どもです。
色々きなくさくなってまいりました。

まっ、どうせなんだかんだ言って始まらないんでしょうね。でも始まる可能性にも賭けたい自分もいます。頑張れトランプ大統領。

戦争だ

「在韓米軍の撤退望む」北朝鮮党機関紙が論評
【ソウル=山田健一】北朝鮮の朝鮮労働党の機関紙「労働新聞」(電子版)は14日、在韓米軍の駐留費負担を巡る米韓両国の協議を批判し、韓国国民が望んでいるのは在韓米軍の「無条件の撤収だ」とする論説を掲載した。4月末の南北首脳会談や5月にも開かれる米朝首脳会談に向け、米韓を揺さぶる狙いのようだ。

日本経済新聞

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2811556014032018FF2000/


ということで、関西生コンの強制捜査やアレフに対する立ち入り調査、オウム死刑囚の移送・・・一連の朝鮮関連の引き締めは色々な見方ができます。

1.本当にたまたまタイミングが合ったから当然の捜査である。

2.文書書き換え問題へやり過ぎた野党の暴走に対する警告。

3.もうじき始まる北朝鮮への空爆のカウントダウン。

まあ1.でしょうよ。タイミングが合っただけでしょうよ。法治国家として当然です。

でもアメリカでは親朝派のティラーソン国務長官がクビ、韓国は北朝鮮の手のひらで踊らされ、国内では関係各所が徐々に締め付けられる・・・何かおこりそうです。

という夢物語を願ってもしょうがないので、国内では政府がしっかりと情報収集と外交に尽力しているものと信じて明日を生きていこうと思います。

なんだこれ。

おわる