Revival Japan 日本復活を叫ぶ

反日 売国 偏見放送にゴリ押しステマ 可能な限り掲載していきます。

    管理人からのお願い。
    このような弱小ブログをご覧いただきありがとうございます。
    日々自分自身のため、家族のために日本から売国、反日、寄生住たちがいなくなるよう、情報の拡散に努めますのでよろしくご支援くだされば幸いです!


    23日9時まで文末にアンケート実施中!!籠池理事長の証人喚問はどうなる!!

    アンケートをご用意しています。よろしければご覧ください。

    ニュースアンテナ OPEN

    カテゴリ:その他海外 > イラン

    【噴水台】イランから仕返しを受ける韓国
    スレッドURL: http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1454400590/

    縁をもったら法則発動 アルカニダ

    1: ジャン・ポール◆Vkp7zYl5.c 2016/02/02(火)17:09:50 ID:KAQ
    前略:もしも多額の預金を金利の低い当座預金から移動させられなければ利用者は怒るだろう。苦境の落ちいったイランに韓国はそれを行った。2010年のイラン制裁でドル取引ができなくなると、制裁を避けるためにイランへ支払う原油代金を韓国の銀行口座に預金、イラン側が韓国から輸入した際は口座から支払うという決済システムを立ち上げた。


     最初はよかった。しかしウリィ・企業銀行に開設した口座の残高が予想以上に多い4兆-5兆ウォンに増えると、問題が生じた。年金利が0.1%にすぎないため、イラン側が一部を定期預金にしてほしいと何度も要求したのだ。「3%の定期預金でも年1000億ウォン(約100億円)をはるかに超えるが、正当な利子を受けていない」という主張だった。

     しかしこうした要求は徹底的に無視された。怒ったイラン側は中央銀行副総裁まで韓国に派遣し、銀行を変えようとしたが、これも叶わなかった

     こうした状況が報道されるまで両銀行は特別な負担なく4兆-5兆ウォンを運用した。暴利論争が出てくると、2012年8月にようやく利子を上げた。しかし年1.6%だった。1年満期定期預金が3%を超えていた時期だった。

     当時、イランに精通した人たちは「近いうちに制裁が解除される見込みだが、このようにしていれば不利益にあう」と心配した。

     その予想通りイラン制裁は3年後に解除された。いまイランは数兆ウォンの預金を引き出そうとする状況であり、銀行が慌てている。預金を移さないよう交渉団を送るなど大騒ぎしているが、あらかじめ適切に対応していれば雰囲気ははるかによかったはずだ。利子をめぐり葛藤が深まった時に実務者として訪韓し、屈辱的な対応を受けたのが、現在、中央銀行海外担当副総裁を務めるメディ・グダジ氏だ。

     銀行はイランに対して「甲」の立場で数百億ウォン以上の利益を得て、当局はこれをほう助した。国益という仮面をかぶった不義だ。当時、銀行の高位層は蜜を吸ったが、結局、その負担は後任者と国がそのまま負うことになった。当面の利益に目がくらみ、国格の失墜はもちろん、長期的に国益を害することになるのなら、今からでも非難を受けて当然だ。

     ナム・ジョンホ論説委員

    省略部の詳細はソースで
    中央日報
    http://japanese.joins.com/article/502/211502.html

    【韓国】政府「韓国ウォン口座維持協議を」…イランは返答せず[1/28]
    http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1454058751/

    【【検証】イランが受けた韓国からの屈辱的な制裁】の続きを読む

    【韓国】政府「韓国ウォン口座維持協議を」…イランは返答せず
    スレッドURL: http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1454058751/

    またチョンCAR

    1: ジャン・ポール◆Vkp7zYl5.c 2016/01/29(金)18:12:31 ID:M34
     ソウル江南区(カンナムグ)テヘラン路にはイラン最大都市銀行であるメラト銀行のソウル支店がある。メラト銀行のわずか4カ所の海外支店の一つであり、2001年に開設された。韓国とイランの関係を象徴する存在だ。しかしこの支店は2010年から最近まで事実上「開店休業」状態だった。イランの核開発疑惑のため国連安全保障理事会が対イラン制裁を決議し、金融当局はこの支店の外国為替・貿易業務を制限した。

