Revival Japan 日本復活を叫ぶ

反日 売国 偏見放送にゴリ押しステマ 可能な限り掲載していきます。

    管理人からのお願い。
    このような弱小ブログをご覧いただきありがとうございます。
    日々自分自身のため、家族のために日本から売国、反日、寄生住たちがいなくなるよう、情報の拡散に努めますのでよろしくご支援くだされば幸いです!

    アンケートをご用意しています。よろしければご覧ください。

    カテゴリ:その他海外 > ギリシャ

    【国際】ギリシャ破綻 中韓に“延焼”も 中国、輸出減 韓国、欧州系資金が離脱の恐れ
    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1435756240/

    おめでとう

    1: ◆sRJYpneS5Y 2015/07/01(水)22:10:40 ID:???
    ギリシャ破綻 中韓に“延焼”も 中国、輸出減 韓国、欧州系資金が離脱の恐れ (1/3ページ) 2015.07.01

    (略)

    今後の焦点はEUによる緊縮策受け入れの是非を問う5日の国民投票の行方に移る。ギリシャが国民投票で緊縮策を受け入れればEUは支援再開に動くとみられる。

     反対票が上回った場合、欧州中央銀行(ECB)が保有するギリシャ国債は7月に35億ユーロ、8月に32億ユーロが償還を迎えるが、いずれも絶望的になり、世界の金融市場に再び動揺が広がる恐れがある。

     ギリシャと結び付きが深いのが中国だ。同国最大の港湾であるピレウス港では、中国遠洋運輸(COSCO)がコンテナ埠頭の運営権を取得しており、港湾の民営化でも入札に名乗りをあげている。EUなどからの支援を打ち切られたギリシャが、中国やロシアに接近するとの観測もある。

     李克強首相は「中国はギリシャがユーロ圏に残ることを望む」と表明。中国がEUの重要な貿易相手となっており、長期にわたり欧州の国債などを保有しているとして「ギリシャがユーロ圏に残るかどうかは、欧州だけでなく中国にも関わる問題だ」と強調した。英BBCの中国語版サイトは、ギリシャ危機の影響について「中国全体の輸出が減少する恐れがある」と指摘した。

     韓国経済について、韓国日報は、同国の貿易に占めるギリシャの比率は昨年末時点で輸出で0・2%、対外債権額0・8%で、貿易規模は今年に入ってさらに減少しているとして、直接の影響は限定的だと報じた。

     しかし、20日に期限を迎える35億ユーロのECBの債務も返済されず、英国、ポルトガル、トルコなどのユーロ圏各国に債務問題が波及した場合、「欧州向けの輸出減少や、欧州系の資金が韓国から離脱することで韓国経済が大きな打撃を受ける恐れがある」という専門家の分析を紹介した。

    続き ZAKZAK 全3ページ
    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20150701/frn1507011900005-n2.htm

    【【国際】ギリシャ破綻 中韓に“延焼”も 中国、輸出減 韓国、欧州系資金が離脱の恐れ】の続きを読む

    【EU】ギリシャ支援、延長せず=デフォルト濃厚―ユーロ圏会合
    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1435456239/

    断末魔が聞こえる

    1: ◆sRJYpneS5Y 2015/06/28(日)10:50:39 ID:???
    【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)ユーロ圏19カ国は27日、ギリシャへの金融支援をめぐり緊急の財務相会合を開き、現行支援を延長せず、6月末で終了させることを決めた。支援継続の道を断たれたギリシャは、別の支援を得られなければ、デフォルト(債務不履行)に陥る可能性が濃厚となった。

     ギリシャ危機は最悪の事態回避への期待が膨らんでいただけに、週明けの金融市場は波乱含みの展開となりそうだ。

     ギリシャを除く18カ国は声明で「ユーロ圏の金融の安定を確保するため、必要なあらゆる措置を取る」と表明。ギリシャのデフォルトに備え、危機対策の具体化に入った。このまま双方に歩み寄りが見られなければ、ギリシャのユーロ圏離脱も現実味を増しそうだ。

    続き Yahoo!ニュース/時事通信 6月28日(日)0時46分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150628-00000002-jij-eurp
    【【考察】ギリシャの波状で韓国も道連れ?7月を待たずにIMF管理下行きなんじゃ...】の続きを読む

    このページのトップヘ