Revival Japan 日本復活を叫ぶ

反日 売国 偏見放送にゴリ押しステマ 可能な限り掲載していきます。

    管理人からのお願い。
    このような弱小ブログをご覧いただきありがとうございます。
    日々自分自身のため、家族のために日本から売国、反日、寄生住たちがいなくなるよう、情報の拡散に努めますのでよろしくご支援くだされば幸いです!

    アンケートをご用意しています。よろしければご覧ください。

    ニュースアンテナ OPEN

    カテゴリ:その他海外 > イギリス

    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1493653103/

    審議中

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2017/05/02(火)00:38:23 ID:???
    日英が手を組めば世界をリードできる、期待寄せる英紙 ブレグジットで関係発展の可能性

     27日から30日までロシアとイギリスを歴訪していた安倍晋三首相が28日(日本時間29日)、イギリスのテリーザ・メイ首相と会談を行った。英国の欧州連合(EU)からの離脱(ブレグジット)を見据えた選挙活動に入る直前のメイ首相と、北朝鮮から弾道ミサイルの発射が続くなか訪英した安倍首相の動きに、英国メディアも注目した。

    ◆日英関係の重要性を強調
     メイ首相が安倍首相をもてなしたのは、ロンドン中心地から約60キロ北西にあるイギリス首相の地方官邸「チェッカーズ」だ。メイ政権下でチェッカーズに招かれた世界の指導者としては安倍首相が初めてとなった。会談当日にメイ首相は声明を発表し、日本との関係の重要性を強調した。

     今回の会談で注目されたのは主に2点だ。まずは朝鮮半島の緊張への対応について。声明でメイ首相は、英国と日本は国際社会と共に協力して臨むと述べている。そしてもう1つは、ブレグジットに絡む経済・貿易面だ。メイ首相は会談で、ブレグジットに向けた現状を安倍首相に説明し、EU離脱後もイギリスは、企業がヨーロッパで事業展開したり成長したりする際に最適な場所であり続けると伝えたという。声明によると、イギリスには約1000社の日本企業が事業展開しており、14万人の雇用を生み出している。

     しかしイギリスの日本に対する期待は、単に2国間の関係を良好に保つだけにとどまらないようだ。テレグラフ紙は会談に先立つ28日朝付で、「イギリスと日本は今、世界を新しい形に作り上げる比類ないチャンスを手にしている」という記事を掲載した。安倍首相とメイ首相はアメリカのトランプ大統領にとって最も近しい人物であり、もし両首相さえその気になれば、アメリカを含む3国間の関係を形成し、新しい世界経済・政治を形成することも可能だと言うのだ。

    続き NewSphere
    http://newsphere.jp/politics/20170501-2/

    【【日英同盟】イギリス「日英が手を組めば世界をリードできる!」ブレグジットで関係発展の可能性】の続きを読む

    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1492912736/

    当然だろ

    1: ■忍法帖【Lv=4,じごくのよろい,95e】 タヌキ◆RJGn7rgICeX. 2017/04/23(日)10:58:56 ID:J77
    ◆英保守党、圧勝の勢い 6月総選挙の世論調査で [産経ニュース 2017.4.23 10:49]

     23日付の英3紙は、6月8日投票の英下院(定数650)選挙に関する世論調査結果を掲載し、支持率はメイ首相率いる与党保守党が45~50%、野党第1党の労働党は25~26%で、保守党が圧勝の勢いだと報じた。

     サンデー・ミラー紙の調査では、保守党50%、労働党25%と2倍の差が開いた。英国で一つの政党の支持率が50%を超えるのは2002年以来15年ぶり、保守党では1991年1月以来という。このほか自由民主党が11%、英独立党が7%だった。

         ===== 後略 =====

    全文は下記URLで。
    http://www.sankei.com/world/news/170423/wor1704230016-n1.html

    【【イギリス下院選挙】メイ首相率いる与党保守党が圧勝の勢い!支持率は45~50%!】の続きを読む

    【英国】ロンドン日本大使館の前で慰安婦少女像パフォーマンス
    スレッドURL: http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1454319212/

