Revival Japan 日本復活を叫ぶ

反日 売国 偏見放送にゴリ押しステマ 可能な限り掲載していきます。

    管理人からのお願い。
    このような弱小ブログをご覧いただきありがとうございます。
    日々自分自身のため、家族のために日本から売国、反日、寄生住たちがいなくなるよう、情報の拡散に努めますのでよろしくご支援くだされば幸いです!

    【備忘録】声優・緒方恵美さんの政治絡みのツイにパヨ発狂www 必死に説得しようとするパヨたちのツイに反論してみる【長文】自民党審議拒否の簡単な説明も読んでね!

    【備忘録】フジテレビ・バイキング番組スポンサーお問合せ先一覧

    その他の【備忘録】一覧

    ニュースアンテナ OPEN

    【日韓企業】技術の達人(ポスコ)VS経営専門家(新日鉄)…韓日のプライドかけた「鉄鋼戦争」★3
    スレッドURL: http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1393982160/

    1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★@転載禁止 2014/03/05(水) 10:16:00.50 ID:???
    技術の達人VS経営専門家…韓日のプライドかけた「鉄鋼戦争」(1)
    2014年03月03日14時36分
    [? 中央SUNDAY/中央日報日本語版]

    韓国と日本の自尊心をかけた鉄鋼戦争の導火線に火がついた。世界的な鉄鋼企業である韓国のポスコと日本の
    新日鉄住金は、それぞれ3月と4月から新しい指令塔をスタートさせて市場争奪のためのひと勝負を繰り広げる
    ことになる。ポスコは権五俊(クォン・オジュン)ポスコ社長(技術部門長、64)が14日、新しい指令塔に上がる。
    新日鉄住金は4月1日から進藤孝生・副社長(65)を社長に昇格させて社長チームトップ体制を稼動する。

    ソウル大学金属工学科を出た権五俊氏は、1986年にポスコに入社後、ポスコ技術研究所長、浦項(ポハン)
    産業科学研究院長、浦項産業科学研究員技術総括社長を歴任した。米国ピッツバーグ大学で金属学博士学位を取った。

    一橋大学経済学部を卒業した新藤氏は、1973年に新日本製鉄に入社後、人事・総務・経営企画など社内の主な
    経営ポストを経た。2005年に理事、2009年に副社長に昇進した。彼は米国ハーバード大学の大学院ビジネス
    スクールも卒業した。ポスコの権氏が入社後現場で技術研究に没頭してきた「技術専門家」ならば、新藤氏は入社後に
    主要経営ポストを経た「経営専門家」と見ることができる。2人の歩みがいつにも増して注目される理由だ。

    ◆経営革新による改革急ぐポスコ

    権氏は「技術専門家」という評価をバックに最初のスタートから「革新ポスコ1.0推進班」を構成し、大々的な経営革新
    準備作業に入った。直ちに財務構造の改善と事業構造の改革に重きを置いてポスコを改革するという意志が含まれている。
    未来成長動力のための技術開発は、より慎重に原点からつぶさに見直してみるという。一方、新藤氏は「韓国と中国が、
    技術面で新日鉄住金を猛烈に追撃している」として「今後、技術力強化を通じて技術格差を維持していかなければならない」と
    強調して対照をなしている。新日鉄住金は2012年10月に新日本製鉄と住友金属の合併により一挙に世界粗鋼生産量2位の
    巨大鉄鋼企業にのし上がってポスコを圧迫している。

    権氏が経営革新を急いでいるのは、こうした巨大企業・新日鉄住金の登場でポスコの経営状態が日増しに悪化しているためだ。
    鄭俊陽(チョン・ジュンヤン)会長が在任していた過去5年間にポスコの経営状況は大きく悪化したと評価されている。2008~2013年の
    営業利益は7兆1739億ウォンから2兆9960億ウォンに58.1%減、当期純益も4兆3501億ウォンから1兆3550億ウォンに68.8%も
    激減した。これに伴い営業利益率は17.2%から4.8%へと大幅に下がった。1四半期あたり1兆ウォンずつ安定的に収益を出していた
    ポスコの収益創出能力が大きく弱まったのだ。特にポスコの主力事業である鉄鋼部門では実績悪化が目立っている。2008~2013年の
    鉄鋼部門の営業利益は6兆5222億ウォンから2兆3410億ウォンに64.1%も激減した。こうした実績悪化と無理な事業拡張でポスコの
    財務構造も悪化している。負債は18兆6171億ウォンから38兆6330億ウォンに雪だるま式に増えながら負債比率が65.6%から84.3%に高まった。

