Revival Japan 日本復活を叫ぶ

反日 売国 偏見放送にゴリ押しステマ 可能な限り掲載していきます。

    管理人からのお願い。
    このような弱小ブログをご覧いただきありがとうございます。
    日々自分自身のため、家族のために日本から売国、反日、寄生住たちがいなくなるよう、情報の拡散に努めますのでよろしくご支援くだされば幸いです!

    アンケートをご用意しています。よろしければご覧ください。

    ニュースアンテナ OPEN

    タグ:SEALDs

    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1493507478/

    1: ■忍法帖【Lv=8,ドラゴン,jFI】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/04/30(日)08:11:18 ID:Hzy
    2017.04.28「“未来のための公共” 金曜国会前抗議」: コール (4)【7/13】
    https://www.youtube.com/watch?v=2NYaCD18xJY



    より抜粋

    アーベーハーヤーメーロ アーベーハーヤーメーロ アーベーハーヤーメーロ アーベーハーヤーメーロ
    アーベーハーヤーメーロ アーベーハーヤーメーロ アーベーハーヤーメーロ アーベーハーヤーメーロ

    アベハヤメロ アベハヤメロ アベハヤメロ アベハヤメロ 
    アベハヤメロ アベハヤメロ アベハヤメロ アベハヤメロ 

    安倍晋三から子供を守れ 安倍晋三から子供を守れ 安倍晋三から子供を守れ 安倍晋三から子供を守れ
    安倍晋三から日本を守れ 安倍晋三から日本を守れ 安倍晋三から日本を守れ 安倍晋三から日本を守れ

    アキエは出てこい アキエは出てこい 今すぐ出てこい 今すぐ出てこい
    安倍は出てこい 安倍は出てこい 今すぐ出てこい 今すぐ出てこい

    戦争反対 戦争反対 戦争反対 戦争反対
    戦争反対 戦争反対 戦争反対 戦争反対 

    キョウ!ボウ!ザイ!反対! キョウ!ボウ!ザイ!反対!
    キョウ!ボウ!ザイ!反対! キョウ!ボウ!ザイ!反対!

    【【動画】SEALDs新団体・未来のための公共「キョウ!ボウ!ザイ!反対!」国会前で抗議デモ→毎回やること一緒で何にも生み出さないと話題】の続きを読む

    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1492491905/

    あーそういうのいいんで。マジで。

    1: ■忍法帖【Lv=7,ドラゴン,jFI】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/04/18(火)14:05:09 ID:m13
    記事名/諏訪原健「『SEALDsは就職できない』はデマです」〈dot.〉 dot. 4/17(月) 7:00配信
    諏訪原健(すわはら・たけし)/1992年、鹿児島県鹿屋市出身。筑波大学教育学類を経て、現在は筑波大学大学院人間総合科学研究科に在籍。専攻は教育社会学。2014年、SASPL(特定秘密保護法に反対する学生有志の会)に参加したことをきっかけに政治的な活動...

     一時期ネット上では「SEALDsは就職できない」という情報が駆け巡った。しかし、元SEALDsメンバーの諏訪原健氏は、そんな批判を目にする度に「SEALDsって何なの?」と疑問を持ってしまうという。
    *  *  *
     新年度が始まって、もう2週間が経とうとしている。僕自身は3月31日までと同じ研究室の同じ机に座っているので、そんなに特別な感じはしないのだけど、何だか理由もなく慌ただしい。周りの友人を見ていても、環境が大きく変わった人がたくさんいる。それはSEALDs関係の知り合いにしてもそうだ。

