Revival Japan 日本復活を叫ぶ

反日 売国 偏見放送にゴリ押しステマ 可能な限り掲載していきます。

    管理人からのお願い。
    このような弱小ブログをご覧いただきありがとうございます。
    日々自分自身のため、家族のために日本から売国、反日、寄生住たちがいなくなるよう、情報の拡散に努めますのでよろしくご支援くだされば幸いです!

    【備忘録】フジテレビ・バイキング番組スポンサーお問合せ先一覧
    その他の【備忘録】一覧

    ニュースアンテナ OPEN

    タグ:週刊朝日

    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1493601330/

    変態だー

    1: ■忍法帖【Lv=9,ドラゴン,jFI】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/05/01(月)10:15:30 ID:RMC
    記事名/北原みのり「アッキーの見えない印籠」

    2017/5/ 1 07:00
     作家・北原みのり氏の週刊朝日連載「ニッポンスッポンポンNEO」。北原氏は、安倍昭恵首相夫人を「水戸黄門アイデンティティーがある」という。
    *  *  *
    「UZUの学校」というのがあるらしい。安倍昭恵さんが主催し、校長を務める“講座型スクール”だという。49歳までの女性を対象にしたもので、「もっと女性が明るく楽しく」を目指しながら、毎回、ゲストを招いて様々なテーマで講義をするとか。

     フェイスブックでは谷査恵子さんが講座の主催者になっているが、昭恵さんが私人としてやってるのか、公人としてやってるのか、谷さんが勝手にやってる(←酷い)のか、どんなお金で誰がどのように運営しているのかは分からない。UZUの学校の懇親会は首相官邸で行われているようだけど、その食事代やら酒代やらが私たちの税金で払われているのかどうかも、よく分からない。

     講師にはアーティストのスプツニ子!さんや、ブロガーのはあちゅうさんといった若者受けする文化人や、庵野秀明さんといった意外な大御所や、古市憲寿さんとか駒崎弘樹さんといった“若手”言論人とか、昭恵さんの交友関係の広さがうかがえる。謝礼はいくらか分からないが、豪華だ。

     ところで、この「UZUの学校」、そもそもは「水戸黄門プロジェクト」と呼ばれていたという。

     昭恵さんと共に、この学校の構想を練ってきたという男性が、ネットメディアで、こう語っていた。

    「最初は『水戸黄門プロジェクト』だったんですよね。昭恵さんが各地を訪ねていって、現地の活動に入り込んで交流するという構想もありました。隣で一緒に農作業していた女性がふとほっかむりを外した時に、周囲が『あなたは昭恵さん?!』とどよめくみたいな(笑)」

     これを読み、長い間の疑問がするする解けるような気持ちになった。不思議だったのだ。昭恵さんは何故、「気さくである」ということで、これほど高く評価されているのだろう、と。

     でも、“水戸黄門”で一発理解だ。昭恵さんには水戸黄門アイデンティティーがある。それは見えない印籠を、使いまくってきた人生だ。彼女がそれを自覚的に使うというより、黄門の前で土下座する民の振る舞いが、彼女に印籠を使わせ続けたのかもしれない。そう、この国の人の多くは、黄門様(=気さくに振る舞う絶対権力)が大好きだ。

     それにしても恐ろしい時代だと思う。首相官邸に呼ばれた人たちのはしゃいだブログや昭恵さんを絶賛する様は、しっかり残ってる。総理に批判的なポーズを取る人も、アッキーにはめろめろというパターンはけっこうある。ジャーナリストで元国会議員の井戸まさえさんが、昭恵さんが使ったのは「根拠なき権力」だと論破していたが、まさに、根拠なき黄門振る舞いに、人々は頭を垂れてきた。そしてそういう人たちは、いざという時に、沈黙を選ぶ。

    ※週刊朝日  2017年5月5-12日号

    ◎週刊朝日 5月1日
    https://dot.asahi.com/wa/2017042700052.html?page=1

    【【ひかえおろ~】週刊朝日・北原みのり「昭恵さんに水戸黄門特性。見えない印籠使いまくった人生。多くは気さくに振る舞う権力者が大好き。土下座する民の振る舞いが印籠を使わせた」】の続きを読む

    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1493459553/

    1: ■忍法帖【Lv=8,ドラゴン,jFI】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/04/29(土)18:52:33 ID:959
    記事名「視聴者の会」その実態は「日本会議」?

