1: 動物園φ ★ 2020/07/21(火) 12:47:15.24 _USER 日韓関係崩壊の「真の意味」とは…日本企業が相次いで韓国企業との取引停止 7/21(火) 9:30配信 FNNプライムオンライン 日本との決別宣言 「私たちは日本とは違う道を進んでいきます」 韓国の文在寅大統領は7月9日、韓国中部の利川(イチ〇ン)市にある大手半導体企業SKハイニックスの工場を視察した際に演説し、こう高らかに宣言した。 2019年7月、フッ化水素など3品目について日本政府が韓国向け輸出管理を強化して以降、韓国では官民挙げて「NO JAPAN 」「脱日本」が叫ばれ、日本への敵対心・対抗意識が高まったままだ。その間、日本製品の不買運動が巻き起こり、日本から輸入していた素材・部品の国産化や調達先の多様化が進められてきた。 規制強化からちょうど1年となる2020年7月、韓国政府やメディアからは「日本の輸出規制に打ち勝った」「こんなにも国産化が進んだ」「苦しんでいるのは日本だ」との声が相次いだ。冒頭の文大統領の演説もその文脈でなされた「日本との決別宣言」あり、韓国国内の素材・部品・装備産業の飛躍と国際社会との協力こそが「韓国の道」だと強調したのだ。 「日本企業は関係を切らない」との楽観論 このような韓国政府の姿勢は、「国内向け」の面がある。輸出の伸び悩み、若者の失業率の高止まり、天井知らずの不動産価格など、韓国政府の経済政策には国民の不満がたまっており、日本への強気の姿勢は格好の「ガス抜き」だ。 また韓国の経済専門家らに話を聞いてみると、日本による輸出管理の強化後もきちんと申請すれば輸出許可は出ている事から、「実際にはそれほど経済に影響は無い」ということは、早い段階から韓国側は理解していたようだ。それでも強く反発したのは、「韓国を植民地化した『加害者』である日本が、『被害者』であり道徳的に上位な韓国を攻撃するような政策をとるのはけしからん」という心情的な理由が大きい。 また韓国では、輸出管理強化は「輸出規制である」と断定され、いわゆる徴用工を巡る訴訟で2018年10月に韓国最高裁が日本企業に賠償を支払うよう命じた事への報復であるというのが既成事実化されている。報復なのだから、妥協したり折れたりしないという事だ。 日本製品不買運動を繰り広げ、いわゆる徴用工を巡る問題で有効な解決策を示さない韓国側の対応について、「日本企業が韓国から手を引いたら大変な事になるが、そういう危機感はあるのか?」と前出の専門家らに聞いてみたのだが、大半は楽観的な答えだった。彼らが自信の根拠にしているのは、日本企業との数十年にわたる協業関係と、人と人とのつながりを重視する文化の相似性だ。そう簡単に日本企業は長年付き合った韓国企業を切るような事はしないので、大丈夫という自信があるようだった。だが、現実はそう甘くは無い。 https://news.yahoo.co.jp/articles/de2b939969df70fec897560d8677ada8e3512f2b 引用元: http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1595303235/ 続きを読む 1: 動物園φ ★ 2020/07/21(火) 12:47:15.24 _USER 日韓関係崩壊の「真の意味」とは…日本企業が相次いで韓国企業との取引停止 7/21(火) 9:30配信 FNNプライムオンライン 日本との決別宣言 「私たちは日本とは違う道を進んでいきます」 韓国の文在寅大統領は...http://rss.rash.jp/img/b_007.gif
【お知らせ】あなたのワンクリックが力に!! 一日一回!ご協力ください。