     【一時期ネット上では「SEALDsは就職できない」みたいなことを言われていたが、僕の知る限り、みんなそれぞれにうまくやっている。】そういう非難を浴びせる人って何がしたいんだろうなーと思ってしまう。「SEALDs」とひとくくりにして非難する言葉を目にするたびに、そもそもあなたが言っている「SEALDs」って何なの?誰なの?って疑問に思う。SEALDsって別に会員制でもないし、実際のところ、僕にも誰がSEALDsなのか、よくわからない。今の政治に危機感を覚えて、緊急的に片手間で集まって、ちゃんと意見していきましょうってくらいのゆるーいネットワークのはずだ。当然、政治活動が本業の人なんていないので、みんな他の立場を持った上で関わっている。それなのにいつもいつも「SEALDs」って、まるで種族の名前か何かのように言われることには、正直違和感がある。僕が今書いている原稿も「元SEALDs」として公開されることになると思うんだけど、何か到底自分の手には負えないものが、気付いたら後ろにくっついているみたいで、何だか気持ち悪い。僕の意見は、僕の意見でしかない。でも多くの僕のことをよく知らない人は、「元SEALDs」の意見として読むんだと思う。いつまでこの看板を背負うことになるんだろうなんて思う事もある。僕らが2015年の夏、いやそのもっと前からやってきたことって、ひとくくりにして「SEALDs」と呼ぶみたいなこととは、真逆のことだったと思っている。世の中には「若者」とか、「学生」とか、「労働者」とか、「子育て世代」とか、何でもいいけどいろんな立場がある。その立場に拘束されていると、ついついポジショントークをしてしまうかもしれないんだけど、そういうのは一旦置いておいて、自分自身が今の社会についてどう思うのかを話してみようってことが大事だったんだと感じている。「若者」とか「学生」って言っても、それぞれに置かれている状況も、見えている世界も全然違う。だからこそ、自分自身の言葉で語らないとわかってもらえないことってたくさんあるはずだ。無数に存在する「私」の声を、ぶつけ合って、練りあわせて、「公」の決定として取りまとめていく。それが政治なんだと思う。「国政」とか「安保法制」と言うと何だか大げさな感じがするけど、それって日常の中で当たり前にやっていることと何ら変わらないはずだ(中略)
     私たちは日々いろんな場面で意見をすり合わせて、その社会における答えを作り出している。別にあえて「政治」と呼ばなくても、私たちは政治に囲まれて暮らしているのだ。それなのに、政治活動をやったら就職に差し障りがあるとか言われるような社会って健全じゃないと思う。政治に関わることを特別視する必要って全然ない。ポジショントークをして、何か言った気にならないで、自分自身の考えを表明したら良い。別に政治の専門家じゃなくても、片手間でもいいんだ。いやむしろそんなあなたの意見こそ重要なんだ、と僕は思っている。(諏訪原健)

    ◎全文は下記からどうぞ(・ω・)ノ
    https://dot.asahi.com/dot/2017041400039.html

    【【志位る図】諏訪原健「SEALDsは就職できないというのはデマ!」と現実逃避】の続きを読む

    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1491745000/

    かえれ

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2017/04/09(日)22:36:40 ID:???
    元SEALDs 諏訪原健「奨学金借金1千万円の僕が嫌悪する安倍首相のキラキラ貧困対策」by 諏訪原健 (更新 2017/4/ 7 16:00)

    「飯を食っていくことを考えろ」

     高校3年生のとき、進路相談をするために、親に自分の考えとか夢とかについて話したときに返ってきた言葉だ。今でも人生における重要な選択の度に、この言葉が頭に浮かぶ。

     何度も何度も浮かんでくるので、「本当にそれでいいのか」と誰かに問い詰められているような気持ちになる。何となくこの言葉が好きではない。言葉の内容自体は、別に当たり前のことだ。

     うちは裕福な家庭ではなかったので、大学に行くなら多額の奨学金を借りる必要があった。大学を出ても食いっぱぐれないように、緻密に計算をしながら、人生設計しないと路頭に迷ってしまう。もしも自分が親だったら、似たようなことを言ってしまったかもしれない。

     でも当時の僕は、「金がないと夢さえ見れないのか」と感じた。どこに生まれるかなんて選べるわけじゃないのに、それによって人生の自由が制限されてしまう。そして自分には、自分について決定する権利すらない。そう思うと、何だか空しいし、悔しかった。

     結局は半ばけんかをしながら、ある程度好きにさせてもらった。その代償というと変かもしれないが、奨学金の返済額は学部時代だけで1千万円を超えた。だからといって、別にこの社会が憎いなんて思っていない。去年くらいまで奨学金や自分の境遇について人前で話すこともなかった。別に口に出したところで自分の人生が良くなるわけでもないし、この世の中で受け入れてもらえるとも思わない。できるだけ考えないようにしておいたほうが、精神衛生にもいい。ただ現実に適応して、自分の損得で動く方がずっと楽だ。

