Revival Japan 日本復活を叫ぶ

反日 売国 偏見放送にゴリ押しステマ 可能な限り掲載していきます。

    管理人からのお願い。
    このような弱小ブログをご覧いただきありがとうございます。
    日々自分自身のため、家族のために日本から売国、反日、寄生住たちがいなくなるよう、情報の拡散に努めますのでよろしくご支援くだされば幸いです!

    アンケートをご用意しています。よろしければご覧ください。

    ニュースアンテナ OPEN

    タグ:拉致問題

    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1492687235/

    当然だろ

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2017/04/20(木)20:20:35 ID:???
    【北朝鮮拉致】「拉致を第一、最優先に」 拉致議連総会に家族出席、有事の被害者保護は「政府が責任を」

     20日に開かれた超党派の拉致救出議員連盟総会に拉致被害者家族会代表で田口八重子さん(61)=拉致当時(22)=の兄、飯塚繁雄さん(78)が出席し、「被害者は精神、肉体ともに限界に達している。拉致問題を第一、最優先に一致団結して、被害者帰国という目標へ力添えをお願いしたい」と訴えた。

    (略)

     一方、北朝鮮の宋日昊(ソン・イルホ)・朝日国交正常化交渉担当大使が平壌で日本の報道陣に対し、残留日本人問題などへの取り組みを示唆した上で「拉致には誰も関心がない」と述べたことについて飯塚さんは「(宋氏が)以前から言い続けてきたことで経済支援を取り出す意図もあるのでは。思惑の中の戦術だ」と冷静に語った。

    全文 産経ニュース
    http://www.sankei.com/world/news/170420/wor1704200042-n1.html

    【【北朝鮮拉致問題】拉致議連総会に家族出席「拉致を第一、最優先に。有事の被害者保護は政府が責任を」】の続きを読む

    【日本共産党】志井委員長「北朝鮮に対し軍事力で対応する事は許さぬ、日本は対話のみで対応せよ」「戦争法廃止・安倍政権退陣後に日米安保撤廃するのが立憲主義掲げる我々の目標」
    スレッドURL: http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1458361985/

    みんな基地外
    1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2016/03/19(土)13:33:05 ID:39Q
     日本共産党大阪府委員会は18日夜、大阪市内で志位和夫委員長を迎え演説会を開きました。会場の大阪市中央体育館は、参院選での野党共闘の勝利、日本共産党躍進を必ず勝ち取ろうと熱気に包まれました。

     参院選の対決構図は「『自公とその補完勢力』対『5野党プラス市民・国民』です」と強調した志位氏は、「憲法違反の戦争法を強行した自民・公明とその補完勢力を少数に追い込み、安倍政権を退陣させ、新しい政治の扉を開く選挙にしていこう」と訴え、野党共闘の成功、日本共産党の躍進という二つの大仕事をやり抜く決意を表明しました。

     志位氏は「戦争法を廃止し立憲主義を取り戻すことは参議院選挙の大争点です」と強調。戦争法を放置することの危険性を2点にわたり告発しました。

     第一は、自衛隊が戦後初めて外国人を殺し、戦死者を出すという危険が現実のものになることです。南スーダンPKO(国連平和維持活動)に派兵されている自衛隊の任務拡大の問題にふれ、「一度、少年兵や民間人を撃ってしまったら、取り返しがつきません。憲法違反の戦争法は廃止しかありません」と訴えました。

     ここで志位氏は、自民・公明両党が北朝鮮による核・ミサイル問題をあげて「安保法制廃止で日本を守れるのか」と主張していることにふれ、北朝鮮による核・ミサイル開発は国連決議に違反する暴挙であり、厳しく抗議すると強調。「同時に解決の方法は対話しかありません」と述べ、「北朝鮮を6カ国協議という対話のテーブルにつかせるための国際社会の一致結束した外交努力こそ何よりも大切です。北朝鮮の軍事挑発に対して、日本が戦争法=軍事で構えたら、軍事対軍事の悪循環におちいるだけです。北朝鮮問題を利用して、戦争法を合理化することは、ひとかけらの道理もありません」と断じました。

    第二は、立憲主義の破壊という問題です。志位氏は「権力が憲法を無視して暴走し始めたら、独裁政治の始まりになる」と告発しました。

     高市早苗総務相による放送局の「電波停止発言」を、「表現の自由」を保障した憲法21条を踏み付けにするものだと批判。「戦争法強行と一体に、憲法違反の暴言が閣僚によって平然となされ、法治国家としての土台が崩されつつあることは、極めて重大です」と強調。与党による「野合」批判に痛烈に反論しつつ、野党共闘が掲げる「立憲主義回復」という課題が国民的大義をもつものであることを訴えました。

