Revival Japan 日本復活を叫ぶ

反日 売国 偏見放送にゴリ押しステマ 可能な限り掲載していきます。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1:ななしさん 2020/10/30(金) 08:04:36.69 WTO事務局長選で敗色濃い韓国、意地でも辞退せずJBpress 武藤 正敏:元在韓国特命全権大使 昨日の寄稿で、文在寅氏の異例の肩入れにもかかわらず、韓国の兪明希(ユ・ミョンヒ)産業通商資源部通商交渉本部長は、ナイジェリアのヌゴジ・オコンジョイウェアラ元財務相と争っているWTO事務局長選挙で劣勢を強いられていることを解説した。 しかし文政権は、兪氏の支持に回っている米国を頼りに、最終選考での逆転を期待し、通例に従わず事務局長選を辞退しない姿勢である。文政権の粘りが功を奏することになるのか、その展望について考察する。  (参考記事:WTO事務局長選で劣勢の韓国「日本がネガキャン」) https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/62711 ■ WTO一般理事会はナイジェリア候補を推戴 WTO一般理事会議長のデービット・ウォーカー議長は28日夜、兪氏に「ナイジェリアのヌゴジ・オコンジョイウェアラ氏が選好度調査で多くの得票があり、オコンジョイウェアラ氏を推戴することにした」と公式に通知した。この内容を兪氏に直接通知したことは、「兪氏に対して自主的な辞退を勧告する性格を持つ」と韓国「中央日報」は伝えている。 オコンジョイウェアラ氏は選好度調査において、アフリカ連合(AU)41カ国、欧州連合(EU)27カ国を含め過半数をはるかに超える104カ国(WTOメンバー国は164カ国)の支持を受けた。英「ガーディアン」紙によれば、消息筋の情報として、オコンジョイウェアラ氏はAU、EU以外からも、カリブ諸国、中国、日本、オーストラリアなどの支持を得たという。 WTOの事務局長はコンセンサス方式に基づいて選出される。そのため今回、両候補を巡って分かれた加盟国の見解を最終的に調整し、来月9日に開催される一般理事会で満場一致により次期事務局長を推挙する見通しだ。 WTOは声明で「加盟国・地域のコンセンサスを得る可能性が最も高かったのはオコンジョイウェアラ氏だ。次期事務局長としてオコンジョイウェアラ氏を推薦する」と発表した。 この流れを受け、さすがに韓国でも「兪明希氏当選の可能性は遠のいた」との見方が強まっている。 ■それでも諦めない文政権 ただ中央日報によれば、韓国政府のある高官はこの結果について「オコンジョイウェアラ氏が過半数の票を得ることは予想されていたが、差が大きく広がった」としながらも、「状況は悲観的ではあるが、米国とEU、中国など強大国間の水面下の協議によって加盟国の支持が変わって1次投票の結果が覆される場合もある」と述べたという。 事ここに至っても、兪氏のWTO事務局長就任を諦めていない。青瓦台と政府は、ひとまず、「兪氏の辞退はない。最後まで最善を尽くす」という立場を堅持するようだ。 韓国が粘るのには理由がある。米国が親中指向を持つとされるオコンジョイウェアラ氏の就任に対して拒否権を行使すれば、「全会一致」が成立せず、米中間の終盤調整によっては兪氏が当選する可能性もあると期待しているためだ。 人気ブログランキング 続きを読む 1:ななしさん 2020/10/30(金) 08:04:36.69 WTO事務局長選で敗色濃い韓国、意地でも辞退せずJBpress 武藤 正敏:元在韓国特命全権大使 昨日の寄稿で、文在寅氏の異例の肩入れにもかかわらず、韓国の兪明希(ユ・ミョンヒ)産業通商資源部通商交渉本部長は、ナイジェ...http://blog.with2.net/img/banner/c/banner_2/br_c_1510_2.gif

