Revival Japan 日本復活を叫ぶ

反日 売国 偏見放送にゴリ押しステマ 可能な限り掲載していきます。

    管理人からのお願い。
    このような弱小ブログをご覧いただきありがとうございます。
    日々自分自身のため、家族のために日本から売国、反日、寄生住たちがいなくなるよう、情報の拡散に努めますのでよろしくご支援くだされば幸いです!

    【備忘録】声優・緒方恵美さんの政治絡みのツイにパヨ発狂www 必死に説得しようとするパヨたちのツイに反論してみる【長文】自民党審議拒否の簡単な説明も読んでね!

    【備忘録】フジテレビ・バイキング番組スポンサーお問合せ先一覧

    その他の【備忘録】一覧

    ニュースアンテナ OPEN

    タグ:ヘイトスピーチ

    【しばき隊】ぱよぱよちーんなど「バカを黙らせ自由に物言えなくするため」、ヘイトスピーチ法規制は必要だ
    スレッドURL: http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1447234921/

    韓国は黙れ


    1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2015/11/11(水)18:42:01 ID:dZ0
    C.R.A.C.@cracjp C.R.A.C.さんがリツイートしました 山口貴士
    こういうバカな弁護士を黙らせて「自由に」ものを言えなくさせるためにも、法律で何がヘイトスピーチかきちっと決めといたほうがいいですね。@otakulawyer C.R.A.C.さんが追加

    山口貴士 @otakulawyer
    「ぱよぱよちーん」をRTしたり、パロディでぱよちん音頭を作っただけで、レイシスト呼ばわりされす。理念的な規定であっても、ヘイトスピーチ規制を導入したら、自由にものを言えなくなることは明らかです。ぱよぱよちーん騒動は、ヘイトスピーチ規制の危険性を教えてくれました。

    22:33 - 2015年11月10日

    https://twitter.com/cracjp/status/664330140839600128

    「自由に」ものを言えなくなる? 差別禁止法を制定したらもちろんそうなるよ。おまえが差別する「自由」より重視されるべきものがある。

    22:35 - 2015年11月10日

    https://twitter.com/cracjp/status/664330628523913216

    【【しばき隊】ぱよぱよちーんなど「バカを黙らせ自由に物言えなくするため」、ヘイトスピーチ法規制は必要だ】の続きを読む

    【ネット】はすみとしこ氏「在日は祖国に尽くす為だけに好きでもない日本に帰化」「難民被害者の振りし生活保護など特権享受」→リテラが「シリア難民揶揄に次ぐヘイトスピーチ」と火病
    スレッドURL: http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1445141621/

    1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2015/10/18(日)13:13:41 ID:2ii
     よくもまあ、手を変え品を変えて新しいデマをこんなに生み出せるもんだ──他国にルーツを持つ人々を揶揄するイラストを発表し、現在世界中からの非難を浴びる漫画家・はすみとしこの作品群を見ていると、そうつぶやかずにいられない。
     
     事の発端は9月10日、はすみが難民の少女をモチーフにしたイラストに以下のメッセージを添えて、Facebook上のコミュニティに投稿したことだった。

    〈安全に暮らしたい/清潔な暮らしを送りたい/美味しいものが食べたい/自由に遊びに行きたい/おしゃれがしたい/贅沢がしたい/何の苦労もなく生きたいように生きていきたい/他人の金で。そうだ、難民しよう。〉

    だが、事態はこれで終わりではなかった。10月11日、はすみは性懲りもなく、胸元を強調した帰化者女性のイラストに以下のメッセージを添え、同じコミュニティに投稿したのだ。

    〈ビジネスシーンで有利/入国審査が楽々/ビザなし渡航/みんな日本人には油断/帰化一世でも国政に立候補/日本を内側から変えられる/祖国に貢献出来る/日本に尽くす気はないけれど/これが私の帰化した理由です。〉

    難民への攻撃を取り下げたと思ったら、今度は帰化者か──いや、そうではない。この作者はまったく反省などしていない。一見、別々の方向に見えるこれらのバッシングの支える根底にあるのは、ヘイトスピーチを問題視する人々の間では既におなじみの「在日特権」をめぐるデマだ。

    はすみは8日、Facebook上で「このイラストは全ての難民を否定するものではありません。本当に救われるべき難民に紛れてやってくる偽装難民を揶揄したものです」「日本には被害者のふりをして特権を得ている在日朝鮮人または在日韓国人(以下「在日」)と呼ばれる存在があります。(略)国民たる日本人は生活保護が受けられずに多数が餓死しているにも拘わらず、在日の14%以上が生活保護を受けています」と釈明にならない釈明を行っている。難民・帰化者バッシングは、いわばこうした在日特権デマによって作られた「外国人」像の延長線上にあるものだ。

