Revival Japan 日本復活を叫ぶ

反日 売国 偏見放送にゴリ押しステマ 可能な限り掲載していきます。

    管理人からのお願い。
    このような弱小ブログをご覧いただきありがとうございます。
    日々自分自身のため、家族のために日本から売国、反日、寄生住たちがいなくなるよう、情報の拡散に努めますのでよろしくご支援くだされば幸いです!

    【備忘録】声優・緒方恵美さんの政治絡みのツイにパヨ発狂www 必死に説得しようとするパヨたちのツイに反論してみる【長文】自民党審議拒否の簡単な説明も読んでね!

    【備忘録】フジテレビ・バイキング番組スポンサーお問合せ先一覧

    その他の【備忘録】一覧

    ニュースアンテナ OPEN

    タグ:AIIB

    【中国網】中国が参加していない以上、TPPが世界の経済成長を促進させる事はない
    スレッドURL: http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1444392820/

    ヨカッタネ

    1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2015/10/09(金)21:13:40 ID:EsO
    環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)はアジア太平洋地域の経済一体化の試みとして、国際貿易の発展の新たな趨勢を示している。これは確かに、並々ならぬことである。しかしTPPは多くの地域自由貿易協定のうちの一つに過ぎず、実際には特に変わった影響を及ぼすわけではなく、過度に誇張する必要はない。

    TPPが国際貿易の成長を力強く促進することはない。米国や日本などの国は世界の重要な貿易国だが、TPPの多くの参加国は世界貿易において際立った地位を占めていない。全体的に見て、TPPが世界貿易にもたらす積極的な促進効果は限定的と言える。

    冷戦後の国際貿易の発展の経験から見ると、世界の貿易成長に対して重大な効果をもたらした出来事は、(1)1994年に終了したウルグアイ・ラウンドにおけるWTO設立の合意(2)中国の2001年のWTO加盟――の2件だ。この2件は統計的意義から、国際貿易額の急成長を力強くけん引し、世界経済とグローバル化の進展を推進した。TPPは一部のアジア太平洋諸国間の地域貿易協定に過ぎず、EUや中国といった世界の主要経済体が含まれず、国際貿易に及ぼす影響は自ずと限られている。

    TPPは既存・未来の地域経済・貿易構造を変えがたい。アジア太平洋の既存の経済・貿易構造を見ると、中国は貿易・投資の中心の一つになっている。これは数十年に渡る世界経済の分業・変化によって、自ずと形成された。中国の実力の強化に伴い、アジア太平洋のバリューチェーンにおける地位が向上し、地域の経済関係を構築する力を絶えず強めている。TPPが大きな衝撃をもたらすことはない。(筆者:宋国友 上海大学シンクタンクアジア太平洋研究センター執行主任、復旦大学米国研究センター副主任)

    http://japanese.china.org.cn/business/txt/2015-10/09/content_36772129.htm

    【【中国網】中国が参加していない以上、TPPが世界の経済成長を促進させる事はない】の続きを読む

    【経済】中韓、国債破綻リスク急上昇 カヤの外のTPPに参加するには高いハードル
    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1444365654/

    縁をもったら法則発動 アルカニダ

    1: ◆sRJYpneS5Y 2015/10/09(金)13:40:54 ID:???
    (略)
    IMFは、中国の今年の成長率予測については6・8%に維持したが、一方で7日に発表した世界金融安定報告で、米国の利上げをきっかけに中国など新興国から資金が流出、中国では「企業破綻が多発し、金融システムの緊張が高まる」と警鐘を鳴らした。

     中韓に大きなショックを与えたのがTPPだ。中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)というバスに乗り込んだ韓国だが、TPPという、もっと大きなバスを横目に焦りを隠せない。

     ただ、TPPに新規で参加する場合、現在の参加12カ国すべての同意が必要だが、韓国は日本と事前協議していない。日本がノーといえば参加できない状況だ。

     中国にはTPP参加のハードルはより高い。TPPには知的財産保護や国有企業の優遇制限が盛り込まれているためだ。存在がかすんでしまったAIIBに日本や米国を誘うしかなくなっており、中国の野望も腰砕けになりつつある。

    全文 ZAKZAK
    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20151009/frn1510091550001-n1.htm
    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20151009/frn1510091550001-n2.htm

    【【経済】中韓、国債破綻リスク急上昇 カヤの外のTPPに参加するには高いハードル】の続きを読む

    【国連】中国・習近平主席「2400億円投じ途上国支援基金を設立する。2030年までに中国は後進国に120億ドルを融資する」
    スレッドURL: http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1443356338/

