ご無沙汰しております。更新する時間がとれません。 

参院選もはじまり、都知事選もまもなくといったところで、今月ももう終わり、
とりあえず6月の爪痕を残そうと(謎)こんな記事を書き始めました。
そして予想では更新するのは7月に入るでしょう。この時点で23:30分ですから。

全日空857便ハイジャック事件

本日アンビリバボーでやっていた函館空港のハイジャック事件。
気になって犯人のことを調べてみました。 

出てきませんね。 

犯人は精神疾患で通院中ということですが、実際には責任能力ありと判断され実刑をうけています。ならばのちのち本名がでてきてもよさそうなものですが。
 

報道規制と在日認定

先の事件のようにマスコミが実名報道しない事件は多々あります。

痴漢の疑いでとか結構簡単に実名報道されます。
その反面、なぜか名前の出ない犯罪者。

そのたびに在日認定されます。先のハイジャック事件も決して在日外国人の犯罪とは思いませんが、犯行の動機が身勝手な女関係とお金にかかわる事情ということで、もしかしたらと勘ぐってしまいます。

参院選に絡んでポスターを破ったり落書きしたりする行為なども多々報道されていますが、実際にどの候補にされているか報道されていないことも多いです。
ネット上では情報が拡散され、自民党候補がやられている場合が多いように見受けられます。

▼関連 「顔むかつく」…政党ポスター破る 大阪府警、容疑で無職男逮捕 吹田
▼関連 参院選ポスターに落書き=容疑で70歳男逮捕―神奈川県警
▼関連 選挙ポスター破った男を逮捕 公職選挙法違反容疑で送検

その反面、共産党やら民進党などがやられた場合には徹底的に報道し、犯人の生い立ちから何から追求し、自民党の関係する事柄が少しでも見受けられたらなんども繰り返し報道する。

そんな印象をうけます。

そして気になったのがそれらに関して一部で「ポスターに落書き程度で逮捕とか北朝鮮か!」とか言ってる人たちがいること。法治国家なめてんの?

これが違法で逮捕されないなら「むかつく!」という理由でOKなら某野党のポスター全国はがして回るわ。それがだめだから違法として逮捕されるんだよ。

また、最近は未成年の事件も多々受けました。営業妨害のように経済活動を停滞させるような事件も多々あります。

▼関連 線路に自転車放置容疑、19歳少年逮捕「投げ入れた、電車止まるの見たかった」 大阪
▼関連 3人で殴って蹴って1500円奪う…強盗致傷罪で男を起訴 2少年は家裁送致、名古屋
▼関連 高速の車に生卵多数投げ、車壊した疑い 兄弟2人逮捕へ
▼関連 未明の交番に消火器噴射 神戸の高1と中3の少年2人逮捕 「いたずらしたかった」

これらは当然、少年法のかねあいから未成年は名前などは出ません。
そのためにもしかしたら...と勘ぐっても不思議じゃないのではと思います。

そいうことがならないよう、また、もし日本人でも通名かも?と思われないようにするためには、未成年でも実名報道、米国のように帰化済みでも○○系日本人、通名があるなら併記するべきと考えています。

そうしないとこのような在日認定は絶対になくなりません。
ヘイトだ人権侵害だといくら叫んで法律で禁止、あらゆる規制したとしても、心証的な部分ですので「もしかしたらこの事件も在日?通名?帰化?やっぱりね!」といった心の中の思想は規制しようがありません。

あなたの周りにもいるかもしれませんよ。

口に出して言わないけれど、犯罪者が多いに違いない在日外国人とは距離を置くと心に決めている人は。

そういうことにならないためにも’”善良な在日外国人”の方々はぜひ犯罪者の実名報道、出土の報道を完璧にしてほしいと嘆願してみてはいかがでしょうか。そうすることで私たちは犯罪をおこしません!という意思表示になりませんか?と思います。

マイノリティの人との付き合い方

在日特権をもったマイノリティの方々は自分たちを迫害された強制動員されただのと模造の歴史を言い続け、保謝罪だ賠償だと騒ぎつづけています。

いやなら帰れ。

この言葉を贈りたい。今なら格安航空で高く見積もっても2万円あれば素敵な祖国に帰れます。しかし実情は日本に寄生し、のうのうと差別だヘイトだと騒ぎながらも居続けます。中には生活保護を受給しながら。

この度、入管から素敵なご案内がきましたね。

▼関連 5カ国大使館に異例要請 不法滞在解消へ入管当局

不法滞在している外国人のうち2割近くが韓国人と。

今までなかなか言えなかったことじゃないですか。これが「一応言ったからね」という入管のポーズじゃないことを祈ります。「自主的に帰れと言っているうちにさっさと帰れよ!その次は資産没収で空港にポイするぞ!」というなら最高なんですけどね。

また、京都のウトロ地区にもメスが入りましたね。解体が始まりました。

▼関連 立ち退き判決確定16年、ウトロ地区解体始まる

しかし結局は出ていかないからしょうがなく新しく住居作ってやるから一旦どけよということですよね?このごね得は在日特権と言わずして何と言おう。完成する前に何かあって入居予定の不法占拠者が帰国し、新しい市営住宅が残り、一般市民に開放されるという素敵な展開になることを祈ります。

