Revival Japan 日本復活を叫ぶ

反日 売国 偏見放送にゴリ押しステマ 可能な限り掲載していきます。

    管理人からのお願い。
    このような弱小ブログをご覧いただきありがとうございます。
    日々自分自身のため、家族のために日本から売国、反日、寄生住たちがいなくなるよう、情報の拡散に努めますのでよろしくご支援くだされば幸いです!

    【備忘録】声優・緒方恵美さんの政治絡みのツイにパヨ発狂www 必死に説得しようとするパヨたちのツイに反論してみる【長文】自民党審議拒否の簡単な説明も読んでね!

    【備忘録】フジテレビ・バイキング番組スポンサーお問合せ先一覧

    その他の【備忘録】一覧

    ニュースアンテナ OPEN

    【政治】安倍内閣の支持率、12ポイント下落の45.7%に
    d1
    1: トラネコ◆EDwr815iMY 2014/05/26(月)13:20:17 ID:SAx2A3WFW
    安倍内閣の支持率、12ポイント下落 ANN世論調査

     調査は24日と25日に行われました。安倍内閣の支持率は、先月の前回調査と比べて12.3ポイント下落し、45.7%となりました。内閣支持率は、これまで最低だった去年7月の46.4%を下回り、おととし12月の就任以来、最低です。また、安倍総理大臣が集団的自衛権の行使を限定的に容認するため、憲法解釈の見直しを進めていることについて、「支持する」とした人が34%、「支持しない」と答えた人が44%でした。さらに、「自民党が憲法解釈の見直しをあくまで求めた場合、公明党は連立を離脱し、野党として対決すべきだ」と答えた人が47%に上りました。

    詳細のソース
    テレ朝(05/26 10:33)
    http://news.tv-asahi.co.jp/sphone/news_politics/articles/000027590.html

    【政治】安倍内閣の支持率、12ポイント下落の45.7%にの続きを読む

    【中国軍機異常接近】日米監視に“不満”噴出? 憲法に縛られた自衛隊を挑発か
    スレッドURL: http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1401024917/

    b4

    1: 大口小火◆lol.XSQqdw 2014/05/25(日)22:35:17 ID:???
    中国軍機が24日、東シナ海上空で自衛隊機に異常接近したことは、
    中露の合同軍事演習を監視する自衛隊への不快感を表す示威行動とみられる。
    保守派や軍部は、オバマ大統領が尖閣諸島への日米安保条約の適用を明言したことに激しく反発しており、
    今回の異常接近には、日米連携への不満も背景にあるといえそうだ。

    自衛隊に対する中国軍の危険行為はこれまでも繰り返されてきた。

    2010年4月、中国海軍の艦載ヘリコプターが、監視中の海上自衛隊艦船に異常接近する行動を取った。
    13年1月には、中国軍艦船が海自の護衛艦に向けて射撃管制用レーダーを照射する事件も起きている。

    武力衝突になりかねないこうした挑発行為について、当初は「現場指揮官の暴走」と指摘されたが、
    その後、指揮官が処分を受けた形跡はなく、共産党中央の指示だったと証言する党高官も現れた。
    自衛隊が憲法などに縛られ、対抗手段を持っていないことを知った上で、あえて挑発した可能性が高い。

    一部省略、ソース:産経新聞

    【中国軍機異常接近】日米監視に“不満”噴出? 憲法に縛られた自衛隊を挑発かの続きを読む

    【韓国】「アメリカ人の肥満はキムチで解決」 韓国人がアメリカでキャンペーン活動
    スレッドURL: http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1401088855/

    1: ◆gtMtsQbrRc 2014/05/26(月)16:20:55 ID:n8nl8XB6u
    「アメリカ人の肥満、韓食で解決」 ニューヨークでソ・ギョンドク教授..
    「韓食アートブックを製作しアメリカ家庭に普及」

    http://image.newsis.com/2014/05/19/NISI20140519_0009690558_web.jpg
    b3

     「韓国広報専門家」ソ・ギョンドク誠信女子大教授がオバマファーストレディ、ミシェル氏が
    アメリカの児童の肥満退治のために活発なキャンペーンをしていることと関連し、「キムチを
    含めた韓食は基本的に健康食だ。アメリカの家庭でより易しく韓食を作れるように『韓食アートブック』を
    製作して普及する予定だ」と明らかにした。

     17日、ニューヨークハーレムで行われた第1回韓国文化通り祭りに参加したソ教授は伝統酒である
    どぶろくを広報するため「どぶろく流浪団」を出帆させて世界巡回に出るという計画も公開した。

     今回の祭りは「韓国式教育」で大きい成功をしたデモクラシープレブスクールが開催したもので、
    ソ教授は女優のイ・ヨンエさんと一緒に財政支援をして話題を集めた。

    ニューシス
    http://www.newsis.com/pict_detail/view.html?pict_id=NISI20140519_0009690558

    【韓国】「アメリカ人の肥満はキムチで解決」 韓国人がアメリカでキャンペーン活動の続きを読む

    【韓国】元路上生活の在外僑胞事業家、路上生活者に好意を施して寝ている間に身包み剥がされる(釜山)
    スレッドURL: http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1401087575/

