どもです。本日選挙です。前日に引き続き書いてみます。(仕事を投げ出し中

STOP不正選挙

本日は○○に投票しよう、○○に投票した。さらにはあの○○な人に投票した、する。
全部公職選挙法違反になるそうです。お気をつけて。
(といいつつ有名人など影響力のある方以外は注意程度でスルーらしい。
テレビだと一般人でも影響力が強いのでアウトらしいので生で出る素人さんは気を付けてね。<まあこれは責任はテレビ局なんだおうけど。

そしてテレビでその方な言動を投票の終わる20時までに放送されているとしたらこれはどこに苦情をいれたらいいのでしょうかね。生放送でポロッと言いそうな頭に血が上った方々がたくさんいそうですが。 

前書きはこの辺で、私は見てなかったのですが、下記の放送がされたようです。

【マスゴミ動画】TBS・報道特集が公選法違反を助長か... 組織的なプロ市民の「帰れ!」コールを編集でカットし、注意した安倍総理を批判 / 正義の見方 

例の朝日健太郎さんの選挙応援の際の映像ですが、総理が妨害ばかりしてのくだりのみを音声ONにし、大音響の帰れコールをしていたという部分は一切報じない。その際の観衆の拍手と歓声も流さない。これを偏向報道の世論誘導といってもなんら不思議はありません。 
実際は他の野党候補と違い、どこに行っても大観衆、その中で毎回ストーキングするクレーマーズがかすんではきますが、そういった人たちの映像をあたかもプラカードのみの抗議と印象付けての総理の発言抽出。こういった行為をひとつづつ積み重ね、着実に政府批判につなげよう!という思いが透けて見えます。

視聴者に人気らしい池上さんも、この間、他の仲間との対談形式で「安倍政権になってから、発言をチェックされちょっとでもおかしいと思うと資料ももって聞きに来る。面倒だから当たり障りのない言葉に変える。他の総理の時はなかった」という発言をされています。それは「安倍総理は厳しくチェックされる」ではなく「安倍総理の時に必死に偏向報道で叩いているからチェックされる」のではないでしょうか。

こんな偏向報道を許していてはいつまでたってもなくなりません。いっそのことアメリカのように選挙の際はうちは○○党支持!と銘打って報道合戦を繰り広げたらいいのでは?その際は模造があればもちろん逮捕、書類送検、停波で。そして政府もきっちりと対抗できる番組をやってほしいです。何も強烈に政府擁護の番組じゃなくて良いんです。国会をそのまま中継。事実のみを伝える。キャスターの感想などいりません。ただあったことを伝えればいいんです。CMもなしで。本来はNHKが担うものです。ですがそれもかなわないのであればNHKは完全民営化して税金投入をヤメ、かわりの国営放送を作るしかないのでは。

とにかく今日で国政の方はある程度の結論がでます。次は東京都知事選。残念ながら道産子の私には投票権がないのですが、すっきりとまともな候補が勝てるように祈りながら、これから選挙に行ってきます。皆様も自身の未来を考え、慎重な清き一票を投票に行きましょう。