    2017/4/28 11:30
    「安倍首相ガンバレ」を叫ぶ子どもたち、教育勅語を朗唱させる幼稚園……。森友学園問題に端を発して「右翼」という人たちが、にわかにクローズアップされている。AERA 2017年5月1-8日号では「右傾化する日本」を大特集。「右翼」って何?「保守」とどう違う? 素朴な疑問に答える。

     メディアの右傾化はどうなのだろうか? 東京MXテレビ問題を始めとした、最近の動きを取材した。

    *  *  *
     3月下旬の日曜日。都内で「東京MXテレビ問題の本質」と銘打つイベントが開かれた。真冬の寒気が押し寄せる中、会場は立ち見を含む参加者で埋まった。

     この日、主催者を代表してあいさつしたのは、保守系ウェブ局「日本文化チャンネル桜」沖縄支局キャスターの我那覇真子氏。沖縄出身・在住で「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」代表の肩書も持つ我那覇氏は、全国各地の保守系イベントに引っ張りだこだ。

     我那覇氏は屈託のない表情で用意した原稿を読み上げた。

    「辛淑玉氏は寝た子を起こしました。われわれにとって大きなチャンスなのです。彼女の日ごろの“反日傲慢”はとんでもない墓穴になりそうです。自ら掘った穴ですから、きっと収まりもよいかもしれません」(略)

    ●反対運動を「テロ」

     続いて登壇したのは、「科学者」の武田邦彦氏。「ニュース女子」にコメンテーターとして出演していた武田氏は、番組で取り上げた沖縄・高江の米軍ヘリパッド建設現場での反対運動についてこう言った。

    「やっぱり暴力的ですからね。簡単に言えばテロですよ、あれは」

     会場から「そうだよ」の声が飛ぶ。武田氏は沖縄の独立運動にも言及した。

    「いまもし沖縄が独立したらね、あっという間に中国領になりますよ。沖縄の方には申し訳ないんだけれども、20万人は殺されますね。中国の占領政策というのは5%殺しますからね」

    ◎週刊朝日 4月28日
    https://dot.asahi.com/aera/2017042600089.html

    【【レッテル張り】週刊朝日「視聴者の会!その実態は日本会議?森友学園問題に端を発して右翼という人たちがクローズアップ!」】の続きを読む

    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1493365688/

    息を吐くようにウソを言う

    1: ■忍法帖【Lv=8,ドラゴン,jFI】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/04/28(金)16:48:08 ID:9Vb
    2017/4/28 10:11  安倍政権に新たな火種が勃発した。

     自民党の“大番頭”二階俊博幹事長と安倍晋三首相との関係が「急速に悪化している」(与党関係者)からだ。

     両氏の確執が表面化したのは、安倍首相が二階派のパーティーに出席した4月25日夜、その場で“舌禍事件”を起こした今村雅弘前復興相を“更迭”したことに起因する。

     二階幹事長は翌26日の講演でいら立たしげにこう不満をぶち上げた。「内閣総理大臣・安倍晋三先生がわざわざお越しになってお詫びを言ってくれる。いきなりそういうことで大騒ぎです」

     前出の与党関係者のこう解説する。「二階幹事長は今村氏更迭に猛烈に反対していた。森友問題では党が一丸となって首相夫妻を守ったのに、失言で首はあんまりではないかと。今村発言を取り上げたマスコミ批判を展開したのも今村氏を切った安倍官邸に対する不満からです。更迭直後の講演で、郵政選挙(2005年)で離党した無所属の長崎幸太郎衆院議員らの復党、公認候補とすることを言明したのも、『官邸が勝手にやるんだったら、党も勝手にやらせてもらう』という二階氏の怒りの現れからです。二階氏が今村更迭を強く首相に進言した菅義偉官房長官を電話で怒鳴りつけたという噂も漏れ伝わっています」

     二階氏は昨年8月、当時の谷垣禎一幹事長の自転車事故で総務会長から横滑りで急きょ、起用され、「党の重石として、官邸とある程度うまくやってきた」(自民党議員)とみられてきた。二階氏は来年9月の総裁選で「安倍3選」を早々に表明し、あくまで黒子として安倍首相を支える姿勢を示していた。

    ◎続き 週刊朝日 4月28日
    https://dot.asahi.com/wa/2017042800009.html

    【【願望】週刊朝日「安倍首相と二階幹事長の関係悪化!揺らぐ安倍一強!」NHK「本人から辞表が出たので了承した」】の続きを読む

    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1493123948/

    息を吐くようにウソを言う

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2017/04/25(火)21:39:08 ID:???
    森友隠し? 首相外遊なのに北朝鮮ミサイル危機あおる官邸