    縁をもったら法則発動 アルカニダ

    1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2015/09/27(日)21:18:58 ID:zG1
     【ニューヨーク時事】中国の習近平国家主席は26日、ニューヨークの国連本部で行われた国連サミットで演説、途上国支援のため20億ドル(約2400億円)を拠出して基金を設立すると明らかにした。

     習主席にとって初の国連外交の舞台で、演説に続き、約20カ国の途上国などの首脳や代表、国連機関を集めた会合も開催。今後5年間で途上国向けに貧困対策や農業協力など6分野で計600項目のプロジェクトを支援することも表明し、途上国重視を鮮明にした。

    基金の名称は「南南協力援助基金」。習主席は演説で「国際社会は(先進国が途上国を支援する)南北協力を堅持しながら、(途上国同士の)南南協力を深化させなければならない」と述べ、「世界最大の途上国」を自認する中国が、途上国のリーダーとして国際社会で存在感を高めることを狙った。

    習主席はこのほか、後発開発途上国に対する投資が2030年までに120億ドル(約1兆4400億円)に達することを目指すほか、これら国々を対象に、15年末に返済期限を迎える政府間の無利子融資の未返済分を債務免除とする方針も表明した。

    習主席が開催した会合は、中国提唱の「南南協力」推進の円卓会議。潘基文国連事務総長と共に議長を務め、南南協力に関して「われわれが切り開く新たな発展・繁栄の道を後押しするものだ」と強調。6分野はこのほか、貿易促進援助、生態系保護・気候変動、病院・診療所設置、学校・職業訓練センター開設で、「いかなる政治的条件も付けない」と強調した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150927-00000007-jij-cn

    【【国連】中国・習近平主席「2400億円投じ途上国支援基金を設立する。2030年までに中国は後進国に120億ドルを融資する」】の続きを読む

    【AIIB】アジア投資銀、参加国70に 日米主導銀超える見通し
    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1441808251/

    縁をもったら法則発動 アルカニダ

    1: ◆sRJYpneS5Y 2015/09/09(水)23:17:31 ID:???
     中国主導の国際金融機関、アジアインフラ投資銀行(AIIB)の初代総裁に内定している金立群氏は9日、ソウルでの韓国財界との会合で、AIIB参加国が、創設メンバー57カ国から「近く70カ国余りに増える」と述べた。聯合ニュースが報じた。

     日米主導のアジア開発銀行に参加する67カ国・地域を超える見通しとなった。

    続き 産経ニュース/共同通信
    http://www.sankei.com/world/news/150909/wor1509090035-n1.html

    【【AIIB】アジア投資銀、参加国70に 日米主導銀超える見通し】の続きを読む

    【西日本新聞/社説】中国経済の先行き・AIIB参加・尖閣問題など安倍首相には訪中で話すべき事が山ほどあった筈。一刻も早い日中首脳会談を
    スレッドURL: http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1440586772/

    えっなんて?

    1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2015/08/26(水)19:59:32 ID:9Jm
    安倍晋三首相が、かねて検討していた9月初旬の中国訪問の見送りを決めた。訪中すれば習近平国家主席との首脳会談も行われる見通しだったが、それも流れた。

    今回の訪中は、中国が9月3日に開く「抗日戦争勝利記念日」の行事に、中国側から出席の打診を受けて調整されていた。訪中見送りは、表向きは国会日程の都合とされている。しかし実際には複合的な理由がある。中国はこの式典で、先の大戦における「抗日」の実績を強調し、戦勝国として国際秩序を形成する正当性をアピールする狙いがある。こうした中国の戦略に付き合わされるのを嫌ったのが、欠席の主要な理由とみられる。首相としても「抗日」色の強い式典に出るのは不満だったのかもしれない。

    もし安倍首相が今回訪中を決断すれば、首相を支持する保守層が反発し、米国も渋い顔をするかもしれない。しかし目先の不利益を避けているうちに、日中関係のあつれきという本質的なリスクは膨らむばかりだ。それでいいのか。混乱する中国経済の先行き、アジアインフラ投資銀行への関与、そして何より沖縄県尖閣諸島や東シナ海ガス田をめぐる緊張の緩和‐。日中の首脳が腹を割って話すべきことは山ほどあるはずだ。

    安倍政権は「中国の脅威」を理由に安全保障法制の成立へ突き進んでいるが、脅威を減らす外交努力の方が先ではないか。まずは会って話すことだ。政府は多少のリスクは取っても、日中首脳会談の早期実現を目指すべきである。

    =2015/08/26付 西日本新聞朝刊=

    http://www.nishinippon.co.jp/nnp/syasetu/article/191128

    【【西日本新聞/社説】中国経済の先行き・AIIB参加・尖閣問題など安倍首相には訪中で話すべき事が山ほどあった筈。一刻も早い日中首脳会談を】の続きを読む

    このページのトップヘ