    (中央SUNDAY第364号)

    長いので分割します。

    【日韓企業】技術の達人(ポスコ)VS経営専門家(新日鉄)…韓日のプライドかけた「鉄鋼戦争」★3の続きを読む

    【社会】 「2ちゃんねるで真実を知りました」 ”嫌韓女子”、急増…「ネトウヨ?…違う。私達の言動は日本人として当たり前のこと」
    スレッドURL: http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1393754766/

    1: ばぐ太☆Z ~終わりなき革~ φ ★ 2014/03/02(日) 19:06:06.42 ID:???0
    ★ネトウヨ?愛国者?“嫌韓女子”が語る「私が目覚めた理由」

    ・右翼といえば、“黒塗りの街宣車に日の丸を掲げた男性”というイメージがある。ところが、2~3年前
     から、若い女性の間でも右寄りの思想に傾倒する人が急増しているという。

     「K-POPや韓流ドラマは絶対観ない!」
     「韓国は国ぐるみで間違った歴史を教えて、日本を悪者に仕立てている。許せない!」
     「尖閣諸島や竹島は絶対に日本のもの!」「中韓とは断固国交断絶!」
     「広告代理店やマスコミが朝鮮人と結託して、日本人に親韓的な感情を植え付けようとしてる!」
     ……などと、彼女たちはとても語気が荒い。
     中には、東方神起のファンだったのがいきなり嫌韓に目覚めた女性もいた。

     流行やブランド品を好む、“スイーツ系女子”の相田多喜子さん(仮名・33歳・会社員)はこう話す。
     「韓国製のコスメや食品はもちろん、韓国と業務提携や協賛している日本企業の製品も
     買わないようになった」。

     発端は、知人に紹介された「2ちゃんねるまとめブログ」だという。
     「それまで2ちゃんねるに関心がなかったのですが、中国や韓国の実態を伝える書き込みを初めて
     読んでショックを受けました。韓流芸能人が韓国で日本を悪く言っていること、韓国の性犯罪率の
     高さ、商品にウジが混入するといった企業の衛生管理のずさんさなどを知り、さらにネットで勉強
     するように。日本のマスコミが偏った報道しかしないことを知りました」

     2ちゃんねる経由でこうした思想に傾倒する女性は多いが、特に急増したきっかけのひとつとして、
     2011年の「高岡蒼甫ツイッター事件」がある。俳優・高岡蒼甫が、韓国ドラマや韓流芸能人が
     多すぎる、としてテレビ局をツイッター上で批判。その結果、高岡が所属事務所を解雇された
     問題が2ちゃんねる上で話題になり、テレビ局への抗議デモが勃発した騒動である。(>>2-10につづく)
     http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140302-00064064-jspa-life

    【社会】 「2ちゃんねるで真実を知りました」 ”嫌韓女子”、急増…「ネトウヨ?…違う。私達の言動は日本人として当たり前のこと」の続きを読む

    【民団】組織局長「『在日韓国人を追い出せ!』と言う在特会の嫌韓デモに身の危険を感じる。我々への暴力へ発展するのでは」
    スレッドURL: http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1393929454/

    1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2014/03/04(火) 19:37:34.10 ID:???
    韓国紙・朝鮮日報の中国語サイトは3日、
    「『韓国人を追い出せ』、日本の反韓デモが活発化」と題した記事を掲載した。

    1月18日、「在日特権を許さない市民の会(在特会)」などの
    右翼団体メンバー約200人が東京の六本木でデモを行った。
    一部の人は「朝鮮人を殺せ」など過激なスローガンを叫んでいた。
    周囲には警察官もいたが彼らを制止することはなく、
    デモ隊は在日韓国人団体「民団」付近の道路でもデモ活動を行った。

    民団組織局長は「今までも在日韓国人は就職などで差別を受けてきたが、
    『殺せ』といったスローガンが叫ばれたことはなかった。
    われわれは身の危険を感じている」と懸念をあらわにしている。
    日本に広がるヘイトスピーチ(憎悪表現)について、米国は人権報告書で懸念を示している。

