Revival Japan 日本復活を叫ぶ

反日 売国 偏見放送にゴリ押しステマ 可能な限り掲載していきます。

    管理人からのお願い。
    このような弱小ブログをご覧いただきありがとうございます。
    日々自分自身のため、家族のために日本から売国、反日、寄生住たちがいなくなるよう、情報の拡散に努めますのでよろしくご支援くだされば幸いです!


    23日9時まで文末にアンケート実施中!!籠池理事長の証人喚問はどうなる!!

    アンケートをご用意しています。よろしければご覧ください。

    ニュースアンテナ OPEN

    タグ:IMF

    【経済】 アジア版「IMF」発足へ=今春にも国際機関に―日本主導の経済調査組織
    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1451726750/

    審議中

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/01/02(土)18:25:50 ID:nRz
    アジア版「IMF」発足へ=今春にも国際機関に―日本主導の経済調査組織

    日本や中国、韓国、インドネシアなど13カ国が参加する「東南アジア諸国連合(ASEAN)プラス3マクロ経済調査事務局(AMRO)」が今春にも国際機関に昇格する。主導する日本は、国際金融システムの番人である国際通貨基金(IMF)のアジア版と位置付け、通貨危機の警戒体制強化などを目指す。AMROは2011年4月に設立された。参加国から派遣されたエコノミストがアジア域内の経済や金融情勢を調査・分析。通貨危機時には、外貨を融通し合うチェンマイ・イニシアチブ(CMIM)の発動を13カ国に勧告する役割を担う。 現在は本部を置くシンガポールの一法人にすぎないため、人材難などを理由に組織として未熟との見方が多かった。国際機関化を実現する協定発効には各国議会の承認が必要だが、日本は既に手続きを終えており、残りの国でも今春までに承認されるめどが立った。

    続き Yahoo!ニュース/時事通信 1月2日(土)15時33分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160102-00000034-jij-bus_all

    【【経済】 アジア版「IMF」発足へ=今春にも国際機関に―日本主導の経済調査組織】の続きを読む

    【中央日報】IMF報告書 韓国ウォンも2021年にSDR編入される潜在力ある?
    スレッドURL: http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1449048424/

    おめでとう

    1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2015/12/02(水)18:27:04 ID:KkI
    中国人民元が先月30日に国際通貨基金(IMF)特別引出権(SDR)通貨バスケットの5番目通貨として編入される中、2021年には韓国ウォンがバスケットに含まれるかもしれないとの可能性が提起された。

    ブルームバーグ通信は1日(現地時間)、IMFが同日公開した政策報告書を引用し、「自由に利用可能(Freely Usable)」と判断できる通貨が今回SDRに新しく編入された人民元以外にもあり、輸出基準だけで見るならウォンが次に考慮されるべき通貨だと報じた。

    IMFは報告書で、「自由に利用可能」と判断できる潜在力を備えた通貨が他にもある」と指摘したが、追加編入についての可能性のある通貨を具体的に言及することはなかった。

    報告書は「早期検討が必要な状況が途中で発生しない限り」次のSDR通貨バスケットの検討は2021年9月に行われる予定だと伝えた。編入基準は国の輸出貿易規模と「自由に利用可能な通貨」としての使いやすさが挙げられる。

    輸出規模だけを見るならウォンが次点となり、SDR編入に考慮されるべきだというのがブルームバーク通信の分析だ。ウォンの次にはシンガポール・ドルとカナダ・ドルが続いた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151202-00000033-cnippou-kr

    【【中央日報】IMF報告書 韓国ウォンも2021年にSDR編入される潜在力ある?】の続きを読む

    【国際】無策の習主席、G20で集中砲火 「経済失速」各国が懸念
    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1447765601/

    縁をもったら法則発動 アルカニダ

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2015/11/17(火)22:06:41 ID:???
     トルコ南西部アンタルヤで開かれた20カ国・地域(G20)首脳会合で、パリの同時多発テロへの対応と並ぶ重要なテーマとなったのが経済問題だった。最大の懸念材料は中国経済の失速で、効果的な手を打てない習近平国家主席に対し、安倍晋三首相をはじめ、各国首脳から懸念の声が相次いだ。

     会合では、安倍首相が中国に過剰な生産設備の解消など構造改革を急ぐことを強く求め、「中国経済の安定成長が世界経済の安定につながる」と訴えた。インドなど各国首脳からも同様の指摘があったという。

     習主席は「みなさんが中国経済に関心を持っているのはよくわかる」と述べたうえで、「今後も中高速の経済成長を維持することが可能であり、今年の成長率は7%程度になる」との見方を示した。