     志位氏は、安倍首相が改憲のテーマとして「緊急事態条項」の新設を挙げ、憲法9条2項の改定を公然と打ち出していることを指摘し、「日本国憲法と絶対に両立できない戦争法の強行は、明文改憲への衝動をさらに強めるものとなっています」と強調。「戦争法廃止・立憲主義回復という希望ある道に進むのか、解釈改憲に続く明文改憲で戦争国家、独裁国家への転落か―日本の政治は文字通りの歴史的岐路に立っています。戦争法廃止のたたかいと一体に、あらゆる明文改憲の企てを許さないたたかいを強めることを、心から呼びかけます」と訴えました。

     志位氏は、戦争法廃止が、日本の政治に立憲主義、民主主義、平和主義を取り戻す意義があるとともに、異常な「アメリカ言いなり政治」を打破する重要な一歩になると提起。「日米安保条約を国民多数の合意で廃棄することを綱領に掲げている日本共産党の躍進は、この悪法を廃止する確かな力となります」と強調しました。

    「私たちは、『国民連合政府』こそが安倍政権に代わる現実的で合理的な政権構想だと確信しています」と述べ、「日本共産党の躍進で『国民連合政府』への道を開こう。立憲主義、民主主義、平和主義貫く新しい政治、すべての国民の『個人の尊厳』を守り、大切にする社会をつくるために力をあわせましょう」と呼びかけました。

    http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2016-03-19/2016031901_01_1.html

    【【安保】日本共産党・志位和夫委員長「北朝鮮に対し軍事力で対応するな!対話のみで対応!戦争法廃止!安倍政権退陣後に日米安保撤廃する!」】の続きを読む

    【朝日新聞】北朝鮮の拉致調査中止発表に横田早紀江さん「政府は北に強く出て」 蓮池透「日本が制裁再開したのは間違い。日朝対話遠のいた」在日韓国人の鄭甲寿「朝鮮学校への風当たり強まり心配」
    スレッドURL: http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1455325766/

    えっなんて?

    1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2016/02/13(土)10:09:26 ID:eay
    核実験の強行、事実上の長距離弾道ミサイルの発射に続いて、北朝鮮が12日夜、拉致被害者ら日本人に関する包括的な調査を中止すると発表した。日本政府が北朝鮮への独自の制裁措置を決めたことへの対抗措置だ。

     拉致被害者の横田めぐみさんの母、早紀江さん(80)は「再調査が始まって1年半以上も報告もなく、いい加減なことばかりやっている国。私たち家族はずっと怒り続けているのに、やられっぱなしで、何とも言いようがない」と無力感をあらわにした。日本政府に対して「いろいろな形で強く言ってほしい。家族は祈りながら、待っているだけです」と話した。

     一方、拉致被害者の蓮池薫さんの兄、透さん(61)は「日本として『対話の扉は閉ざさない』というのなら、ストックホルム合意のときに日本側が解除した独自制裁を、いま復活させるべきではなかった」と残念がる。「日朝が改めて合意して交渉が再開するのにまた3~4年はかかるかもしれないと思うと、気が遠くなる」と語った。

     特定失踪者問題調査会の荒木和博代表は「北朝鮮側の動きはなく、調査はとっくに事実上の中止に追い込まれている。北朝鮮側は日本政府が困ると思っているのだろうが、日本側は動揺せずに独自制裁を続け、国際的圧力を強めていくことが重要だ。そのうち、向こう側が動きを見せるだろう」との見方を示した。

     在日コリアンで、南北統一を願うイベントを手がける鄭甲寿(チョンカプス)さんは「各国の制裁への反発として予想はできた行動だ。北朝鮮の強硬な対応により、アジアは非常に不安定な状況になってしまうだろう。国内では朝鮮学校への風当たりが強くなることが心配だ」と言った。

    http://www.asahi.com/articles/ASJ2F007WJ2DUTIL064.html

    【【拉致問題】朝日新聞「北朝鮮の拉致調査中止発表に家族会や在日韓国人らから政府に批判続出が殺到!」】の続きを読む

    【政治】北朝鮮 拉致調査中止を表明 日本の独自制裁決定で
    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1455283674/

    どの口が言ってるの?

