Revival Japan 日本復活を叫ぶ

反日 売国 偏見放送にゴリ押しステマ 可能な限り掲載していきます。

    管理人からのお願い。
    このような弱小ブログをご覧いただきありがとうございます。
    日々自分自身のため、家族のために日本から売国、反日、寄生住たちがいなくなるよう、情報の拡散に努めますのでよろしくご支援くだされば幸いです!

    アンケートをご用意しています。よろしければご覧ください。

    ニュースアンテナ OPEN

    タグ:沖縄

    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1494042219/

    大丈夫www

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2017/05/06(土)12:43:39 ID:???
    沖縄の平均所得は203万円 最貧困県を維持し続ける“ある法則”の存在

     内閣府が行った調査によれば、沖縄県の県民一人当たりの所得水準は「203万5000円」。これは47都道府県中の最低額で、トップである東京都の「442万3000円」と比べると、2倍以上の開きがある。

     さらに、沖縄の「でき婚」率や若年出産率、シングルマザー世帯の出現率も高く、構造的に「貧困世帯」を生み出しやすい社会になっている。政府が2016年度の予算案に「沖縄子供の貧困緊急対策事業」10億円を計上し、現在、沖縄本島の各市町村が生活困窮世帯の子らに対応する事業を計画中だが、その背景にはこうした事情があるわけだ。

     なぜ沖縄県の所得は低いのか――。沖縄大学准教授で、現地にて企業再生事業も手がける樋口耕太郎氏が「新潮45」5月号に寄せた『最貧困県はいかに「維持」されているか』の中で、沖縄社会全体を貫いている“ある法則”について解説している。

    ■クラクションを鳴らさない

     樋口氏が沖縄でホテル経営を始めた時のことである。数多くいた非正規雇用者の中から、有能な十数名を選び、正規雇用への切り替えを提案したことがあった。しかし、予想に反し、その多くは辞退を申し出た。

    〈このような現象を見て、本土経営者たちは、「ウチナーンチュ(沖縄の人)は向上心がない」と結論づけるのだが、ウチナーンチュの立場で、ある意味「そうならざるを得ない」事情にまではほとんど理解が及ばない。私も、はじめはその理由がまったく理解できなかった〉(記事本文より引用、以下同様)

     10年以上の時間をかけて樋口氏が理解した“事情”、それは現状維持が鉄則で、出る杭の存在を許さない、「変わらない沖縄」の法則だった。このケースでいえば、他人を差し置いて昇給・昇格することがはばかられた、ということになる。こうした環境を、樋口氏は以下のように分析している。

    〈(沖縄社会は)コンビニで待たされても誰も怒らないし、レストランでぞんざいな仕打ちを受けてもクレームする顧客は少数だ。不注意運転にクラクションを鳴らすこともないし、待ち合わせをすっぽかされても嫌みのひとつも言わない(略)人が穏やかだから「クラクションを鳴らさない」、という面ももちろんあるが、それ以上に、「クラクションを鳴らせない」のだ。事情がどうであれ、声をあげる人物に社会的な圧力がかかるからだ。このことを理解せずに、沖縄の経済と貧困の本質を捉えることはできない〉

    続き デイリー新潮
    https://www.dailyshincho.jp/article/2016/06070601/?all=1

    【【貧困ビジネス】新潮「沖縄の平均所得は203万円!最貧困県を維持し続けるある法則の存在!」】の続きを読む

    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1493695209/

    変態だー

    1: ■忍法帖【Lv=9,ドラゴン,jFI】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/05/02(火)12:20:09 ID:s2d
    記事名/翁長知事、市長選4連敗で辺野古埋め立て阻止に打つ手なし?

     沖縄が一足早く暑い季節を迎えている。4月下旬には翁長雄志県政の今後を占う2つの大きな“事件”が立て続けに起こった。

     1つは4月23日に投開票が行われた沖縄本島中部のうるま市長選挙。もう1つは北部の名護市辺野古での埋め立て工事の着工だ。うるま市は、人口12万人あまりで沖縄では3番目に多い。市長選挙では、現職の島袋敏夫氏と前の県議の山内末子氏が争った。島袋氏を自民・公明が推薦したのに対し、山内氏を社民、共産、社大、自由、民進が推薦。翁長知事も投票日前の3日間、連日うるま市内に入り、街頭で山内氏の応援演説をした。

