Revival Japan 日本復活を叫ぶ

反日 売国 偏見放送にゴリ押しステマ 可能な限り掲載していきます。

    管理人からのお願い。
    このような弱小ブログをご覧いただきありがとうございます。
    日々自分自身のため、家族のために日本から売国、反日、寄生住たちがいなくなるよう、情報の拡散に努めますのでよろしくご支援くだされば幸いです!

    【備忘録】声優・緒方恵美さんの政治絡みのツイにパヨ発狂www 必死に説得しようとするパヨたちのツイに反論してみる【長文】自民党審議拒否の簡単な説明も読んでね!

    【備忘録】フジテレビ・バイキング番組スポンサーお問合せ先一覧

    その他の【備忘録】一覧

    ニュースアンテナ OPEN

    タグ:少子化対策

    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1493981853/

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2017/05/05(金)19:57:33 ID:???
    海外の少子化対策どこが違う? 出生率が大幅上昇した先進国と日本を比較

     人口減少が始まった日本では、少子化対策が大きな課題になっています。日本より先に合計特殊出生率(出生率)の低下が始まった欧米各国など海外ではどのように少子化の問題に取り組んでいるのでしょう。内閣府の2016年版少子化社会対策白書から少子化の現状についての国際比較を取り上げます。

    子育て「両立支援」が進んだフランス、スウェーデンで出生率が特に回復

     まずは、欧米(アメリカ、フランス、スウェーデン、イギリス、イタリア、ドイツ)の合計特殊出生率の推移をみます。1960年代までは、全ての国で2.0以上の水準でしたが、1970(昭和45)年から80(昭和55)年ごろにかけて、低下傾向となり、2.0を割り込むように。背景には、子どもの養育費の増大、結婚・出産に対する価値観の変化、避妊の普及等が挙げられています。

     その中で、90年ごろからは、出生率が回復した国も出てきました。特に、フランスやスウェーデンは、出生率が1.5~1.6台まで低下した後、フランス1.98、スウェーデン1.88(ともに2014年)まで戻っています。

     白書では、フランスは、家族手当等の経済的支援中心から、90年代以降、保育の充実へとシフトし、さらに出産・子育てと就労に関して幅広い選択ができるよう「両立支援」の環境整備を強める方向で家族政策が進められた、としています。またスウェーデンは、経済的支援と併せ、保育や育児休業制度といった、こちらも「両立支援」の施策が比較的早い時期から取り組まれてきた、と指摘しています。

    続き Yahoo!ニュース/THE PAGE 5/5(金) 13:10配信 全2ページ

    【【少子化対策】Yahoo!「海外の少子化対策スゲー!出生率が大幅上昇した先進国!!!日本も見習えwww」】の続きを読む

    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1493899346/

    正論

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2017/05/04(木)21:02:26 ID:???
    【単刀直言】自民党・三原じゅん子参院議員 「少子化対策がなぜ保育だけなの?」「無条件の味方がいることが何よりありがたい。家族ってそういうもんですよね」

     少子化対策というと、どうしてすぐに保育に結びついてしまうのでしょうか。不思議でたまりません。こんなことを言うと古くさいと思われるかもしれないけど、私たちが子供の頃、「将来何になりたい?」と聞かれたら大抵は「花嫁さん」と答えたでしょ。

     でも今は男女とも結婚願望がない。結婚したい人が減っている現状を何とかせず、どうして子供が増えるんですか。政府は待機児童解消に4兆円をつぎ込んでいますが、結婚に関する予算はたった40億円。予算配分を間違えていると思いますよ。

     それに「婚活」という言葉がとても軽く受けとめられているでしょ。社会の根幹を構成する最小単位は家族なんですよ。その家族が減っていけば、労働力は失われ、財源も減っていく。国力低下に直結する非常に重大な問題なんです。

     結婚への関心が薄くなった原因は地域コミュニティーの減少だと思います。昔はあちこちにお見合い写真を持ち歩く「お節介(せっかい)おばちゃん」がいたじゃないですか。地域が、人と人を、家族と家族をつないでいたんですよ。

    続き 産経ニュース 全4ページ
    http://www.sankei.com/premium/news/170430/prm1704300032-n1.html

    【【少子化対策】自民党・三原じゅん子参院議員「少子化対策がなぜ保育だけ?無条件の味方がいることが何よりありがたい。家族ってそういうもの」】の続きを読む

    【政治】自民党が移民に関する議論開始、3月中旬に特命委発足=木村参院議員
    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1456992386/

    非韓三原則

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/03/03(木)17:06:26 ID:DBf
    [東京 3日 ロイター] - 自民党は、3月中旬に「労働力の確保に関する特命委員会」を立ち上げ、移民を含めた労働力としての外国人の受け入れに関する議論を開始する。特命委の委員長となる木村義雄参院議員が3日、ロイターに明らかにした。

    同委では4月中に提言をまとめ、政府に提出する。木村氏が委員長を務め、顧問に野田毅氏、村上誠一郎氏、逢沢一郎氏などを迎える。

    特命委の目的について、木村氏は「50年のタブーを破って、外国人の労働力としての受け入れに関する議論に踏み込む」と述べた。

    続き ロイター
    http://jp.reuters.com/article/idJPT9N13P02R

    【【悲報】自民党が移民に関する議論開始!3月中旬に特命委発足!】の続きを読む

    このページのトップヘ