     帰化者が「日本に尽くす気はない」というメッセージについて、ここでも真っ先に指摘すべきは、日本の帰化要件の厳しさだ。現行の国籍法5条は「法務大臣は、次の条件を備える外国人でなければ、その帰化を許可することができない」などして、6つの要件を定めている。このうち、3(素行要件)では「素行が善良であること」として、申請者の犯罪歴、納税関係、出入国管理・外国人登録法違反などが審査される。なかには交通違反など、ハタから見れば「それってどうなの?」と首をかしげざるを得ないようなことも判断基準になっているようだ。さらに、6(不法団体要件)では日本国憲法下で「政府を暴力で破壊すること」を企てた、「主張する政党やその他の団体の結成/加入歴がないこと」などが定められている。提出書類は帰化許可申請書、帰化の動機書、国籍・身分関係証明書、納税証明書など実に計20以上にのぼる。

     こうした煩雑なプロセスのなかで、日常の素行から政治活動歴に至るまで、生来日本国籍を持つ日本人であれば問われる機会もないであろう、国への「忠誠心」が繰り返し審査される。「国に尽くす気はない」が「権利だけを求めて国籍を取得する」者を仮に「偽装日本人」と呼ぶとしても、難民同様、そもそもそんなにヤワなモチベーションでは簡単に国籍を取得できないような仕組みが既に出来上がっているのだ。

    最後に「在日は生活保護が簡単に受けられ」ても「日本人への生活保護はハードルが高くてなかなか受けられない」という、生活保護をめぐるデマについて確認したい。厚生労働省が発表する調査結果によれば受給者の4割は高齢者であり、日本人か在日かを問わず、受給の中心に存在するのは就労困難な人々であることは把握しておく必要がある。左右を問わず、さまざまな媒体がこうした事実検証を行ってきた中で繰り返された今回の「在日は生活保護が簡単に受けられ」る発言は、脱力するほど何も変わらない、いや「変わりたくない」ネトウヨの心性そのものを照らし出している。

     元来、ネトウヨのバッシング対象は在日韓国・朝鮮人に限られていたはずが、ここへ来て難民、(元在日も含めた)帰化者とそのバリエーションは増える一方だ。だが根も葉もない「在日特権」デマが肥大化した2000年代以降の状況を思い返せば、こうしたネガティブ・キャンペーンのひとつひとつをあなどってはいけない。姿かたちを変えて再登場するヘイトデマの1つ1つを、徹底的に断ち切っていく必要がある。諦めずにハンマーを握りしめ続けたい。(松岡瑛理)

    http://news.biglobe.ne.jp/domestic/1016/ltr_151016_3562395286.html

    【【火病】リテラ『はすみとしこ氏は「在日は祖国に尽くす為だけに好きでもない日本に帰化」「難民被害者の振りし生活保護など特権享受」などとシリア難民揶揄に次ぐヘイトスピーチ!」】の続きを読む

    【ネット】「そうだ難民しよう」 日本のイラスト、世界で批判の対象に
    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1444061326/


    1: ◆sRJYpneS5Y 2015/10/06(火)01:08:46 ID:???
    Shocked+deeply saddened anyone would choose to use an image of an innocent child to express such perverse prejudice http://t.co/JfXeuQAWAE
     ̄ Jonathan Hyams (@jonathanhyams) 2015, 10月 3

     「何の苦労もなく生きたいように生きていきたい 他人の金で。そうだ難民しよう!」──。日本人作家によるイラストが、世界規模で議論を呼んでいる。

     イラストは9月上旬に、作家がFacebookにアップロードしたもの。

    (略)

    イラストの元になった写真はシリア国境付近のレバノンにある難民キャンプにいた6歳の少女。元になった写真を撮影したとする、写真家のジョナサン・ハイマス(Jonathan Hymas)氏はTwitterにNGO団体セーブ・ザ・チルドレンのために撮影したものだと、書いている。

     ジョナサン・ハイマスは「無邪気な子供のイメージを選んでこんな邪悪な偏見を表現する人がいることに衝撃と深い悲しみをおぼえている」「窮状にあるシリア人に対する恥ずべき誤解だ」と悲しみをあらわしている。

    全文 アスキーデジタル
    http://ascii.jp/elem/000/001/056/1056797/

    【【ネット】「そうだ難民しよう」 日本のイラスト、世界で批判の対象に】の続きを読む

    【リテラ】安倍首相に「バカ」はヘイトスピーチではない、安保反対や政権批判をヘイト扱いし異論封殺を目論むネトウヨメディア~ネトウヨの愛読誌「ジャパニズム」では、ヘイトの被害者は安倍総理
    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1443927503/

