Revival Japan 日本復活を叫ぶ

反日 売国 偏見放送にゴリ押しステマ 可能な限り掲載していきます。

    管理人からのお願い。
    このような弱小ブログをご覧いただきありがとうございます。
    日々自分自身のため、家族のために日本から売国、反日、寄生住たちがいなくなるよう、情報の拡散に努めますのでよろしくご支援くだされば幸いです!

    アンケートをご用意しています。よろしければご覧ください。

    ニュースアンテナ OPEN

    タグ:産経新聞

    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1493763771/

    日の丸 日本国旗

    1: ■忍法帖【Lv=5,じごくのよろい,95e】 タヌキ◆RJGn7rgICeX. 2017/05/03(水)07:22:51 ID:gte
    ◆産経新聞「国民の憲法」は「国防」章を新設 朝日新聞は提言で「9条改定の要なし」 読売新聞試案は1章に「国民主権」 [産経ニュース 2017.5.3 05:30]


     3日で施行から70年を迎えた日本国憲法は、改正されていない成文憲法の中では世界最古の憲法となっている。国会での改憲議論は停滞しているが、過去には政党や政治家、民間団体、メディアがさまざまな改憲案を提起し、機運が盛り上がったこともあった。自衛隊を「軍隊」と明確に位置づけることや、緊急事態条項が必要との見解が目立ち、現行憲法の問題点を多くの政党、政治家らが認識していたことがうかがえる。

         ◇
     
     産経新聞は平成25年4月、現行憲法に代わる新憲法案として「国民の憲法」要綱を発表した。「日本国は先人から受け継いだ悠久の歴史をもち、天皇を国のもといとする立憲国家」と前文に記し、天皇を元首と位置づけた。また、現行憲法にない「国の構成」「国防」「緊急事態」の章を新設し、自衛と国際平和に寄与するための軍の保持、緊急事態における内閣の権限強化を定めた。

         ===== 後略 =====

    全文は下記URLで。
    http://www.sankei.com/politics/news/170503/plt1705030029-n1.html

    【【憲法改正】産経新聞「国民の憲法は国防章を新設」朝日新聞「9条改定は不要」読売新聞「国民主権」】の続きを読む

    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1493725590/

    正論

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2017/05/02(火)20:46:30 ID:???
    【テロ等準備罪】山で柴刈り、キノコ狩りは共謀罪? 音楽教室もダメ? 仰天の理屈で不安をあおる野党

     「山へ柴刈りに行こうか」と言ったら、共謀罪-。共謀罪の構成要件を厳格化した「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案をめぐり、野党がこうした極論を展開している。テロ等準備罪の対象犯罪には、テロとの関係が不明確の犯罪も含まれているという主張だ。確かに、柴刈りに行く相談をしただけで処罰されてはたまらないが、本当に法案の問題点を突く指摘といえるのか。誤解に基づく曲解で、ただいたずらに国民の不安をあおるだけの言説の可能性はないのか。(大竹直樹)

    続き 産経ニュース 全4ページ
    http://www.sankei.com/premium/news/170502/prm1705020005-n1.html

    【【テロ等準備罪】産経新聞「山で柴刈り、キノコ狩りは共謀罪!音楽教室もダメ!仰天の理屈で不安をあおる民進党」】の続きを読む

    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1493677528/

    つ鏡

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2017/05/02(火)07:25:28 ID:???
    言論封殺、続く闘い ネットで罵倒「新しい暴力」 朝日新聞阪神支局襲撃事件から30年

     朝日新聞阪神支局襲撃事件は、言論の自由を暴力や恐怖で封殺しようとする蛮行として、当時の社会に大きな衝撃を与えた。専門家は同事件について、「言論を暴力で封殺しようという戦後史でも特筆すべき出来事」と指摘する。同種の事件はその後も繰り返されており、近年はインターネットを通じた「新しい形の暴力」も活発化している。

    続き 産経ニュース 全2ページ
    http://www.sankei.com/affairs/news/170501/afr1705010030-n1.html

    【【マスゴミ】言論封殺!続く闘い!ネットで罵倒「新しい暴力」 朝日新聞阪神支局襲撃事件から30年】の続きを読む

    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1493238685/

    当然だろ

    1: ■忍法帖【Lv=5,じごくのよろい,95e】 タヌキ◆RJGn7rgICeX. 2017/04/27(木)05:31:25 ID:BLL
    ◆「蓮舫氏の二重国籍 問題をはっきりさせよ」民進・松原仁元拉致問題担当相 離党の都議候補推薦も [産経ニュース 2017.4.27 01:02]