    人気ドライブコースの「海中道路」がある沖縄県うるま市

     一時は大接戦との観測が広がっていた。それを物語る世論調査の数字が飛び交い、投票日の2日前に話を聞いた自民党県連幹部は 「負けたら大変なことになる」とぼやいていた。 危機感を持った菅義偉官房長官が、現職の島袋氏を支持する市議会議員一人ひとりに電話をして「よろしく頼む」とハッパをかけたほど。無党派層の取り込みのため、終盤には小泉進次郎衆議院議員も応援に投入した。

     だが、ふたを開けてみると、5753票の大差で島袋氏が勝利。翁長知事を支える革新各党の「オール沖縄」はこれで、今年に入り1月の宮古島市長選、2月の浦添市長選と、県内の市長選挙で3連敗ということになる。さらにいえば、昨年の宜野湾市長選でも敗北しており、2014年12月に翁長氏が知事に就任して以来、県内の市長選挙ではすべて惨敗しているのだ。

     そもそも翁長氏のカリスマ性の源泉は、選挙に強いとされてきたこと。その翁長氏が応援しても勝てないとなると、影響力に翳りが出てくることは避けられない。(中略)

     かたや菅官房長官は、同じく投票日翌日の会見で「(県内の)11市のうち9つが翁長県政に否定的で、『オール沖縄』という言い方が現実とまったく違っている」と述べた。

     地元紙『沖縄タイムス』は、4月24日付の社説で、<敗北続きの翁長氏は剣が峰に立たされている。(中略)「オール沖縄」勢力は辺野古と直接関係のない選挙で、その壁を打ち破れない。民意を確認する県民投票の是非でも意見が割れており、辺野古ノーの取り組みは再構築を迫られている>と危機感を露にした。(中略)

     現地には移設反対派が集まり、作業が行われている米軍キャンプ・シュワブのゲート前で抗議活動を行ったり、カヌーで作業現場に接近を試みたりしたが、現地で取材した地元紙の記者によると、集まったのは100人程度だったという。県警幹部も、「最近はこちらが拍子抜けするほど抗議活動への参加者が目に見えて減ってきている。日によっては、警備にあたる機動隊員のほうが多いくらい」という。

    ◎全文は、日刊SPA 5月1日
    https://nikkan-spa.jp/1326153

    【【オール沖縄】日刊SPA「翁長知事、市長選4連敗で11市のうち9つが翁長県政に否定的!県警幹部から最近は拍子抜けするほど抗議活動の参加者が減ってると聞いたwww」】の続きを読む

    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1493716149/
    1: ■忍法帖【Lv=9,ドラゴン,jFI】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/05/02(火)18:09:09 ID:s2d
    軍関係者の生活 @sgtm4md

    実例【退職に追い込む活動家】

    4/28 #辺野古 で無許可集会が開かれた。バス運転士さんが本音をTwitterで呟くと、一斉に会社へ鬼のような電話。このような圧力により、沖縄は本音を言えない。
    no title
    記事は、労組の動員を証明。 
    午後4:26 ・ 2017年5月2日

    【【沖縄基地移設問題】実例:退職に追い込む活動家の手口「バス運転士さんが本音をTwitterで呟くと一斉に会社へ鬼のような電話」→運転手を退職に追い込む!】の続きを読む

    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1493604197/

    なにいってんの


    1: ■忍法帖【Lv=9,ドラゴン,jFI】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/05/01(月)11:03:17 ID:RMC
    記事名<社説>辺野古県民集会 沖縄は屈しない、諦めない 2017年5月1日 06:02

     国が強行する名護市辺野古の新基地建設を阻止するとの強い意思が示された集会だった。米軍キャンプ・シュワブゲート前に29日結集した約3千人(主催者発表)は国の強硬姿勢にノーを突き付け、今後も決して屈しない、諦めないという固い決意を改めて確認した。

     今回は沖縄防衛局がシュワブ沿岸の護岸工事に着手してから初の大規模集会だった。新基地反対に加えて、「共謀罪廃案」「4・28屈辱の日を忘れない」、さらに米軍属女性暴行殺人の被害者への追悼も掲げた。