    こうした雰囲気の下、在日韓国人に対するヘイトスピーチは
    東京や大阪などの大都市から山形、広島、長崎、神戸などの地方都市へと拡散。
    インターネット上にも日常的に書き込まれ、暴力事件も起きている。

    民団組織局長は「心配なのはヘイトスピーチの段階を超え、
    暴力事件がいつ起きてもおかしくない状況になっていること」だと話している。 (編集翻訳 小豆沢紀子)

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140304-00000018-xinhua-cn

    【民団】組織局長「『在日韓国人を追い出せ!』と言う在特会の嫌韓デモに身の危険を感じる。我々への暴力へ発展するのでは」の続きを読む

    【韓国】12歳の実の娘に常習性暴行した環境美化員 家族は処罰を願わず
    スレッドURL: http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1393952016/

    1: 動物園φ ★ 2014/03/05(水) 01:53:36.67 ID:???
    【キャスターコメント】
    1年間にわたり12歳の実の娘に常習的に性暴行した人面獣心の40代の
    環境美化員に懲役8年の重刑が宣告されました。
    家族たちが家を留守にすると娘にひどい仕打ちをしました。
    ソ・ジョヒョン記者の報道です。

    【記者】環境美化員である45歳のチェ某さん。

    12歳の実の娘を相手で犯行をやらかしたのは去る2012年の春からでした。

    普段には優しいお父さんも休日に家族が留守になるとひどい仕打ちをしました。

    1年間6回にわたって性暴行とセクハラをしました。

    結局裁判を受けたチェさんは1審で懲役8年を宣告されました。

    天倫を忘れて破倫的な犯行をやらかして罪質が悪いと判断されたんです。

    抗訴審も罪質が極めて重いと懲役8年の重刑を宣告しました。中略

    環境美化員としてまじめに勤めて来たし、処罰を願わないという家族の嘆願書など
    酌量するに値する事項があるが、重刑は不可避であると判断されました。
    以下略

    http://www.mbn.co.kr/pages/vod/programView.mbn?bcastSeqNo=1065583

    【韓国】12歳の実の娘に常習性暴行した環境美化員 家族は処罰を願わずの続きを読む

    【韓国】「日本に慰安婦問題の解決を要求する」 国連人権理事会で外相が演説 「過去だけでなく現在の問題でもある」
    スレッドURL: http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1393913513/

    1: ニライカナイφ ★ 2014/03/04(火) 15:11:53.53 ID:???
    ◆韓国外相「日本に解決要求する」 慰安婦問題、国連人権理事会で演説

    韓国外務省は4日、尹炳世外相がジュネーブでの国連人権理事会に出席、
    現地時間の5日に演説し、日本に慰安婦問題の解決を要求すると明らかにした。
    同省は中堅幹部の出席を予定していたが、直前に外相が演説することを決めた。

    韓国政府は、旧日本軍の関与と強制性を認めた河野洋平官房長官談話の
    検証作業を日本政府が行うことに強く反発しており、安倍晋三政権の動きが
    不当だとの主張を国際社会により強く訴えるため、外相派遣を決めたとみられる。

    同省は慰安婦問題を「過去だけでなく現在の問題でもある」として、演説は
    「(問題)解決が急を要すると対外的に印象付ける契機になる」と説明している。

    韓国政府は、昨年9月の国連総会演説で、尹外相が「慰安婦」と明示せず、
    問題解決を求めた。

    MSN産経ニュース 2014年3月4日13:30
    http://sankei.jp.msn.com/world/news/140304/kor14030413320003-n1.htm

    ■関連スレ
    【韓国】尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官、「慰安婦問題を国連で直接訴え」=5日演説[03/04]
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1393899811/
    【米韓】「ニューヨークで企業型の韓人売春組織摘発」~18人中16人が韓人[02/03]
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1391387403/
    【ライダイハン】韓国が歴史教科書に載せないベトナム戦争時の民間人虐殺と売春ビジネス[02/24]
    http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1393226830/

    【韓国】「日本に慰安婦問題の解決を要求する」 国連人権理事会で外相が演説 「過去だけでなく現在の問題でもある」の続きを読む

    このページのトップヘ