Revival Japan 日本復活を叫ぶ

反日 売国 偏見放送にゴリ押しステマ 可能な限り掲載していきます。

    管理人からのお願い。
    このような弱小ブログをご覧いただきありがとうございます。
    日々自分自身のため、家族のために日本から売国、反日、寄生住たちがいなくなるよう、情報の拡散に努めますのでよろしくご支援くだされば幸いです!

    【備忘録】フジテレビ・バイキング番組スポンサーお問合せ先一覧
    その他の【備忘録】一覧

    ニュースアンテナ OPEN

    タグ:自由党

    えっ???


    渡部篤@watanabeatushi
    【野党ウオッチ】財務省に5時間居座りの森裕子氏「パフォーマンスじゃないのよ!」 - 産経ニュース https://www.sankei.com/premium/news/180407/prm1804070015-n1.html … via @Sankei_news国政は政策を議論すべきである。官僚の書いた公式文書などを批判する場ではない。官僚も野党とメディアのパワハラで萎縮している。行政は停滞の危機にある。
    https://twitter.com/watanabeatushi/status/982537848447369216

    【【謎理論】財務省に5時間居座り 自由党・森裕子「パフォーマンスじゃないのよ!」→批判殺到】の続きを読む

    野党6党はいらんっちゅうことだね。


    DAPPI@take_off_dress
    東日本大震災における原発事故災害に対処する為の本会議を採決拒否する野党6党。
    野党6党は震災復興をどうでもいいと思ってるんでしょうね…
    非情にも程がある。
    震災復興よりもパフォーマンスを重視した野党は日本国民の敵です
    #kokkai
    https://twitter.com/take_off_dress/status/981800033589710848

    zgtjgktiosi

    【【働いたら負け】東日本大震災における原発事故災害に対処する為の本会議を採決を野党6党が拒否!有権者から厳しい声】の続きを読む

    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1493862707/

    縁をもったら法則発動 アルカニダ

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2017/05/04(木)10:51:47 ID:???
    自由党・小沢一郎代表談話「安倍首相提唱の憲法改正、考えただけでも恐ろしい」
    憲法施行70年

    (略)

     そもそも総理は、信じがたいことであるが、「憲法で国家権力を縛るというのは絶対王政時の旧い考え方」と国会で答弁するなど、現行憲法と立憲主義を全く理解しておらず、この総理が提唱する憲法改正など、考えただけでも恐ろしいことである。

     すなわち、国民主権、基本的人権の尊重、平和主義、国際協調主義の4原則をしっかりと守るため、国家権力の暴走を食い止めることこそ憲法の本質なのであり、これを全く理解せず、情緒的な反立憲主義の立場をとる安倍政権下での憲法改正は、全く認められない。

    続き 産経ニュース
    http://www.sankei.com/smp/politics/news/170503/plt1705030017-s1.html

    【【憲法改正】自由党・小沢一郎代表「安倍首相提唱の憲法改正、考えただけでも恐ろしい!」】の続きを読む

    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1493856764/

    正論

    1: ■忍法帖【Lv=9,ドラゴン,jFI】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/05/04(木)09:12:44 ID:cqe
    佐藤正久 @SatoMasahisa

    【幾ら何でも。安倍首相の存在そのものが憲法違反とは】

    更に「自由党はどんな憲法改正にも反対する」とまで。

    小沢一郎自由党代表は元々、改憲論者だったはずだし、総理の存在が憲法違反とは、度が過ぎる! ツイッター仲間の皆さん、どう思いますか?
    ----
    【憲法施行70年】自由党・森裕子参院会長 「安倍首相の存在そのものが憲法違反だ」「自由党はどんな憲法改正にも反対する!」
    sankei.com
    ----
    午前8:09 ・ 2017年5月4日
    430件のリツイート
    378件のいいね
    https://mobile.twitter.com/satomasahisa/status/859907852105678848

    【【憲法改正】自民党・佐藤正久「『首相の存在そのものが憲法違反。自由党はどんな憲法改正にも反対』 小沢一郎は改憲論者、総理の存在が憲法違反とは度が過ぎる! 」】の続きを読む

    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1493376699/

    みんな基地外
    1: ■忍法帖【Lv=8,ドラゴン,jFI】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/04/28(金)19:51:39 ID:9Vb
    *動画はリンク先にてご覧ください。

    DAPPI @take_off_dress

    今週の国会質疑をまとめました。
    (link: https://togetter.com/li/1105149) togetter.com/li/1105149

    【主な発言】
    平山佐知子「やりたくて森友を追及してない!」
    山本太郎「無政府状態!」
    小林よしのり「テロが起きても火炎瓶くらいのしょぼいテロ!」
    緒方林太郎「典型的な独裁者の手法!」
    #kokkai
    午後6:27 ・ 2017年4月28日
    https://mobile.twitter.com/take_off_dress/status/857888983602274305

    【【国会質疑まとめ動画】平山佐知子「やりたくて森友を追及してない」山本太郎「無政府状態」小林よしのり「火炎瓶くらいのしょぼいテロ」緒方林太郎「独裁者」】の続きを読む

    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1493201241/

    早くしろ!

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2017/04/26(水)19:07:21 ID:???
    【復興相辞任】4野党、すべての国会審議拒否 集中審議が再開条件

     民進、共産、自由、社民の4野党の幹事長・書記局長が26日、国会内で会談し、東日本大震災に関する不適切発言で復興相を更迭された今村雅弘氏の問題をめぐり、衆参両院の予算委員会で集中審議を開かない限り、すべての国会審議に応じないことを決めた。

    続き 産経ニュース
    http://www.sankei.com/politics/news/170426/plt1704260039-n1.html

    【【売国野党】復興相辞任でも4野党がすべての国会審議拒否!集中審議が再開条件って何を審議するの?とりあえず民主党過去の不適切もまとめ】の続きを読む

    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1492982913/

    no title

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2017/04/24(月)06:28:33 ID:???
    【テロ等準備罪】社民・福島瑞穂氏「『しばいたろか』で犯罪」 自由・山本太郎氏「トンカチ買ったら準備罪」 全国で“共謀罪”反対デモ、山手線内でプラカード強行

     共謀罪の構成要件を厳格化した「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案に反対するデモ活動が23日、「共謀罪の創設に反対する百人委員会」の呼びかけにより、東京や福岡など全国約20カ所で一斉に行われた。JR山手線の車両内では、プラカードを首からさげるなどのパフォーマンスも行った。東京都新宿区の新宿駅西口では、自由党の山本太郎共同代表、社民党の福島瑞穂副党首らがマイクを握り、「共謀罪は現代の治安維持法」などと訴え、テロ等準備罪成立の危険性をあおった。詳報は以下の通り。

    山本太郎氏「殺人など凶悪犯罪の場合であれば、相談の段階で取り締まれるものもある。でも、今やろうとしていることは全く違う。私とあなたが何かについて話し合う。その時点で共謀です。あいつ、むかつくな。殴ってやろうか。共謀成立、相談成立です」

     「その話し合った後に、なんとなくコンビニに立ち寄って、お金を下ろす。1万円を下ろす。これ準備だっていう話にされてしまいかねない話なんです。むちゃくちゃでしょ」

    続き 産経ニュース 全6ページ
    http://www.sankei.com/politics/news/170423/plt1704230024-n1.html

    【【テロ等準備罪】 社民党・福島瑞穂「しばいたろかで犯罪」自由党・山本太郎「トンカチ買ったら準備罪」山手線内でプラカード強行→鉄道営業法35条www】の続きを読む

    このページのトップヘ