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2020/10/22(木) 21:32:58.38 ID:n9pbiRZx0 7月15日 中国版「TikTok」、韓国芸能人のアカウント遮断に続き削除に乗り出す https://news.yahoo.co.jp/articles/a104d35995a95b754cb5f40c3202c812bc51806a 10月18日 「韓国お断り」 中国、大量の日本ゲームにサービス開始を認めながら韓国ゲームには過去3年で許可0件 https://news.naver.com/main/ 10月20日 中国関税庁が“BTS関連商品”を「ストップ」した模様 BTSとは関係ない韓国の商品に対しても、管理・監督が強化 https://news.yahoo.co.jp/articles/4e25640d7633f4200f819e71090d2212237381b8 ▽おすすめ海外「すごい内容!」日本にアニメ普及に本気なった米配信ラインナップに海外が大騒ぎ韓国大統領特別補佐官「韓国が反中軍事訓練に参加すれば、中国は韓国を敵とみなす…そうなれば米国は韓国を守ってくれるのか?」=韓国の反応 続きを読む 1: 風吹けば名無し 2020/10/22(木) 21:32:58.38 ID:n9pbiRZx0 7月15日 中国版「TikTok」、韓国芸能人のアカウント遮断に続き削除に乗り出す https://news.yahoo.co.jp/articles/a104d35995a95b754cb5f40c3202c812bc51806a 10月18日 「韓国お断り」 中国、大量の日...http://rss.rash.jp/img/b_014.gif

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: きつねうどん ★ 2020/10/29(木) 19:27:17.30 ID:CAP_USER 共産・志位和夫委員長(発言録)  (日本学術会議の任命拒否問題で、菅義偉首相の国会答弁は)答弁の体をなしていない。「公務員を選定し、及びこれを罷免(ひめん)することは、国民固有の権利である」と定めた憲法15条1項を持ち出して、「だから自分の今回の任命拒否は当然なんだ」というような答弁を繰り返した。これを聞いて、私はルイ14世の「朕は国家なり」を想起した。 ADVERTISEMENT  任命・罷免は国民の権利であり、国会で法律によってそれを具体化する。その法律(日本学術会議法)に照らして聞いているのに、首相はことごとく憲法15条を持ち出して「公務員の選定・罷免権は我にあり」と。国民の選定・罷免権を内閣総理大臣が簒奪(さんだつ)しようというのだから、これは独裁国家への宣言だ。(29日、国会での記者会見で) https://www.asahi.com/sp/articles/ASNBY62CRNBYUTFK01H.html 引用元: ・https://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1603967237/ スポンサーリンク スポンサーリンク 続きを読む 1: きつねうどん ★ 2020/10/29(木) 19:27:17.30 ID:CAP_USER 共産・志位和夫委員長(発言録)  (日本学術会議の任命拒否問題で、菅義偉首相の国会答弁は)答弁の体をなしていない。「公務員を選定し、及びこれを罷免(ひめん)することは、国民固有の権利である」...https://livedoor.blogimg.jp/kokunanmonomousu/imgs/9/c/9c2d74ce.jpg

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/10/06(木) 13:41:20.087 ID:wgVK9kTME.net飛ぶ?はやい?毒持ち?噛む?転載元スレッド:https://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1475728880/ 続きを読む 1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2016/10/06(木) 13:41:20.087 ID:wgVK9kTME.net飛ぶ?はやい?毒持ち?噛む?転載元スレッド:https://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1475728880/https://livedoor.blogimg.jp/booq/imgs/c/d/cdb8543c.jpg

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    政府が地上配備型迎撃システム「イージス・アショア(地上イージス)」の代替策としてイージス艦を新造する方針を固めたのは、当初想定した弾道ミサイル防衛(BMD)能力にとどまらず、巡航ミサイルをはじめ多様な脅威に対応できる能力を保有すれば防衛力の底上げにつながると判断したためだ。 ソース:https://www.sankei.com/politics/news/201028/plt2010280037-n1.html政府が地上配備型迎撃システム「イージス・アショア(地上イージス)」の代替策としてイージス艦を新造する方針を固めたのは、当初想定した弾道ミサイル防衛(BMD)能力にとどまらず、巡航ミサイルをはじめ多様な脅威に対応できる能力を保有すれば防衛力の底上げにつながると判断したためだ。 ソース:https://www.sankei.com/politics/news/201028/plt2010280037-n1.htmlhttp://rss.rash.jp/img/b_003.gif

    このページのトップヘ