    1: 白井黒子◆KuRokoMU3c 2014/05/26(月)15:59:35 ID:???
    路上生活者に好意施して後頭部殴られた事業家

    b2

    http://photo.hankooki.com/newsphoto/v001/2014/05/26/sun20140526133400_I_02_C_1.jpg
    ▲在外僑胞事業家キム某(42)さんが路上生活者に好意を施して持ち物をみんな奪われた。 (写真=放送画面キャプチャー、*写真は事件と関連なし)

    在外僑胞事業家キム某(42)さんが路上生活者に好意を施して持ち物をみんな奪われた。野宿経験があったキム氏は痛ましい心に路上生活者に酒と寝床(トンボ)を提供して好意を施したが後頭部をまともに殴られた。

    キム氏は24日午前9時頃、釜山市(プサンシ)沙上区(ササング)掛法洞(クェボプドン)のあるホテルで起きてびっくりした。現金150万ウォン、衣類、靴、スーツケースなど249万ウォン相当が消えたのだ。言葉どおり下着だけ除いて全て奪われた。犯人は前日コンビニで偶然に会った路上生活者ノ某(49)さんであった。

    10年余り前、南米に渡っていって事業で成功したキム氏。移民後初めて帰国した彼はコンビニで偶然にノ氏に会った。南米に行く前、事業の失敗で6ヶ月間野宿生活をした彼はノ氏を痛ましいと考え、話を交わして彼の故郷が順天(スンチョン)である事実を知ることになり週末に共に旅行に行こうと提案した。キム氏はノ氏とともにホテルで酒の席を移して酔っ払った後寝ついた。翌日ノ氏は痕跡をなくした状態であった。

    キム氏の申告を受けた警察は市外バスターミナル周辺でノ氏を検挙した。彼は服と靴を新しく備えてソウルに逃げようとして捕まった。

    キム氏は「過去を思い出して好意を施したがあきれるだけ」としながら「申告してもいつ仕事が処理されるかも知れない南米警察と違い半日後に犯人を捉えた韓国警察の実力に驚いた」と話した。

    警察はノ氏を窃盗疑惑で立件して調査した後拘束令状申請の有無を決める方針だ。

    韓国日報(韓国語)
    http://daily.hankooki.com/lpage/society/201405/dh20140526133603137780.htm

    【韓国】元路上生活の在外僑胞事業家、路上生活者に好意を施して寝ている間に身包み剥がされる(釜山)の続きを読む

    【毎日新聞/社説】 「中国を取り込みながら地域の安定、繁栄を図る新思考こそ必要なはずだ」、視点・集団的自衛権 対中戦略 対抗だけでは危険だ
    スレッドURL: http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1401085764/

    140411a3

    1: これをピンチと言わずして◆aoV9UPlvFw 2014/05/26(月)15:29:24 ID:4qhb6lJNj
    集団的自衛権を必要とする安全保障環境の変化として強調されるのが中国の軍事力、影響力の増大だ。中国公船の恒常的な領海侵入などに
    脅威を感じる国民が増えていることは確かだろう。しかし、外交戦略が見えないまま、軍事的論議だけが先行することはおかしくないか。

    「対話や信頼醸成措置がないまま、事態をエスカレートさせるのは深刻な誤りだ」。4月に訪日したオバマ米大統領は安倍晋三首相に外交的努力
    を促した。しかし、忠告を真剣に受け止めたような動きは見えない。

    中国は首相の歴史認識と自衛隊の軍事的役割拡大を目指す動きを結びつけて「地域の安全と繁栄を危機にさらしている」(崔天凱駐米大使)と
    批判する外交戦を仕掛けてきている。

    20日に上海で行われた中露首脳会談では日本を念頭に「歴史の歪曲(わいきょく)や戦後国際秩序を破壊するたくらみに反対する」と明記した
    共同声明を発表した。

    日本は「中国と違い、一度も戦闘で銃を撃ったことがない」(佐々江賢一郎駐米大使)などと戦後日本の平和国家としての歩みを強調して反論して
    きた。説得力のある論理だが、集団的自衛権の容認はその流れに沿うものなのか。

    昨年末の靖国神社参拝で「首相の歴史観が米国人の認識と衝突する危険性がある」(米議会調査局報告書)などと懸念する声が出た。
    「戦後レジームからの脱却」を掲げてきた安倍首相の過去の言動を考えれば、ナショナリズムの発露ではないかという危惧が消えない。

    日本も米国も中国と切っても切れない経済関係を有している。冷戦期と違い、軍事的抑止だけで安全が保たれる状況にはない。日米安保体制の
    下で集団的自衛権を対中抑止に結びつけて考えようとすれば、米中衝突時の米軍支援を想定することになる。米国はそんなことを望んではいまい。

    中国も一枚岩ではない。タカ派も国際協調派も存在する。中国軍内からはすでに「自衛隊の軍事的役割が強化されるなら、軍備をいっそう強化
    すべきだ」との声が出ている。信頼醸成など国際協調の動きを引き出す外交戦略がないと危険だ。

    中国の大国化が国際環境を大きく変えたことは確かだ。対抗だけの冷戦思考ではなく、中国を取り込みながら地域の安定、繁栄を図る新思考こそ
    必要なはずだが、現在の論議からはそうした構想力が見えない。
    http://mainichi.jp/opinion/news/20140526k0000m070128000c.html

    【毎日新聞/社説】 「中国を取り込みながら地域の安定、繁栄を図る新思考こそ必要なはずだ」、視点・集団的自衛権 対中戦略 対抗だけでは危険だの続きを読む

    このページのトップヘ