     いずれも、1952年4月28日発効のサンフランシスコ講和条約を根源として今につながる地続きの問題だ。 日本から切り離された後、米施政権下の沖縄では、強権的な基地接収が相次いだ。一方、高度経済成長に走る中で、本土の米軍基地は次々と沖縄に移されてきた。住民の生命や尊厳が奪われた事件・事故をはじめ、騒音被害、環境汚染、人権侵害が繰り返され、今なお解決に至っていない。復帰を境に、抑圧者が米国から日本政府に入れ替わっただけだ。

     集会決議は「政府による工事強行、それを追認する司法、三権一丸となって沖縄に襲いかかっている」と、 21世紀の「銃剣とブルドーザー」を厳しく指弾している。

     県民は知事選や国政選挙などで新基地建設反対の意思を何度も表明してきた。その要求を無視し、対話を閉ざして、強大な権力で沖縄をねじ伏せようとしているのが安倍政権だ。法解釈を変えてまでも沖縄には他府県並みの民主主義や人権を許さず、構造的差別と植民地主義を持ち込む。これでは独裁国家かと見まごうばかりだ。辺野古の現場では多くの人たちが非暴力の闘いを重ねてきた。その抗議行動を抑圧すると危惧されているのが共謀罪だ。法案が成立すれば、抗議しようと話し合っただけで捜査当局が踏み込んできかねない悪法である。

    (中略)

     沖縄は戦後、人権や自治権を求める運動を続け、自らの手で勝ち取ってきた歴史と誇りがある。その不屈の精神は今後も続く。

    ◎琉球新報 5月1日
    http://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-488180.html

    【【外観誘致】琉球新報「沖縄は屈しない諦めない。沖縄は戦後、人権や自治権を求める運動を続け勝ち取ってきた。その不屈の精神は今後も続く」】の続きを読む

    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1493442724/

    1: ■忍法帖【Lv=8,ドラゴン,jFI】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/04/29(土)14:12:04 ID:959
    2017/4/29
    記事名/辞職勧告の石嶺かおり市議、自衛隊員宿舎の家族を遠巻きに撮影

    写真:石嶺かおり市議が撮影した自衛官宿舎など
    no title

    no title

    no title

    no title



    「自衛隊が来たら絶対に婦女暴行事件が起こる」
    この暴言投稿で宮古島市議会から辞職勧告を受けた石嶺かおり市議が、辞職を拒否したまま自衛隊批判を再開した。
    23日に行われた「与那国島駐屯地創立1年記念行事」を訪れた石嶺市議は、無断で駐屯地を撮影しようとして警備の自衛隊員に制止されたことに対し難癖をつけるような投稿をしている。石嶺市議は撮影禁止等の注意事項がフェンスに掲げられていることに触れ、以下のように苦言を呈した。

    ----
    「離れた場所にある家族連れの自衛隊員が暮らす宿舎の周りにも張り出されていました。
    いくら反対する人でも、自衛隊員の家に行って抗議する人はいないのでは…と思いますが、そんな物を家の周りに
    張られて暮らす自衛隊員の気持ちはいかばかりでしょうか。」
    https://www.facebook.com/ishiminekaorikouenkai/posts/1374307289283526
    ----

    どうやら、この御仁は反戦運動における重要な案件となった「立川反戦ビラ配布事件」を知らないようだ。
    管理者から立ち入りを拒否された活動家が、自衛隊宿舎に反戦ビラをポスティングしたことで逮捕起訴され罰金刑を言い渡されている。
    また、石嶺市議は後援会のフェイスブックページに、自衛隊員宿舎の敷地内で余暇を過ごす家族を遠巻きに撮影して投稿している。スケボーに乗る子供と、それを見守る両親が確認できる。

    ◎全文は下記からどうぞ(・ω・)ノ
    ksl 4月29日
    http://ksl-live.com/blog8648

    【【反日活動再開】辞職勧告拒否の共産党・石嶺かおり市議が活動再開!自衛隊宿舎を徘徊し家族の写真をアップして無知全開発言とやりたい放題】の続きを読む

    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1493446286/

    無理

    1: ■忍法帖【Lv=8,ドラゴン,jFI】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb 2017/04/29(土)15:11:26 ID:959
    記事名「それでも私たちは屈しない」 県民集会に3千人【決議全文掲載】

    2017年4月29日 11:35
     名護市辺野古のキャンプ・シュワブゲート前で29日午前11時から開催された「辺野古新基地建設阻止!共謀罪廃案!4・28屈辱の日を忘れない県民集会」には約3千人(主催者発表)が参加した。