     東京都議選(7月2日投開票)で民進党候補の離党が相次いでいますが、私の知る限り、党が嫌いで離党した人はいません。民進で選挙を戦いたいが、勝負の世界で明らかに勝てないと見切ったとき、「こうしないと勝てず、恩返しもできない。勝つために離党を許してくれ」と言ってくるケースが大半です。都連会長として、非常に忸怩(じくじ)たる思いです。

     もちろん、党はぎりぎりまで各選挙区に公認候補を擁立する努力は続けます。でも、今の民進党の支持率を考えると、離党する候補が自らの政治生命を維持するため、さまざまな選択肢を模索することは理解できなくない。問題は、党としてこの現象をどう捉えるかですよ。

     何が原因でこれだけ党勢が伸びないのか、どう事態を打開するのか、執行部はもっと科学的に分析してほしい。自民党の1強体制がいいと思っている人は少ないと思いますが、そうした人でも「だからといって、民進党に頑張ってほしいとは思わない」という声を聞きます。実際、世論調査の政党支持率に明快に表れていますよね。

         ===== 中略 =====

     例えば、蓮舫代表の「二重国籍」問題しかり。みんな「はっきりさせてほしい」と思っているのですから。それが釈然としないのなら、この件で国民が納得しているのかどうか世論調査もかけてみればいい。今はこの問題を正面から言う人は少なくなりましたが、それは忘れたのでなく、みんなまだ胸につかえているのです。戦略的にも、腹をくくってやるべきではないでしょうか。

         ===== 後略 =====

    全文は下記URLで。
    http://www.sankei.com/politics/news/170427/plt1704270008-n1.html

    【【泥船】産経新聞「蓮舫氏の二重国籍問題をはっきりさせよ!」民進党・松原仁元拉致問題担当相「離党の都議候補推薦も」】の続きを読む

    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1493122286/

    知ってた

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2017/04/25(火)21:11:26 ID:???
    【軍事ワールド】「韓国守る必要なし」トランプ氏に喝采送る米有権者、かつて「敵前逃亡」した韓国軍に“根深い”不信

     米大統領選で大方の予想を裏切り、今も共和党候補のトップを独走する不動産王、ドナルド・トランプ氏が、在韓米軍の撤退を筆頭に、韓国を軍事的に見捨てる発言を繰り返している。在韓米軍の撤退や核兵器保持の容認など、総じて「北朝鮮と韓国の戦争に、なぜ米国が巻き込まれなければならないのか」との、従来の米国の軸足を変えるような主張だが、有権者の多くに支持され、4月19日のニューヨークでの予備選では圧勝した。身勝手にもみえる発言の裏には、朝鮮戦争で「自分たちの戦争」を米国に押しつけて敵前逃亡した韓国軍のイメージが当時を知る人の間で浸透しているという事情がある。     (岡田敏彦)

    (略)

    韓国軍だけが悩みの種

     韓国という国家が消滅せず今も存在しているのは、朝鮮戦争(1950-53)で米軍中心の国連軍を率いたマシュー・リッジウェイ将軍の功績が一つの理由だ。同戦争で中国軍(表向きは義勇軍)が参戦してからの、困難な“後半戦”をしのいだ名将は自著「THE KOREAN WAR」(日本語版・恒文社)で、韓国軍のありのままの姿を描写している。

     「韓国軍の態度だけが私の悩みだった。進撃する中国軍は韓国軍部隊を次々と敗走させ、そのたび韓国軍は補充困難な、高価な多数の(米国供与の)装備を放棄した」。

     同様の描写は度々出てくる。51年5月の東部中央戦区では、中国軍の攻勢に韓国軍が「戦線の遙か後方まで駆逐され」た。そして「退却する韓国軍が放棄した装備は、肩をすくめるだけで済むものではなかった。それは完全装備の数個師団を充分に装備できた」と嘆いている。武器を放り出して敵前逃亡するのは韓国軍の常だったようだ。

     にもかかわらず、当時の韓国大統領の李承晩は「非武装の巨大な韓国の人的資源を米国の武器で武装させれば、米軍の兵員は少なくて済む」といった主張を繰り返し、リッジウェイを不快にした。