     イランと韓国の貿易額も2011年の174億ドルから昨年は61億ドルと、3分の1に減少した。イランと金融取引が厳格に制限された状況でもそれなりに貿易が維持されたのは、ウリィ銀行と企業銀行に開設された韓国ウォン口座のおかげだった。韓・イラン当局が苦心の末に開いた「う回路」であり「抜け道」だった。

     この口座ではイランとの取引が韓国ウォンで行われる。国内の石油会社がイランの石油会社から原油を輸入すれば、代金をイラン側に送る代わりにこの口座に韓国ウォンで入金した。入金が通知されればイラン中央銀行は現地貨幣で自国の石油会社に代金を支払った。逆に国内の輸出企業はこの口座の韓国ウォンで輸出代金を受けた。その後、この口座の資金は数兆ウォンに増えた。原油価格の暴騰で原油輸入代金が急増しながらだ。一時は5兆ウォン(約5000億円)に達したが、現在は3兆-4兆ウォンというのが金融界の推算だ。

     この口座はウリィ銀行と企業銀行にも「最も重要な資産」だった。0.1%ほどの要求払預金の金利だけを支払ったからだ。予想外に資金が増え、イランとの葛藤が深まったりもした。2012年にイラン中央銀行は金利を高めなければ口座の利用を中断するとし、韓国当局に圧力を加えた。政府関係者は「その後、協議を通じて現在は国債金利レベル(3年物基準1.6%前後)を支給している」と伝えた。

     この口座に問題が発生すれば、対イラン貿易全般に波紋が広がるのは今でも同じだ。米国はイランとのドル取引を依然として制限している。国際的に通用する貨幣を持っていないうえ、外国為替市場もウォン・ドル以外にない韓国としては、制裁が解除されても他の適当な決済手段がない。さらに対外資産凍結措置が解除され、イランの位置づけはさらに高まった。企画財政部の関係者は「過去には米国が認めなければ韓国ウォン口座からイランは一銭も引き出すことができなかったが、今はもう原則的に『お金の持ち主』という態度だ」と話した。あいまいだった「甲乙」関係が明確になったのだ。

     こうした状況でイランが口座の資金の一部を本国に送金するという意向を表すと、韓国政府は慌ただしくなった。政府はイラン中央銀行を相手に協議を提案しているが、すでにイランの態度は変わっている。ある政府関係者は「イラン側からまだ具体的な協議日程も伝えられていない状態」と話した。

    後略:ユーロやドルに移行する場合、リスク要因となるため、「イランタスクフォース(TF)会議」でも課題として議論された。

    省略部の詳細はソースで
    中央日報
    http://japanese.joins.com/article/359/211359.html

    【【当然の処置】イラン「制裁とけたから銀行の預金降ろしたい」韓国「韓国ウォン口座維持協議を!」イラン「・・・」】の続きを読む

    【国際】 「日本にもチャンス」イラン駐日大使 油田開発への外資参入で国際会議開催
    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1439116834/

    はじまったな

    1: ◆sRJYpneS5Y 2015/08/09(日)19:40:34 ID:???
     欧米など6カ国と核問題の解決で合意したイランに対し、欧州各国が外相ら官民一体の訪問団を相次ぎ派遣し、経済制裁の解除を見越した商談の動きが活発化している。イランのナザルアハリ駐日大使は8日までに産経新聞のインタビューに応じ、制裁に伴い日本が撤退したアザデガン油田やガス田の開発について、近く外資との契約に関する国際会議を開くことを明らかにした。

     日本政府は、経済産業省の山際大志郎副大臣が8日からイランを訪問し、関係強化に動きだした。

     大使は、日本の動きについて「出遅れ感はあるがチャンスは十分あると思う」と述べた。具体的には、高速鉄道整備に関し、「ドイツと中国がチャンスを狙うが、7月に東京で開催された鉄道の国際会議に出席したイラン政府幹部が日本の新幹線のソフト面の技術力を評価し、前向きに検討したいとの報告書を出したところだ。巻き返す機会はある」と指摘。また、「大気汚染や水質汚濁の環境協力や健康・福祉の分野で日本政府と覚書きを結んだ。がんの早期発見の診断装置や病院経営のノウハウも導入したい」とした。

    続き 産経ニュース
    http://www.sankei.com/economy/news/150809/ecn1508090010-n1.html
    http://www.sankei.com/economy/news/150809/ecn1508090010-n2.html

    【【国際】核問題の解決でイランの油田開発再開 イラン駐日大使「日本にもチャンス」】の続きを読む

    このページのトップヘ