    縁をもったら法則発動

    1: 6564億円◆o8vqQW81IE 2015/10/04(日)11:58:23 ID:???
     SEALDs中心メンバーの奥田愛基氏とその家族に対する「殺害予告」の脅迫文が届いた事件が、いまなお波紋を広げている。 10月2日には「安全保障関連法に反対する学者の会」が抗議声明を発表し、「言論・表現の自由を脅迫と暴力で封じ込めようとすることは、民主主義社会に対する重大な挑戦で断じて許されない」と声明には書かれている。 だが、こうした卑劣な脅迫に抗議する声の一方で目立つのは、「じゃあ安倍首相への批判はヘイトじゃないの?」という意見だ。 事実、ネット上ではは「表現の自由は自分たちだけに適用される、と思っている人がいるようです」「確かに脅迫や暴力は絶対に許されない行為ですけど、反対してた人達も結構ひどい発言とかしてたように思うけど」というコメントがあふれ、多くの賛同を得ている。

     また、ネトウヨの愛読誌「ジャパニズム」(青林堂)26号での小特集「安倍総理への“ヘイトスピーチ”の全て」では、〈ヘイトスピーチの一番の被害者は、在日韓国人ではなく、安倍総理だといわざるをえない状況がここ最近つづいているのだ〉と断言。安倍首相批判=ヘイトスピーチだとして猛批判を行っている。

     ああ、またか。と言いたくなるが、あらためて反論しておこう。まず、圧倒的に力が強い権力に対して批判を自由に行えること、これこそが「表現の自由」の根幹をなす考え方だ。安倍首相はその最たる公人であり、「安倍はやめろ」と叫ぶことも、「安倍はバカ」と言うことも、表現の自由の範囲内、いやむしろど真ん中で認められなければいけないものだ。翻って、「安倍さんにひどいことを言っていたから殺害予告を受けても当然」という考え方は、暴力による弾圧を認めることになる。それは絶対に許してはならないものだ。しかも、頭が痛くなるのは、政治への抵抗がヘイトになってしまうという、社会を覆う誤った認識だ。例として、前述の「ジャパニズム」におけるヘイトスピーチの定義を引いてみよう。〈人種、民族、国籍、宗教・思想、性別、性的指向、障害、職業、社会的地位・経済状態、外見などを理由にそれの異なる集団や個人を貶め、暴力や差別的行為を煽動したりする発言〉この定義自体には文句はない。問題はこのあとだ。同誌は〈一国の総理とはいえ、安倍総理にも人権がある以上、どんな言葉を投げかけてもよいという理屈は成り立たないはずだ〉と言い、“安倍首相へのヘイトスピーチの一例”として〈岸信介の孫という「血」や「生まれ」を根拠に、安倍晋三は「タカ派の右翼だ」という批判〉を挙げる。そして、〈これこそ、ナチス的な恐ろしい発想・発言である〉というのだ。

    ◎全文は下記からどうぞ
    リテラ(きちんと記事を書け、コピペするのに苦痛だ。)
    10月3日付け
    http://lite-ra.com/2015/10/post-1551.html

    【【ウリのヘイトは良いヘイト】リテラ「安倍首相に『バカ』はヘイトスピーチではない!安保反対や政権批判をヘイト扱いし異論封殺を目論むネトウヨメディア!】の続きを読む

    【京都新聞】在日韓国・朝鮮人へのヘイトスピーチない世界へ 学生ら団体「反レイシズム情報センター(ARIC)関西」設立
    スレッドURL: http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1443410171/

    非韓三原則

    1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2015/09/28(月)12:16:11 ID:fEB
    京都市内の大学生を中心に、民族差別解消を目指す団体「反レイシズム情報センター(ARIC)関西」が25日設立され、メンバーらが京都市上京区の京都府庁で記者会見し、「差別に関する学習会などを通じて、『差別』と『区別』が識別できる人を増やしていきたい」と語った。

    ARICの全国組織は、ヘイトスピーチ(憎悪表現)などの差別をなくそうと若手研究者や学生が今年3月に設立した。ARIC関西は京都を拠点に活動する予定で、現在4大学の10人が参加している。

    留学生への居住物件紹介の実態や、在日コリアンのヘイトスピーチ被害の調査に取り組むほか、ARICのホームページで相談も受け付ける。 会見した梁英聖・ARIC代表は「ヘイトスピーチを止めるためにも、市民の立場から差別とは何かが見えるようにしていきたい」と述べた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150925-00000023-kyt-soci

    【【反日活動】京都新聞「在日韓国・朝鮮人へのヘイトスピーチない世界へ 学生ら団体「反レイシズム情報センター(ARIC)関西」設立!」】の続きを読む

    このページのトップヘ