     でも僕は同じような思いを、自分より下の世代にはしてほしくないなと思っている。

    続き dot. 全3ページ
    https://dot.asahi.com/dot/2017040700023.html

    【【自業自得】元SEALDs・諏訪原健「奨学金借金1千万円の僕が嫌悪する安倍首相のキラキラ貧困対策」2ch「働けwww」】の続きを読む

    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1491122087/

    1: ■忍法帖【Lv=5,ドラゴン,jFI】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/04/02(日)17:34:47 ID:tP1
    動画/3.31「未来のための公共」国会前行動
    https://youtu.be/ZTA2MchaDEo



    no title

    no title

    no title

    no title


    記事名/雨の中「政治の私物化」ノーの声~3.31「未来のための公共」国会前行動

     「朴前大統領を逮捕」と新聞夕刊の一面を飾った3月31日金曜日夜、小雨がふりしきった。ネットをみると<未来のための公共>で抗議集会を行うか決めかねていた。19時になってようやく雨天決行を決めたので、途中参加となった。

    (中略)

     北側エリアでは、元シールズのメンバーを中心に、ビニール傘、雨ガッパ、プラカードの一団が こうこうと照明灯で照らされていた。折しも民進党の初鹿明博議員が「安倍さんという人は自分をこの国の君主だと思っている」と「政治の私物化」を批判していた。

     つづけて板橋からきた主婦は、保育園に落ちた2歳児を抱え、夫は長時間労働で深夜12時にならないと帰らないし、自分はパートで働いている苦境を語った。

     また、元シールズの学生は「デモなんかの活動をしていると就活できなくなるという中傷が多いが、そんなことはない」と「路上から声を上げることの大切さ」「ぼくたちには力があるんだ」と訴えた。

    たたかいはつづく。【木下昌明】

    ◎全文は下記からどうぞ(・ω・)ノ
    レイバーネット 4月1日付け
    http://www.labornetjp.org/news/2017/0331kinosita

    ☆☆関連記事☆☆

    【話題】シールズ 新たな団体「未来のための公共」17日に発足 [H29/3/15]
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1489584098/l50

    【【反社会的勢力】SEALDs新団体・未来のための公共が抗議集会「安倍は日本を滅ぼす!ぼくたちには力があるんだ」【動画】】の続きを読む

    【朝日新聞】古谷経衡「中国・韓国や在日コリアンを敵視するネット右翼は2chやまとめサイト閲覧する少数の中高年のみ。若者は圧倒的にSEALDsら左派支持」
    スレッドURL: http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1460431419/

    あなたの感想ですよね

    1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2016/04/12(火)12:23:39 ID:HHn
    ――著書「ネット右翼の終わり」(晶文社)でネット右翼について詳しく分析していますね。

    「ネット右翼が強く主張する〝在日コリアンの特権(いわゆる在日特権)〟は、国から庇護されておらず、独力で社会的地位を獲得したという自信をもっている都市部の中産階級の立場を反映しています。〝在日コリアンの特権〟も、インターネットに書き込まれた真偽不明の内容を鵜呑みにしてしまっているのです。『朝鮮人が日本を支配している』という根拠もないトンデモ説を信じている人に何百人と会ったこともあります」

    ――近隣諸国に対するネット右翼の反発は強いですね。

    「私の見立てでは、嫌韓7、嫌中2、嫌北(朝鮮)と嫌米をたして1の比率です。韓国への批判が色濃い。ただし最近では嫌韓をやりすぎて飽きられてきたので、嫌中の比率が顕著に増えつつあるのが特徴です。元をたどれば、生活保護などにおける在日コリアンの特権というネット上のデマゴーグがいまだに信じられているからです。過去の植民地支配の経緯などから、既存メディアが韓国批判に手心を加えたり、犯罪報道の際に通名で伝えてきた局がある、というのは確かだと思いますが、それを根拠なき特権と結びつけているのです」

    中国は尖閣諸島の問題で緊張関係にありますが、私の世代にとっては人気漫画やパソコンゲームの『三国志』でなじみのある国です。他方、韓国を舞台にした作品はあまり思い浮かびません。親しみのあるカルチャーの影響も関係すると感じます」