    続き 産経WEST 全6ページ
    http://www.sankei.com/west/news/160425/wst1604250006-n1.html

    【【米韓同盟】産経新聞「韓国守る必要なし!のトランプ氏に拍手喝采!かつて敵前逃亡した韓国軍に不信感」一年前の産経の記事が予言過ぎて震えるwww】の続きを読む

    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1493046561/

    知ってた

    1: ■忍法帖【Lv=5,じごくのよろい,95e】 タヌキ◆RJGn7rgICeX. 2017/04/25(火)00:09:21 ID:vhE
    ◆不倫問題の中川俊直氏に民進「人として最低」…どの口がいうか [産経ニュース 2017.4.24 23:33]

     どの口が言うか、と思うのは私だけではあるまい。

     不倫問題で経済産業政務官を辞任し、自民党を離党した中川俊直衆院議員に矛先を向け続ける民進党のことである。蓮舫代表は22日、東京都内で記者団にこう批判の言葉を重ねた。

     「離党すれば関係ないというのは極めて無責任だ」

     「報道されている内容が本当であれば、国会議員という前に人として最低だ」

     蓮舫氏の言い分が全く理解できないわけではない。不祥事を突破口に政権を揺さぶろうという姿勢が間違っているとも思わない。

     とはいえ、「人として最低」という言葉が自身に跳ね返る可能性を予見しない厚顔無恥ぶりには、ただただ恐れ入るばかりである。

     旧民主党時代の平成10年、当時の菅直人代表は、知人の元キャスターの女性と深夜のホテルで密会するなどしていたことを週刊誌に報じられた。当時、菅氏は「話の中身は人生全部にわたる」「誤解を招く行動があった」と釈明したものの、辞任や離党はしなかった。「国会議員という前に~」のはずが、堂々と公党の代表に居座り続け、のちに首相まで務めたのだ。

         ===== 中略 =====

     この3氏と、ストーカー行為について警察に注意を受けていたとされる中川氏のケースは、悪質性が全く異なるとみることもできよう。だが、国民から見れば「目くそ鼻くそ」である。

         ===== 後略 =====

    全文は下記URLで。
    http://www.sankei.com/politics/news/170424/plt1704240040-n1.html

    【【正論】産経新聞「不倫問題の中川俊直氏に民進党は人として最低というが」過去の不倫強姦未遂などをばらされるwww】の続きを読む

    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1492914947/

    1: ■忍法帖【Lv=4,じごくのよろい,95e】 タヌキ◆RJGn7rgICeX. 2017/04/23(日)11:35:47 ID:J77
    ◆「沖縄タイムス」「琉球新報」に県民が辟易… 「八重山日報」が本島進出、那覇に支局 「民意は一色ではない」 [産経ニュース 2017.4.23 11:30]

     八重山日報が4月から沖縄本島に進出し、朝刊の配達を始めた。本島では「沖縄タイムス」と「琉球新報」が100%近いと言われるシェアを誇っているが、「第3の地元紙」が登場するのは半世紀ぶりである。(夕刊フジ)

     読者からは「主要メディアの偏向報道を打破してほしい」という声が数多く寄せられているが、私は「誰かに対抗するためではなく、私たちの目指す『公正中立の報道』を実現するために進出した」と答えている。

     那覇市に支局を開設したのは2月だったが、直後から毎日のように本島の読者から購読申し込みの電話がかかってきた。4月に朝刊の配達が始まってからは配達員が不足し、スタッフが購読申し込みに対応できないほどになり「1カ月待ち」をお願いしなくてはならなかった。うれしい悲鳴だ。

     沖縄本島で新聞というと事実上、県紙2紙しかなかった。県紙の報道姿勢を一言で表すと「強烈な反基地イデオロギー」である。

     米軍基地が集中する現状を「構造的差別」と訴え、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の辺野古移設を「新基地建設」と呼んで徹底批判し、保守も革新も移設反対で結集するという「オール沖縄」勢力誕生の原動力となった。

         ===== 後略 =====

    全文は下記URLで。
    http://www.sankei.com/politics/news/170423/plt1704230002-n1.html

    【【オール沖縄】産経新聞「八重山日報の沖縄本土進出が好調で沖縄二紙が戦々恐々!オール沖縄崩壊?」】の続きを読む

    このページのトップヘ