また、LGBT、いわゆるレズ、ゲイ、バイ、トランスジェンダーへの差別撤廃なんてのもあります。トランスジェンダーは性同一性障害という病気としてとらえればそれらに偏見を持つほうがおかしいというのもわかります。その場合はしっかりと診断を受け、少なくとも戸籍上は変えるべきです。

その他の3つについてはもはや性的趣向の一種だと言ってもよいんじゃないでしょうか。私自身、だからと言って偏見を持つこともありません。ただしそれらを一般人と同一視して、結婚やらなにならのすべての権利をよこせ!というのは間違っていると考えています。

また性同一性障害の場合においても、なぜ戸籍上の変更を最低限やるべきと考えているのは、自分の都合のよい場面で使い分けることができるからです。本気で悩んでいるなら戸籍を変えて周知するべきです。

考えてみてください。

女性のあなたが公衆トイレにいったら隣の個室に男性が入いるのを目撃した。男は「私、性同一生障害なんです!」と言われたら納得できますか?実際は個室に入ったとことを撮影しにきた盗撮犯かもしれませんよ?

保険書なりなんなりで戸籍上も女性であると証明できないかぎりとりあえず警察呼びますよね?

銭湯で突然男が入ってきたらどうします?「私、性同一性障害(以下略」と。

実際盗撮や覗きなどをするために戸籍を変えられたらもうお手上げですが、少なくとも現状の銭湯では、たとえ戸籍上は女性になっていてもお断りする場合が多いでしょう。

そういう問題を「差別だ!」と言い続けられたらもしかしたら近い将来、戸籍上は女性なら銭湯や温泉、プールなどの脱衣場などは断れなくなるかもしれませんよ。たとえ未処理で男性のシンボルをぶら下げていても「戸籍上は女!女が女湯入って何がおかしい!」と言われたら黙ってお通しするしかない時代。考えただけでも恐ろしい。

よく人権を!とか言いますが、じゃあ一般人の人権は無視ですか?と言いたい。

犯罪者にたいしても人権が!とかいいます。じゃあ被害者の人権は?

精神疾患で責任能力なし?じゃあ誰が責任をとるの?責任とれない人を野放しにした親や家族に責任はないの?

これらをうやむやにするマスコミは信じられません。

最後に偏向報道について

ここまでお読みいただきありがとうございます。
日本のマスコミは一部の利権者にどっぷりとつかって偏向の限りをつくしています。
これはもう戦後70年積み重ねてきたものです。朝日新聞や毎日新聞、赤旗などがいまだに存在できるのは、すべて優しい国(無責任の国)日本の弊害です。

言論の自由に基づいて報道をゆるすのならば、放送法の名のもとに、インターネットの情報を得られない年配者などの層にも情報を拡散できる権利をもった各放送局は、模造情報を報道した場合にはその責任も負わなくてはならないのではないでしょうか。

何をやってもゆるされる。もし嘘だった、模造した、このようなことが分かっても謝罪すればよい。それ以外のお咎めがないから今度は情報収集不足などによる間違いではなく、意図的な模造をして世論を一定の方向を向かせよう。マスコミはそう考えているんじゃないですか?

そろそろ政府は罰則規定を厳しくするべきです。

最近は暴力団関係や、芸能人の覚せい剤の逮捕、在日犯罪者の検挙、パチンコ規制、違法風俗の検挙などなど、少しづつ本気を出しているふうに見えます。
少しづつそういった勢力の力の衰えが、在日由来のスポンサーとの関係の希薄化を生めば少しづつ報道は変わるでしょう。ですが、保守的な考えを持っている層の人たちはそれだけでは許したくない気持ちが多いのではないでしょうか。私は実際それだけでは許せない気持ちが大きいです。
実際私自身もはやテレビはほとんど見なくても大丈夫になっています。

今後、保守的な内容のテレビ番組が増えたところで、新規に見る若い世代は良いかもしれませんが、少なくも私には「昔はいろいろ悪かったけど今はこうしてまじめに働いてるよ」といった元いじめっ子の悪かった自慢を聞いているように感じます。
こういう人たちは一度少年院にでも行って厳しく指導や懲罰でも受けてからまじめに働けよ!と言いたい。

マスコミも同様です。一度痛い目を見てから生まれ変わってください。一度土下座で頭こすりつけで国民に謝罪する気持ち(土下座強要は犯罪ですのでそういう気持ちでですよ)で良質な番組を作ってほしいもんです。

後輩芸人をいじめたり悪口を言ったりするだけの番組やおねえ系の人たちがガヤガヤやったり、ため口のモデルがわかりもしないのに見当違いの言葉を発したり、政治経済無関係の専門家がコメンテーターとして政治批判する。そんな番組はもううんざりです。

インターネットの普及とともにこういった記事を配信できる、そんな良い時代になったことをうれしく思い、早く良い日本にならないかなと願いながら、今回の記事を終えたいと思います。