    ――嫌韓以外のネット右翼の特徴とは。

    「ネット右翼の本質はむしろ嫌メディアといえます。 朝日新聞、TBS、フジテレビ、HK......。嫌韓に仮託した嫌メディアといえる本質が現れたのは、2011年の反フジテレビデモでした。女子フィギュア世界選手権の放送内容や韓流ドラマの編成などを理由に東京・台場にあるフジテレビの本社に1万人規模のデモが起こりました。韓国に対する反発なら韓国大使館へデモに行くのが筋論として順当なはずですが、そうはなりませんでした」

    ――昨年末、慰安婦問題で日韓両政府が合意しましたが、ネット右翼の反応はどうだったのでしょうか。

    「慰安婦問題に対する先般の合意に対して、ネット右翼の間で様々な声があります。読者の皆様にはよく理解できないトンデモ話と思いますが、『慰安婦はいなかった』という主張があります。(女性が)自由についてきた、だけだと言うのです。

    かつて西村眞悟衆院議員(当時)が類似の発言で日本維新の会を除名処分にされました(2013年、〝日本には韓国人売春婦がウヨウヨいる〟〝大阪の繁華街でお前、韓国人慰安婦やろ、と言ってやったらいい〟)が、それと同様に右派的な世界観の中では「売春婦には救済の必要はない」と考えているようです。男尊女卑の観念が根本に存在するゆがんだ発想だと思います」

    あれで安倍首相を支持しないという人が出てきたかもしれませんが、なんせネット右翼全体の母数が、先程申し上げましたように少ないですから、政権に影響はありません」

    ――お話を聞いていると、ネット右翼は今後もどんどん増えていきそうですね。

    「そこまで増えるとは思いません。私の推定ではネット右翼の年齢層は30代半ばから60代、最も多いのは40~50代です。ネット掲示板『2ちゃんねる』の書き込みの中心は40代以上で、若い人はあまり見ていません。まとめサイトはそれよりも若く20~30代が見るものの、やはり関心のマジョリティーは友人同士のコミュニティー、あるいはアニメなどのカルチャー、課金ゲーム、アイドル、就職活動等で政治力学の世界ではありません。

    政治に関心のある若い人は前述した『SEALDs』などに向かっていることは客観的事実です。若者における左右のバランスでは圧倒的にリベラル・左派と考えて間違いありません」

    http://www.huffingtonpost.jp/webronza/rightist_b_9588572.html

    【【空想世界】古谷経衡「中国・韓国や在日コリアンを敵視するネット右翼は2chやまとめサイト閲覧する少数の中高年のみ。若者は圧倒的にSEALDsら左派支持」 by 朝日新聞】の続きを読む

    【話題】SEALDs奥田「マスコミは左右の両論併記を止めて左の意見だけ載せるべき
    スレッドURL: http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1459142236/

    ポルナレフ 困惑

    1: ◆E2FCewEIt. 2016/03/28(月)14:17:16 ID:uaD
    デモクラシーな言葉@whatsdemocracy

    (SEALDs奥田氏がマスコミに注文)両論併記はもうやめませんか。左右両方を扱ったつもりで、 僕らのデモとヘイトスピーチの写真が並べられた。憲法守れと言っている僕らと、在日殺せと 言っている奴ら、一緒ですか?この政治状況の中で何が「公正」か見極めて報じてください。

    3:58 - 2016年3月24日
    https://twitter.com/whatsdemocracy/status/712715228622888961

    【【???】SEALDs奥田「マスコミは左右の両論併記を止めて左の意見だけ載せるべき】の続きを読む

    【反社会】SEALDsと福島みずほが、共産小池と路上ラップ「野党共闘!野党共闘!野党共闘!」[埋込動画あり]
    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1458580611/

    つまらぬことで仲間われ

    1: 6564億円◆o8vqQW81IE 2016/03/22(火)02:16:51 ID:???
    AEQUITAS /エキタス@aequitas1500

    最高
    #経済イシューで野党は共闘
    #経済にデモクラシーを
    0:30
    0:51 - 2016年3月20日
    https://twitter.com/aequitas1500/status/711460037177126913

    【【野党共闘】SEALDs&社民党・福島みずほ&共産党。小池晃と路上ラップ「野党共闘!野党共闘!野党共闘!」】の続きを読む

    このページのトップヘ