スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1493988883/

もっともっと

1: 山梨◆lKceO1.r3A 2017/05/05(金)21:54:43 ID:c0U
ついに赤旗を撲滅した。長年に渡り一般質問を継続、ついに市長から「禁止」で答弁を得る。これは行政の長の、公式の回答である。さらに「部数」の答弁も得たのだが、全国的にも珍しい事例だ。驚くべきはその比率、なんと幹部職の約70%が購読していたのだ。共産党の支持率を考えれば(NHKでは10%以下)如何に異常な数値かわかるだろう。この数字は議事録に刻まれており、国会同様、地方議会でも「議事録は永久保存の公文書」である。「政党機関紙しんぶん赤旗の公共施設における、勧誘・配布・集金」について公的ソースがついたのだ。

立場の強い議員による、公務員への心理的強制の疑念がさらに深まった。政党助成金をもらっていないという美名のもと、裏ではこのような「脱法行為」をやっているのが共産党だということが明らかになった。

本日は、議会の質問を振り返りつつ、要点を紹介する。速報版として質疑の書き起こしを紹介する。あくまで速報版であり、改行など編集を行っている。(正式には公開される実際の議事録をご覧ください。)

http://i.imgur.com/M6igSnE.jpg

全文は「行橋市議会議員小坪しんや氏Blog」の「【我、赤旗ヲ撲滅セリ】公共施設内での勧誘・配布・集金を禁止・行橋市。幹部職の7割が購読していた実態が明らかに。」で
https://samurai20.jp/2017/05/akahata-38/

>>2へ続く

【【氷山の一角】行橋市議会議員・小坪信也「我、赤旗ヲ撲滅セリ」行橋市公共施設内での勧誘・配布・集金を禁止!幹部の7割が購読していた実態!たしかな一歩!】の続きを読む