    1: 白井黒子◆KuRokoMU3c 2016/02/01(月)18:33:32 ID:???
    ロンドン日本大使館の前で慰安婦少女像パフォーマンス

    no title

    (ソウル=聯合ニュース)先月27日、ロンドンのグリーンパーク近隣の日本大使館の前で慰安婦の正義を支持する英国市民会(Justice for 'Comfort Women' UK support group)関係者たちが『生きている慰安婦少女像』パフォーマンスをしている。この日の集会には現地韓国人と留学生、英国現地人まで20人余りが参加した。

    英国ロンドン日本大使館の前で韓国の慰安婦少女像を再現するパフォーマンスが開かれた。

    先月27日、ロンドンのグリーンパーク近隣の日本大使館の前で『慰安婦の正義を支持する英国市民会』が開かれ、集会で白色チョゴリと黒いチマに短い髪をした女性がげんこつを握って空の椅子のそばに座っている慰安婦少女像パフォーマンスが過ぎ行く英国人らと観光客の関心を集めた。

    主宰側は韓国の水曜集会に連帯するという趣旨で日本大使館の前で水曜集会を開いた。先立って3週間前には駐英韓国大使館で第1次水曜集会を持った。

    留学生と海外同胞、韓国から旅行で来た高校生など20人余りが参加したこの日集会は慰安婦交渉無効と日本の戦争犯罪認定および反省、真相究明と戦犯処罰、おばあさんに公開謝罪と法的賠償、日本歴史教科書に歴史をまともに記録することを要請した。

    この集会では少女像パフォーマンス以外にも『おばあさんに直接きて謝罪しなさい』と筆でバナーを書くパフォーマンス、UCL木村真紀博士の慰安婦講演、参加者の自由発言などが行われた。

    主宰側は英国に慰安婦問題を持続的に知らせるために集会とセミナーなどを継続する計画だと明らかにした。

    デイリー韓国(韓国語)
    http://daily.hankooki.com/lpage/society/201602/dh20160201182008137780.htm

    【【慰安婦問題】英国・ロンドン日本大使館の前で慰安婦少女像パフォーマンス!リアル売春婦像?】の続きを読む

    【英国】着陸中にレーザー照射、操縦士が目に大けが 英空港
    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1448341358/

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2015/11/24(火)14:02:38 ID:???
    【AFP=時事】英国航空操縦士協会(BALPA)は23日、英航空会社ブリティッシュ・エアウェイズ(British Airways)の航空機が今春、ロンドン(London)のヒースロー空港(Heathrow Airport)に着陸した際、操縦室に向けて「軍用並みの強さ」のレーザー光線が照射され、副操縦士が片目の網膜に深刻な傷を負っていたことを明らかにした。

    続き Yahoo!ニュース/AFP=時事 11月24日(火)11時55分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151124-00000014-jij_afp-int

    【【テロ】英国空港で着陸中にレーザー照射、操縦士が目に大けが!日本でも規制の議論開始か?】の続きを読む

    【英中】習主席の屈辱、英議会演説で拍手は一度も起こらず
    スレッドURL: http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1445541151/

    1: ジャン・ポール◆Vkp7zYl5.c 2015/10/23(金)04:12:31 ID:2L1
    前略:中国指導者として初めての歴史的な英議会演説で、「英国は最も古い議会制国家だが、中国は2000年前から法治を施行した」と述べたが、フィナンシャル・タイムズは「国民の手に権力があって法治で運営される英国のシステムと社会主義の法に基づいた中国式モデルを比較するのは正しくない」と論評した。マグナカルタ制定800年記念巡回展示での北京大展示を突如中止とし、英国総領事館で展示していることに関して、法治と民主主義を語る資格があるのかとの批判の声も上がってい
    る。

    また習主席は、シェイクスピアの言葉も引用し、中国と英国が2回目のノルマンディ上陸作戦で協力したことを強調したが、いざ自身が立っている所が阿片戦争を承認した場所であることには触れなかったことから、歴史に関しては自分たちに有利なところだけを言及したとも指摘されている。英国の議員たちは11分にわたった演説が続く中、一度も拍手をせず、演説が終わった後の規律拍手もなかった。フィナンシャル・タイムズは、「習主席が議会制の揺籃で決まり悪い瞬間を迎えた」と書いた。