     しかし、日経新聞によると、習主席のこうした説明について、麻生太郎財務相が「夢みたいなことを言っていた」と話すなど、各国の反応は冷淡だった。国際通貨基金(IMF)の特別引き出し権(SDR)に人民元が採用される見通しとなったことで改革姿勢を強調したい習主席だが、中国の動向が世界経済の不安要素であることは解消できなかった。中国は次回のG20で議長国を務めるが、重い宿題を残した形だ。

    続き livedoor news/2015年11月17日 17時12分 ZAKZAK(夕刊フジ)
    http://news.livedoor.com/article/detail/10842329/

    【【中国経済】無策の習主席、G20で集中砲火 経済失速を各国が懸念】の続きを読む

    【経済】IMF、中国人民元をSDR認定へ 世界の主要通貨と認める
    スレッドURL: http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1447477122/

    なにいってんの


    1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2015/11/14(土)13:58:42 ID:4tF
    IMF=国際通貨基金は、貿易の決済などで利用が広がっている中国の通貨=人民元について、ドルや日本の円などと並ぶ世界の主要な通貨に位置づけ、今後の加盟国とのやり取りに活用していく方針を決め、理事会を開いて承認を求めることになりました。

    IMFは、ドル、ユーロ、イギリスのポンド、それに日本の円の世界の主要な4つの通貨をもとに「SDR」と言われる特殊な資産を作っています。SDRは、IMFの加盟国内でお金のような働きをし、外貨不足に陥ったときなどの支払いに充てることができます。

    IMFは世界各国の経済力などを踏まえ、SDRの通貨を5年ごとに見直していて、今回、中国の人民元を5つ目の通貨に加える方針を決めました。IMFは、中国の貿易額の大きさは採用の基準を十分に満たしているうえ、貿易の決済などでの利用も着実に拡大し、国際的な金融取引の中で使い勝手がよいかどうかという基準も満たしていると判断しました。ラガルド専務理事は声明で、「人民元を主要通貨に加えることを支持している」と表明し、今月30日、理事会を開いて承認を求めるとしています。

    中国は、人民元の存在感を高めるために主要な通貨に加えるよう強く求めていて、IMFの理事会が採用を決めれば、人民元がドルや円など先進国の通貨と並ぶ主要通貨に位置づけられることになります。

    中国の中央銀行に当たる中国人民銀行は14日朝、「歓迎する」というコメントを発表しました。この中で中国人民銀行は「人民元をSDRに加えることは、現在の国際通貨システムを完全なものにするのに役立ち、中国と世界の両方にとって利益になる」と主張したうえで、「中国は各国が人民元のSDR入りを支持することを望む。30日の理事会の結果に期待し、それを尊重する」としています。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151114/k10010305561000.html

    【【経済】IMF、中国人民元をSDR認定へ 世界の主要通貨と認める】の続きを読む

    【国際】「アジア版IMF」発足へ 「ASEAN+日中韓」の組織 年内にも国際機関に
    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1445527430/

    縁をもったら法則発動 アルカニダ

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2015/10/23(金)00:23:50 ID:???
     【シンガポール=吉村英輝】日本、中国、韓国と東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国などで組織する「ASEAN+3マクロ経済リサーチ・オフィス」(AMRO、本部シンガポール)が、年内にも国際機関として発足することが21日、分かった。発足すれば“アジア版国際通貨基金(IMF)”として、成長が続く同地域の金融安定強化が見込まれる。

     域内経済を監視するAMROは、通貨急落などの際に資金を融通しあう通貨交換協定「チェンマイ・イニシアチブ」の発動の判断にも大きく関わる。

     参加各国は2014年10月に、日中韓とシンガポールなどASEANの主要経済5カ国の批准を条件に、AMROをIMFのような機動性の高い国際機関に昇格することで一致。すでに日本などは昇格を批准している。残る韓国が今国会で批准した場合、早ければ次回代理会議が開かれる今年12月にも、国際機関として開所する運びとなった。

    続き 産経ニュース
    http://www.sankei.com/world/news/151022/wor1510220015-n1.html

    【【悲報】苦難の中国、AIIBの次の一手はこちら「アジア版IMF発足!!ASEAN+日中韓」の組織が年内にも国際機関に!!日本はまたATMに!?】の続きを読む

    【経済】中国「人民元国際化」に日米から痛烈批判 習政権の野望“崩壊寸前”
    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1444638458/

    縁をもったら法則発動 アルカニダ

    1: 6564億円◆o8vqQW81IE 2015/10/12(月)17:27:38 ID:???
     ペルーの首都リマで開かれた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議では、失速する中国経済がやり玉に挙がり、中国発の経済危機懸念があらためて世界各国で共有された。当地では国際通貨基金(IMF)が運営方針を決める国際通貨金融委員会(IMFC)も開かれ、人民元の国際通貨採用について、日米から痛烈な批判を浴びた。通貨でも大国の一角を占めようとしている中国だが、資金流出は止まらず、習近平政権の野望も崩壊寸前だ。