    (略)

     16日の北朝鮮のミサイル発射失敗も“デキレース”だったとの見方もある。政府関係者がこう語る。

    「あれは米国がサイバー攻撃をかけて失敗させたとも言われている。あえて北朝鮮に撃たせることで中国に制裁を強化させる戦略です。米国の望みは経済制裁で北朝鮮を締め上げて金正恩氏を亡命させ、暗殺された金正男氏の息子ハンソル氏らによる後継政権をつくること。米中ロの3国で北朝鮮の『信託統治』を行う方式を考えている」

     超大国間のパワーゲームが進行する中で、日本は蚊帳の外。首相が外遊に出ていても、大勢に影響なし、ということなのだろうか。

    「官邸は北朝鮮の脅威をあおることで昭恵夫人の森友問題から世間の目をそらせるし、共謀罪の必要性を国民に認めさせやすくなる。得意の情報操作ですよ」(前出の政府関係者)(本誌・小泉耕平、村上新太郎)

    全文 dot./週刊朝日 全2ページ
    https://dot.asahi.com/wa/2017042400101.html

    【【朝鮮有事】週刊朝日「首相外遊なのに北朝鮮ミサイル危機あおる森友隠しと政府関係者は語る」→騙るだろ?】の続きを読む

    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1491974214/

    あーそういうのいいんで。マジで。

    1: ■忍法帖【Lv=7,ドラゴン,jFI】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/04/12(水)14:16:54 ID:V7h
    2017/4/12 07:00 外交を政権浮揚の最大の武器にしてきた安倍政権にとって、駐韓大使の一時帰国や昨年末の日ロ首脳会談など最近の外交は失政続き。

    「トランプ氏と数回会ったぐらいで信頼関係が築けたと言い切るのは国際常識では甘すぎる」(外交評論家・小山貴氏)

     それでも支持率がなかなか下がらない理由について、法政大学の山口二郎教授は「北朝鮮、中国という周りが敵だらけの地政学的環境も首相を利している」と分析する。深刻なのは、内政面で、森友問題、共謀罪法案など後半国会が政局含みの様相を呈している。

     首相周辺によると、首相の盟友・麻生太郎副総理が6日、病床に臥す谷垣禎一前幹事長に「大宏池会構想」に理解を求める手紙を渡し、山東派を含めた派閥再編の動きを本格化させたことに対し、「首相はピリピリしている」という。

     麻生氏が数の力で来年9月の総裁選に勝利しようという思惑なのは明白で、首相に近い細田派議員はこう不安を隠さない。

    「派閥抗争になって宏池会と平成研が組めばわが派は逆転されてしまう。このままでは首相の総裁選3選は絶望的。やっぱり、年末年始に解散を打っておくべきだった……」(本誌・村上新太郎)

    ※週刊朝日 2017年4月21日号

    ◎全文は下記からどうぞ(・ω・)ノ
    週刊朝日 4月12日付け
    https://dot.asahi.com/wa/2017041100030.html?page=2

    【【自民党総裁選】週刊朝日「安倍首相の3選はいよいよ絶望的!国会が政局含みの様相!」】の続きを読む

    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1491889034/

    耳が腐る

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2017/04/11(火)14:37:14 ID:???
    森友問題の要所には必ず、アッキーの影 昭恵首相夫人「主犯説」を追う (更新 2017/4/11 07:00)

     安倍昭恵首相夫人にまた新たな“疑惑”が浮上した。森友学園に大甘査定をした大阪府私学審議会の会長と昭恵氏は、実は面識があったのだ。さらに「第2の森友疑惑」とされる学校法人との新たな“接点”も見つかった。要所に必ず現れる昭恵氏の「主犯説」を追う。

     大阪府私学審議会は、財政面が懸念されていた森友学園の小学校新設について、条件付きで「認可適当」と大阪府に答申したことで問題視された。そのトップが昭恵氏と会って、どんな会話をしたのか。

    “疑惑”の舞台は奈良学園大学の信貴山グラウンドで開催された親子向けスポーツイベントだ。主催者の一般社団法人「重心道」の顧問を務める昭恵氏が2015年9月4日、ゲストとして参加していたが、私学審議会会長の梶田叡一氏も同席していたのだ。