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/02/12(金)22:27:54 ID:mIP
    北朝鮮、拉致再調査中止を表明
    日本の独自制裁決定で

    共同通信
    http://this.kiji.is/70866722213101573?c=39546741839462401

    【【拉致問題】北朝鮮 拉致調査中止を表明!日本の独自制裁決定で】の続きを読む

    【拉致問題】蓮池透氏の著書「冷血な面々」に家族から怒りの声続出!「救出運動の邪魔しないで」「明らかにうそ。講談社も責任を!」
    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1454144058/

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/01/30(土)17:54:18 ID:PB9
     北朝鮮による拉致問題に関する安倍晋三首相らの姿勢を批判した著書を出版した拉致被害者、蓮池薫さん(58)の兄、透さん(61)に対し、1月28日に東京都内で開かれた集会で、ほかの拉致被害者の家族から怒りや悲しみの声が上がった。ある家族の怒りは発行元の出版社にも及んだ。

    本のタイトルにある「冷血な面々」は蓮池透さんと講談社

     著書は『拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々』(講談社)。安倍首相に関し、拉致問題を政治利用したなどと批判し、1月12日の衆院予算委員会では、民主党の緒方林太郎氏が、著書を元に「拉致を使ってのし上がったのか」などと問い、安倍首相が激怒したことで話題を集めた。

     1月28日の集会で、まず声を上げたのは、拉致被害者、有本恵子さん(56)=拉致当時(23)=の父、明弘さん(87)だった。

     「蓮池透氏が講談社の本の中に、安倍首相の批判を書いて、その批判を拉致家族を見殺しにした安倍晋三というタイトルで書いてきた。私はこのことに対し、ものすごく怒りを覚えている一人で、家族会は団結してこれにものをいわなければならないという思いがあって、私の考えを書類にしてもってあがりました」

     そう話すと、明弘さんは用意してきた文書を読み始めた。まず批判の対象となったのは、透さんの著書のタイトル。明弘さんは「表紙は、安倍首相のイメージを下げるための表紙であって全くの虚偽の表紙であります」と話した。

     1月12日の衆院予算委の様子を明弘さんはテレビで見ていたという。「首相は、講談社が販売したこの本に策謀と声を荒げて発言しました。私もその通りだと思っています。そこに講談社が入っていることは明白であります」

     透さんの著書では、拉致問題に対する安倍首相の姿勢を批判しているが、明弘さんは「安倍首相は、交渉の入口にいて、今から解決していこうとしてくれているのであり、罪作りは蓮池透氏である」と主張した。

     さらに、衆院予算委で安倍首相が「国論を二分しようという策謀にひっかかっていてはだめ」と発言したことに触れ、「講談社幹部は、この現実をどう見ているのか、憲法に保証された言論の自由と思っているのか明らかにするべきです。本は、明らかにうその蓮池透氏の思いであり、講談社、蓮池透氏、その協力者には責任の取り方も知っておくべきであります」と訴えた。

    続き 産経ニュース
    http://www.sankei.com/smp/premium/news/160130/prm1601300031-s.html

    【【拉致問題】蓮池透氏の著書「冷血な面々」に家族から怒りの声続出!「救出運動の邪魔しないで」「明らかにうそ。講談社も責任を!」】の続きを読む

    【参院予算委詳報】 安倍首相と「日本のこころ」党の中山恭子氏、北朝鮮の工作活動を批判 「蓮池薫さん兄は、ある意味で拉致問題被害者」「北の工作に乗ってはならない」
    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1453200789/

    正論

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/01/19(火)19:53:09 ID:r78
     19日に行われた参院予算委で、日本のこころを大切にする党の中山恭子代表が安倍晋三首相に対して行った、北朝鮮による拉致問題などに関する質疑の主なやり取りは以下の通り。

    (略)

     中山氏「ぜひ今年、ある意味ではチャンスといえるかもしれませんので、被害者救出に集中した作業を進めていただきたいと思っております。拉致被害者の救出は政府のみならず、国として国民を守れるかどうかの問題であります。国会でも超党派で政府を応援し、後押ししている問題でございます。

    蓮池透さんの本につきまして、これは私は国会で取り上げる問題ではないと考えておりましたが、先日衆議院予算委員会でこの本に関連し、総理に対し、事実確認もしないまま総理の名誉を傷つける発言がございました。この本については事実と異なることがたくさん書かれております。違っている箇所を指摘し、抗議をしようか、との意見もございました。抗議するかどうか、被害者家族の方々や救う会とも相談しましたが、この本は北朝鮮のある種の工作活動の一環であるとの考えから、まともに取り上げるものではないので、無視することと致しました。