     IMFは9日午後(日本時間10日午前)、IMFCを開き、共同声明を採択して終了した。中国など新興国経済の減速が世界全体の景気を押し下げ、成長が鈍化していることに懸念を示した。

     会合で最大の焦点となったのは、中国が人民元を国際通貨にするため、IMFの準備資産である特別引き出し権(SDR)に採用するよう働き掛けている件だ。現在は円、ドル、ユーロ、ポンドの4通貨で構成しており、IMFは中国の対応を見極めて年内に結論を出す方針だ。

     ロイター通信によると、中国人民銀行(中央銀行)の易綱副総裁は、中国の一連の改革が完了した段階で、「人民元がSDR採用に向けた要件を満たすことができると確信している」と述べ、人民元をSDRに採用するようあらためて要請した。

    ◎全文は下記からどうぞ
    zakzak 10月11日付け
    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20151011/frn1510110830003-n1.htm

    【【経済】中国「人民元国際化」に日米から痛烈批判 習政権の野望“崩壊寸前”】の続きを読む

    【韓国】 米国の利上げに先制的な対応を。今からでも韓日スワップなどできるよう準備すべき/中央時評
    スレッドURL: http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1441376969/

    縁をもったら法則発動 アルカニダ

    1: ◆E2FCewEIt. 2015/09/04(金)23:29:29 ID:Taw
    9月17日に予定された米連邦準備制度理事会(FRB)の金利決定を控え、世界経済が緊張している。今回は利上げするべきだという見解と0%水準の現行の超低金利を維持するべきだという見解が対立している。市場専門家は7対3程度で現金利が維持されると予想している。(中略)

    利上げするべきだという主張の最初の根拠は米国経済の迅速な回復だ。4-6月期の経済成長率は年率3.7%で、今年と来年の経済成長率が3%を超えると予想している。最近、FRBのスタンレー・フィッシャー副議長は主要指標の消費者物価上昇率が目標値の2%より低くても利上げする可能性があると述べた。景気回復傾向が速いため政策効果が発生するのにかかる時差を考慮し、あらかじめ金利を上げて物価上昇に対応するということだ。低金利があまりにも長期間続き、民間が負債を増やし、リスクが高い資産に投資し、資産価格バブルに対する懸念が強まったのも利上げの背景だ。

    反対論者はまだ米国経済の回復傾向が確実でないと主張する。利上げが内需を冷え込ませ、ドル高で輸出にもマイナスの影響を及ぼすことを懸念している。中国の景気低迷で原油安が続き、物価は大きく上がらないと予想している。しかも米国と世界金融市場が不安定な状態で米国の利上げは性急であり、危機を自ら招くと警告している。

    しかし世界金融市場の不安は今のところ米FRBの政策方向を変えるほどでないと見れば、今回の9月ではなくても今年12月にはFRBが利上げする可能性が高い。

    韓国のような新興国経済の立場では米国の利上げはすでに予想されたものであり、どう対応するかが重要だ。今年と来年、FRBは利上げの幅と速度に慎重な姿勢を見せるだろうが、世界金融市場は大きく揺れる可能性がある。その間、米国だけでなく欧州・日本からも量的緩和で供給された資金が高収益を得るために新興国に大量流入したが、すでにこれが流出し始めた。資本の流出で金融・外国為替市場の変動が大きくなり、資産価格も下落する。国際金利が上がり、ドル高になれば、ドル負債が多い企業、金融機関、政府の償還負担は増える。

    国際通貨基金(IMF)は4月のアジア・太平洋経済展望報告書で、基礎経済条件、グローバル市場との貿易および金融連係性などを考慮し、アジア諸国が米国の利上げと国際金融市場の変動にどれほど衝撃を受けるかを分析した。韓国は最も衝撃が小さい国と予想されている。幸いだが、韓国経済は家計の負債と企業の外貨負債が多いという点で脆弱であり、もう一つの危険の根源地である中国経済から波及効果を大きく受けるため二重苦となる可能性が高い。米国と中国の通貨政策が反対方向に動き始めれば対応は容易でない。通貨・為替・財政政策が調和するよう運用し、政策対応力を高める必要がある。家計の負債管理、不振企業の構造改革、金融システムの安定を図り、これから金利が上昇する時に発生する衝撃を最小化しなければいけない。

    ソース:中央日報日本語版<【中央時評】米国の利上げに先制的な対応を=韓国>
    http://japanese.joins.com/article/291/205291.html

    【【韓国】 米国の利上げに先制的な対応を。今からでも韓日スワップなどできるよう準備すべき/中央時評】の続きを読む

    このページのトップヘ