     奈良学園大の学長だった梶田氏は、森友学園の小学校の設置認可申請について審査する責任者だ。

     梶田氏を直撃し、昭恵氏との関係について尋ねた。

    「大学のグラウンドが空いている時はいろんな人が使っている。私は普段、誰が使ってるのか知らないが、事務局長に『昭恵さんが来ておられるので、挨拶に行ってくれ』と言われて行ったんですよ。それで名刺交換した。そりゃ学長として挨拶しに行かなあかんでしょう。社会人としての常識として。昭恵さんとはその時が初対面で、(それ以降も)関係者含めて一切連絡を取っていません」

    続き dot./週刊朝日 全5ページ
    https://dot.asahi.com/wa/2017041000066.html

    【【辻元生コン学園問題】週刊朝日「森友問題の要所には必ずアッキーの影!昭恵首相夫人主犯説を追う!」】の続きを読む

    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1491354671/

    夢が現実を凌駕したらいけないって!


    1: ■忍法帖【Lv=6,ドラゴン,jFI】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/04/05(水)10:11:11 ID:6GN
    記事名/菅野完「アッキード事件の核心に迫る“籠池ノート”の中身」

    2017/4/ 4 07:00
     籠池泰典氏が安倍昭恵夫人付職員に送った手紙はノートのコピーだった。そのノートには政治家や役所に送った記述が大量に残る。その全容を知る著述家の菅野完(すがの・たもつ)氏が「アッキード事件」の核心に迫った。

    *  *  *
    「安倍晋三首相から100万円の寄付を頂戴している」。衝撃的な告白から、森友学園の籠池泰典氏の「運命」は急展開を遂げた。「首相に対する侮辱だ」との理由で開かれた証人喚問。政府・与党からの偽証罪をちらつかせた連日の恫喝。大阪地検特捜部による告発状の受理。そして、大阪府・市による幼稚園と保育園への立ち入り調査……。こうした出来事の全てが、たった10日のうちに、一個人に対して発動されたのだ。もはやこれは「国家権力の総力を挙げた弾圧」としか言いようがないだろう。

     国会を大きく揺さぶった谷査恵子首相夫人付きから籠池氏に宛てたfax──。今、私の手元にはこのfaxと「籠池氏からの手紙」の両方がある。

     双方とも、証人喚問前後に断続的に実施した、籠池氏へのインタビューの過程で「発掘」したものだ。

     正直に告白するが、谷氏からのfaxを書類の山から見つけた瞬間、私はこの文書を「ただの連絡文」と認識し、処理してしまっていた。この文書の1枚目の文面は、社交辞令に終始しているからだ。「あまり意味のない文書だろう」と書類の山に戻そうとした瞬間、2枚目末尾にある「平成28年度での予算措置を行う方向で調整中」との文言が目に飛び込んだ。その時初めて、「これは、行政の業務文書ではないか」と気づいたのだ。

     一方の「籠池からの手紙」は、籠池氏が提供してくれたノートの束の中から発見した。 籠池氏は古い人間だ。手書きで文書を起案し、そのコピーに押印して手紙を送達するという昭和の時代の文書送達管理手法を、未だに実践している。

     従ってノートの束の中には、役所や政治家に送った手紙の「原本」が大量に残されている。その大量の手紙の「原本」の山に、谷氏からのfaxと平仄のあうものは一つしかない。そしてその手紙は自民党の葉梨康弘衆議院議員が公開した手紙と同じものだ。

    (中略)

     籠池氏は証人喚問で「一昨年10月、お願いがあって昭恵夫人に電話し、留守電に残した」と証言している。そしてこのエピソード自体は昭恵夫人本人も、フェイスブックで発表したコメントの中で認めている。ならば、「籠池の意図」を谷氏に「解説」する役割は、昭恵夫人が担当したと解釈するのが自然だろう。つまり昭恵夫人は「籠池の意図」を正確に理解し、その内容を財務省に伝えるよう、自分の秘書である谷査恵子に命じたとしか言いようがないのだ。これでは政治家が行う「陳情処理」や「口利き」と全く同じではないか。

     このように「籠池からの手紙」と谷氏からのfaxの両方を並べ読み比べてみれば、「昭恵夫人による土地取引への関与」の実態が、誰の目にも明らかになる。

    ◎全文は下記からどうぞ(・ω・)ノ
    週刊朝日 4月4日付け 全3ページ
    https://dot.asahi.com/wa/2017040300076.html?page=1

    【【週刊朝日】菅野完「籠池からの手紙と谷氏からのfaxの両方を並べ読み比べてみれば昭恵夫人による土地取引への関与」の実態が誰の目にも明らかになる!」】の続きを読む

    このページのトップヘ