    緒方(林太郎)議員が取り上げた安倍、中山両氏は弟たちを一度たりとも止めようとはしなかったといった部分につきまして、当時の安倍官房副長官の部屋で関係省庁のメンバーで開かれていた会議を思い出しました。帰してはならないとの主張に対し、中山参与は5人の中に北朝鮮に帰りたいという人がいたら、ヒモで縛り付けてでも日本にとどめる、とどめよ、というのかといった議論もございました。そのようななか、5人を国家の意志で日本にとどめると決断してくださったのが、当時の安倍官房副長官でした。どれほどにうれしかったことでしょう。このようなこと、話し出せばきりがありません。今はその時期ではないと考えております。

    透さんはご自身では気付かれてはいないかもしれませんが、工作関係者に利用されていると考えています。ある意味では透さんも拉致問題の被害者といえるかもしれません。当時も北朝鮮側から安倍、中山、齋木が日本の3悪人と指名されておりました。今回は安倍、中山、横田を3悪人としたいようでございます。思ったように利益が得られなくなると、このような工作活動が動き出します。日本国内に工作活動をする動きが日常的にあることを、日本の人々が知っていることが大切です。特に国会議員がそのような動きに乗せられてしまうことはあってはなりません。総理のご見解を伺います」

     首相「当時の議論としてはですね、いわば5人の被害者については、再び北朝鮮に戻すべきだとの論調は強くマスコミ等にもあったわけでございます。私と中山参与とで、それぞれ拉致被害者ご本人との接触の中においてですね、最終的に日本にとどまる意志を確認したのでございますが、その際ですね、5人の意志でとどまるということではなくて、国家の意志として残す、ということを外に出そうと。そうしなければ、5人の被害者の方々のご家族に累が及ぶ懸念があると、そう判断し、われわれは国家の意志として、表に出していく。これは政府でもずいぶん議論があったところでございますが、そう決定したところでございます。それは中山参与の強いご意見でもあった。しかし当時はですね、個人の考え方を国家が超えていいのかという批判をわれわれずいぶん受けた。ここで大切なことは、北朝鮮は国論を二分しようとさまざまな工作をするわけでございます。それに乗ってはならないだろうと、こう思うわけでございます。

    以下略 全文 産経ニュース
    http://www.sankei.com/politics/news/160119/plt1601190018-n1.html

    【【参院予算委】 安倍首相と「日本のこころ」党の中山恭子氏、北朝鮮の工作活動を批判 「蓮池薫さん兄は、ある意味で拉致問題被害者」】の続きを読む

    【拉致問題】民主・緒方氏の質問は「全くの嘘」 熊本の講演会で被害者家族らが批判
    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1452820133/

    縁をもったら法則発動 アルカニダ

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/01/15(金)10:08:53 ID:3vS
     12日の衆院予算委員会で民主党の緒方林太郎氏(比例九州)が「首相は拉致を使ってのし上がったのか」と発言したことが、拉致被害者の早期帰国を求める家族らに波紋を広げている。熊本市で13日夜に開かれた講演会では、特定失踪者問題調査会の荒木和博代表や拉致被害者家族が、緒方氏の発言を批判し、解決への期待を改めて示した。

     緒方氏は予算委において、拉致被害者の蓮池薫氏の兄で、家族会元事務局長の透氏による著書「拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々」(講談社)を引用した。特に、平成14年の拉致被害者5人の帰国に際して、当時官房副長官だった安倍首相が、5人が北朝鮮に戻ることを止めようとはしなかった、などとする記述があることを紹介した。蓮池透氏について家族会は22年3月、退会を決めた。

     講演会で荒木氏は「緒方氏の質問で出たことは全くの嘘。平成14年に一時帰国した5人を、安倍首相と内閣参与だった中山恭子氏の2人が『北朝鮮に帰さない』と主張してブレーキがかかったのが事実だ。北朝鮮に戻そうと躍起になっていたのは、緒方氏の出身である外務省だった。緒方氏はまさに自分で自分に唾を吐いた格好だ」と批判した。

     一方で荒木氏は、拉致被害問題を再調査するとした26年5月のストックホルム合意から1年半が経過した現在も、進展がない状況についても憤った。「(政府は)具体的に交渉を進めていないことは反省してほしい。政治家は拉致でのし上がってもよい。被害者を救出してくれたら、それで十分だ」と訴えた。

    続き 産経ニュース
    http://www.sankei.com/region/news/160115/rgn1601150013-n1.html

    【【拉致問題】民主党・緒方林太郎「拉致被害者を返そうとしたのは総理!」→被害者家族「緒方氏の質問は嘘!」熊本の講演会で被害者家族らが批判】の続きを読む

    このページのトップヘ