    この日の演説は、始終異様な空気の中で行われた。英下院のバーカウ議長が習主席を紹介しながら「ここは民主化運動のシンボルであるミャンマーのアウン・サン・スー・チー女史も立ったし、来月インドのナレンドラ・モディ首相が立つ予定だ」と言い、スー・チー女史を人権のシンボルとして、インドを世界最大の民主国家として持ち上げた上で、中国については「強い国としてだけでなく、道徳的霊感を与える国になることを望む」と述べた。

    20日の夕、バッキンガム宮殿で開かれた国賓晩さんでは、エリザベス2世女王が、「1997年に香港を返還する際に行った香港自治を保障するという約束を守ってほしい」と述べ、中国として最も敏感な部分に触れる場面もあった。英紙ザ・タイムズは、女王が中国称賛一辺倒の雰囲気の中でバランスを取ったと報じた。

    キャメロン英首相は、公式会談ではなく非公開の会談で人権などあらゆる懸案問題について話し合ったと述べたが、労働党議員から「自分を噛んだ犬の手を舐めるような行動だ」と激しく非難された。キャメロン首相は、習主席が演説する間、同時通訳機をつけなかったが、聞きたくないからわざとそうしたのではないかとも見られている。

    東亜日報:donga.com[Japanese donga]
    http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2015102251328

    【【英中】習近平「ニホンガー!」英議会演説で拍手は一度も起こらず。】の続きを読む

    【習近平氏訪英】 キャメロン首相と会談、欧米初の中国製原発建設で合意へ 日本と競合の鉄道は?
    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1445429823/

    縁をもったら法則発動 アルカニダ

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2015/10/21(水)21:17:03 ID:???
     【ロンドン=内藤泰朗】英国を訪問している中国の習近平国家主席は21日、ロンドン中心部の首相官邸でキャメロン首相と会談。両首脳は、欧米初となる中国製原子力発電所の建設を含む経済協力を進展させることで合意する見通し。

     英BBC放送によると、両国首脳は21日、フランスのエネルギー企業EDFが主導する南西部ヒンクリー・ポイントの原発建設で、中国が30%を出資することに合意する文書に調印。中国は原発の英国建設を実現することで、原発の輸出に弾みをつけたい考えだ。

    (略)

     ただ、原発建設ではサイバー攻撃やスパイ行為を続ける中国に依存することに強い警戒感も出ている。

    全文 産経ニュース
    http://www.sankei.com/world/news/151021/wor1510210065-n1.html

    【【習近平氏訪英】 キャメロン首相と会談、欧米初の中国製原発建設で合意へ 日本と競合の鉄道は?】の続きを読む

    【イギリス】習近平訪英演説の異様…「抗日」「日本の残虐性」晩餐会でも繰り返し「中国には2千年前から法的憲章があった、英国から民主主義の講義は受けない」
    スレッドURL: http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1445397741/

    縁をもったら法則発動 アルカニダ

    1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2015/10/21(水)12:22:21 ID:wxw
    【ロンドン=内藤泰朗】英国を訪問している中国の習近平国家主席は20日、中国首脳としては初めて上下両院で演説し、第二次大戦ではともに「日本の侵略」に抗して戦ったと指摘。

    習氏はまず、上下両院の演説で「今回の訪問が両国関係を新たな段階に引き上げることになるだろう」と言明。第二次大戦に関しては、英国が軍備や医薬品などを提供して「抗日戦争に協力した」ことなどを挙げ、「中英友好と世界正義に尽力した人たちの歴史は、忘れられることはない」と強調した。 11分間弱の演説で、英中両国以外で取り上げられた国は日本だけだった。

    このほか習氏は、中国には2000年前から法的な憲章があったことを持ち出し、英国による民主主義の講義は受け付けないとの強い姿勢を示した。

    英紙の報道によると、習氏はこの後、エリザベス女王主催の公式晩餐会に列席した際にも、わずか数分のあいさつの中で、再び第二次大戦の話を持ち出した。「日本の残虐性」について報じた英国人ジャーナリストをあえて取り上げ、両国の国民は第二次大戦で「正義のために助け合い、ともに戦った」と繰り返し強調した。

     一方、中国の人権問題に批判的とされるチャールズ皇太子は、公式晩餐会を欠席した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151021-00000514-san-cn

    【【イギリス】習近平訪英演説の異様…「抗日」「日本の残虐性」晩餐会でも繰り返し「中国には2千年前から法的憲章があった、英国から民主主義の講義は受けない」】の続きを読む

    このページのトップヘ