    集会最後には「普天間基地の『国外・県外』移設の要求は無視され続けている。それでも私たちは屈しない」との決議を採択するなど、抗議の声を上げ建設阻止を誓った。【下記に集会決議全文】

     主催者を代表して県憲法普及協議会の高良鉄美会長は「屈辱の思いを忘れずに、辺野古新基地建設を造らせないために頑張ろう」と呼び掛けた。そのほか稲嶺進名護市長、山城博治沖縄平和運動センター議長、国会議員らが登壇し、連帯を訴えた。集会に参加したうるま市の島袋清正さん(72)は「沖縄は『屈辱の日』という悔しい目に遭い、復帰後も基地は減らず事件事故が続いている。だが集会にこれだけの県民が集まった。必ず新基地建設を止めることができる」と力を込めた。【琉球新報電子版】


    辺野古新基地建設を阻止を誓い、拳を上げる参加者=29日正午すぎ、名護市辺野古のキャンプ・シュワブゲート前
    辺野古新基地建設阻止!共謀罪廃案!4・28屈辱の日を忘れない県民集会決議

     安倍政権は、県民の民意を踏みにじり、4月25日、辺野古・大浦湾の美ら海を埋め立てる護岸工事を強行した。 あの「屈辱の日」、日米講和条約から65年を経て、本土復帰から間もなく45年がたとうとしている。この間、沖縄は、日米政府に何度民意を踏みにじられ、切り捨てられただろうか。1963年、ときの高等弁務官キャラウェイが述べた「沖縄住民による自治は神話にすぎない」との言葉に象徴されるように、本土復帰前の沖縄では、占領者たる米軍が暴政の限りを尽くした。復帰後、日本政府も同様に、沖縄県民の自治権、民主主義、基本的人権をないがしろにしてきた。(中略)
     安倍政権は、憲法に基づく県民の「表現の自由」を陸では機動隊に、海では海上保安庁にと、警察権力を総動員してねじ伏せている。政府による県民弾圧が繰り返された結果、今や不当に逮捕された仲間は30人にのぼる。 もはや、この国は安倍総理による独裁国家と言っても過言ではない。

    全文は→琉球新報 4月29日
    http://ryukyushimpo.jp/news/entry-487491.html

    【【反日集会】琉球新報「屈辱の日を忘れない県民集会!約3千人の決議!本土復帰前は米軍が暴政の限りを尽くし現在は安倍総理による独裁国家」】の続きを読む

    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1492914947/

    1: ■忍法帖【Lv=4,じごくのよろい,95e】 タヌキ◆RJGn7rgICeX. 2017/04/23(日)11:35:47 ID:J77
    ◆「沖縄タイムス」「琉球新報」に県民が辟易… 「八重山日報」が本島進出、那覇に支局 「民意は一色ではない」 [産経ニュース 2017.4.23 11:30]

     八重山日報が4月から沖縄本島に進出し、朝刊の配達を始めた。本島では「沖縄タイムス」と「琉球新報」が100%近いと言われるシェアを誇っているが、「第3の地元紙」が登場するのは半世紀ぶりである。(夕刊フジ)

     読者からは「主要メディアの偏向報道を打破してほしい」という声が数多く寄せられているが、私は「誰かに対抗するためではなく、私たちの目指す『公正中立の報道』を実現するために進出した」と答えている。

     那覇市に支局を開設したのは2月だったが、直後から毎日のように本島の読者から購読申し込みの電話がかかってきた。4月に朝刊の配達が始まってからは配達員が不足し、スタッフが購読申し込みに対応できないほどになり「1カ月待ち」をお願いしなくてはならなかった。うれしい悲鳴だ。

     沖縄本島で新聞というと事実上、県紙2紙しかなかった。県紙の報道姿勢を一言で表すと「強烈な反基地イデオロギー」である。

     米軍基地が集中する現状を「構造的差別」と訴え、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の辺野古移設を「新基地建設」と呼んで徹底批判し、保守も革新も移設反対で結集するという「オール沖縄」勢力誕生の原動力となった。

         ===== 後略 =====

    全文は下記URLで。
    http://www.sankei.com/politics/news/170423/plt1704230002-n1.html

    【【オール沖縄】産経新聞「八重山日報の沖縄本土進出が好調で沖縄二紙が戦々恐々!オール沖縄崩壊?」】の続きを読む

    このページのトップヘ