1: 新種のホケモン ★ 2020/08/11(火) 10:25:37.54 _USER [アジア経済ジョンヒョンジン記者] 日本植民地時代に強制徴用問題をめぐる日韓の対立を解消するために、日本が韓国に与えた苦痛を見て回って、歴史の前で謙虚な態度を取るべきだと、日本のマスコミがコメントした。 東京新聞は11日、「歴史の影を忘れない」は、タイトルの社説で「どの国の歴史にも光と影が交差する。しかし、日本では光だけを選んで話すことが増えているような気がする」と指摘し伝えた。 東京新聞は、2015年8月、安倍晋三首相が発表した前後70年談話(阿部談話)で日露戦争について「植民地支配下にあった多くのアジアとアフリカ人たちに勇気を与えた」と評価したことを述べた。新聞は「この戦争は、日本と周辺国に深い傷を残した」と歴史の暗い側面を無視した事例で見た。日露戦争は、日本が韓半島を植民地支配するきっかけとなった事件である。 東京新聞は、「このような一面的な歴史観は、近年、日韓関係でも顕著である」とし、日本政府がユネスコの世界文化遺産に登録された近代産業施設を紹介するために、最近、東京都に開館した産業遺産情報センターの「展示内容が水をもたらしている」と評価した。新聞は14歳に羽島(別名軍艦も)に強制動員されたが後に長崎で原爆被害を受けたソジョンオさんの事例を紹介し、 「このような様々な記憶全体が島の歴史であり、価値」とした。 東京新聞は、「韓日の間に歪んだ昔の徴用ボールの問題も同じだ。日本政府は、「1965年の協定で解決が終わった」としている」とし「法律や協定を理由に振り切る前に当時の痛みに共感する姿勢を見せた面の状況は変わったかもしれない」との意見を述べた。続いて「もちろん、韓国にも過剰な反応と思われる面がある」とし、「日本がまず歴史に謙虚になる必要がある」と、日本の自制を促した。 東京新聞はまた、「足を踏んだ人は、足を踏まれた人の痛みを知らないという。戦後75年経っても歴史を巡って、また相手の足を踏むような行為をしていないか。立ち止まって考えてみたい」と付け加えた。 ソース アジア経済 入力2020.08.11 10:06 https://n.news.naver.com/mnews/article/277/0004734538?sid=104 引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1597109137/ 続きを読む 1: 新種のホケモン ★ 2020/08/11(火) 10:25:37.54 _USER [アジア経済ジョンヒョンジン記者] 日本植民地時代に強制徴用問題をめぐる日韓の対立を解消するために、日本が韓国に与えた苦痛を見て回って、歴史の前で謙虚な態度を取るべきだと、日本のマスコミがコメントした...http://rss.rash.jp/img/b_007.gif
【お知らせ】あなたのワンクリックが力に!! 一日一回!ご協力ください。