【教育】「彼らの手口はヤクザと同じです。恫喝→誉め殺し→泣き落としのサイクルが延々と繰り返されます。」学童保育の問題は根が深い
スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1442024960/

縁をもったら法則発動 アルカニダ

1: 山梨◆lKceO1.r3A 2015/09/12(土)11:29:20 ID:a42
学童保育の指導員が政治的ビラを掲出したという産経新聞の記事がありました。
http://www.sankei.com/smp/west/news/150904/wst1509040079-s.html

学童保育の問題は本当に根が深いです。保育所と違って学童保育はちゃんとした法律がありません。児童福祉法第6条3の第2項法的根拠はこの一文のみです。

2 この法律で、放課後児童健全育成事業とは、小学校に就学しているおおむね十歳未満の児童であつて、その保護者が労働等により昼間家庭にいないものに、政令で定める基準に従い、授業の終了後に児童厚生施設等の施設を利用して適切な遊び及び生活の場を与えて、その健全な育成を図る事業をいう。

そもそも「学童保育」という言葉は共産党用語。(「全国学童保育連絡協議会」は、共産党支持団体)なので、各自治体は「放課後児童クラブ」とか「留守家庭育成センター」といったバラバラの名称を使用しています。

運営形態は、社会福祉協議会や社会福祉事業団などの外郭団体がやっているところが多く、自治体直営の場合でも、正規職員ではなく、嘱託職員が指導員をしているのがほとんどです。

外郭団体の指導員は、公務員ではないので、自治労や自治労連などの公務員労働組合には入れません。ので、多くは「全日本建設交運一般労働組合(建交労)」という共産党系の労働組合に所属しています。建設や交通系の労働組合なのに、なぜか学童保育指導員部門というのがあります。
no title


全文は「BLOGOS」の「学童保育の問題は根が深い」で

>>2へ続く

【【反日教育】学童保育の根深い問題「彼らの手口はヤクザと同じ!恫喝→誉め殺し→泣き落としのサイクルが延々と繰り返され洗脳!」】の続きを読む