.agara.co.jp/news/daily/?i=302873&p=more

    【【TPP】オレンジ関税撤廃にミカン産地困惑 「売り場取られる」…和歌山】の続きを読む

    【中国網】中国が参加していない以上、TPPが世界の経済成長を促進させる事はない
    スレッドURL: http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1444392820/

    ヨカッタネ

    1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2015/10/09(金)21:13:40 ID:EsO
    環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)はアジア太平洋地域の経済一体化の試みとして、国際貿易の発展の新たな趨勢を示している。これは確かに、並々ならぬことである。しかしTPPは多くの地域自由貿易協定のうちの一つに過ぎず、実際には特に変わった影響を及ぼすわけではなく、過度に誇張する必要はない。

    TPPが国際貿易の成長を力強く促進することはない。米国や日本などの国は世界の重要な貿易国だが、TPPの多くの参加国は世界貿易において際立った地位を占めていない。全体的に見て、TPPが世界貿易にもたらす積極的な促進効果は限定的と言える。

    冷戦後の国際貿易の発展の経験から見ると、世界の貿易成長に対して重大な効果をもたらした出来事は、(1)1994年に終了したウルグアイ・ラウンドにおけるWTO設立の合意(2)中国の2001年のWTO加盟――の2件だ。この2件は統計的意義から、国際貿易額の急成長を力強くけん引し、世界経済とグローバル化の進展を推進した。TPPは一部のアジア太平洋諸国間の地域貿易協定に過ぎず、EUや中国といった世界の主要経済体が含まれず、国際貿易に及ぼす影響は自ずと限られている。

    TPPは既存・未来の地域経済・貿易構造を変えがたい。アジア太平洋の既存の経済・貿易構造を見ると、中国は貿易・投資の中心の一つになっている。これは数十年に渡る世界経済の分業・変化によって、自ずと形成された。中国の実力の強化に伴い、アジア太平洋のバリューチェーンにおける地位が向上し、地域の経済関係を構築する力を絶えず強めている。TPPが大きな衝撃をもたらすことはない。(筆者:宋国友 上海大学シンクタンクアジア太平洋研究センター執行主任、復旦大学米国研究センター副主任)

    http://japanese.china.org.cn/business/txt/2015-10/09/content_36772129.htm

    【【中国網】中国が参加していない以上、TPPが世界の経済成長を促進させる事はない】の続きを読む

    【経済】中韓、国債破綻リスク急上昇 カヤの外のTPPに参加するには高いハードル
    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1444365654/

    縁をもったら法則発動 アルカニダ

    1: ◆sRJYpneS5Y 2015/10/09(金)13:40:54 ID:???
    (略)
    IMFは、中国の今年の成長率予測については6・8%に維持したが、一方で7日に発表した世界金融安定報告で、米国の利上げをきっかけに中国など新興国から資金が流出、中国では「企業破綻が多発し、金融システムの緊張が高まる」と警鐘を鳴らした。

     中韓に大きなショックを与えたのがTPPだ。中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)というバスに乗り込んだ韓国だが、TPPという、もっと大きなバスを横目に焦りを隠せない。

     ただ、TPPに新規で参加する場合、現在の参加12カ国すべての同意が必要だが、韓国は日本と事前協議していない。日本がノーといえば参加できない状況だ。

     中国にはTPP参加のハードルはより高い。TPPには知的財産保護や国有企業の優遇制限が盛り込まれているためだ。存在がかすんでしまったAIIBに日本や米国を誘うしかなくなっており、中国の野望も腰砕けになりつつある。

    全文 ZAKZAK
    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20151009/frn1510091550001-n1.htm
    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20151009/frn1510091550001-n2.htm

    【【経済】中韓、国債破綻リスク急上昇 カヤの外のTPPに参加するには高いハードル】の続きを読む

    このページのトップヘ